2013年11月30日

〇基礎の配筋中


2013-11-30 14.04.29.jpg




配筋の縦と横を縛るだけでも約3000ヶ所・・・

簡単なようで大変です・・・。





DSC_0111 (3).jpg


2013年11月29日

〇鎮めもの

DSCF7397.JPG



地鎮祭でお清め頂いた『鎮物』を基礎の砕石に丁寧に埋めて、

土地の神様へ祈願いたします。

◇土台据え

2013-11-29 13.34.24.jpg



シロアリが嫌いな香りの成分を放つ“ひのき”の土台を

基礎パッキンの上に据えていきます。

ちなみに基礎パッキンも防腐や湿気対策で使用しますが、

ジオパワーシステムの場合は熱を逃がさないよう気密パッキンを

使用します。

2013年11月28日

★ダイアトーマス1Fへ

2013-11-28 16.14.09.jpg


1・2階ともに、ダイアトーマス塗り仕上げですが、

2階が終わり、とうとう1Fの仕上げへと移って参りました。

実に美しい仕上がりです!!

◎配筋検査合格!!

2013-11-28 13.16.32.jpg



第三者機関の厳しい鉄筋の配筋検査をクリアすれば、

あの鉄筋の“美”の姿が隠れます・・・。

“美”とは、いつまでも続くものではなく、

眺めていられるものではないんですね。



2013-11-28 13.47.29.jpg

〇基礎工事スタート!

DSC_0111 (2).jpg



2013-11-28 14.47.59.jpg



基礎工事も始まり、土壌に何かを撒いている人の正体は・・・??

その名も“シロアリバスターズ”って私が勝手に呼んでます。


2013-11-28 14.47.30.jpg


ウェリーハウスの建物はすべて、基礎の下の土壌から防蟻処理をし、

完全シャットアウトします。


2013年11月26日

◎鉄筋の美!

2013-11-26 14.21.28.jpg


キレイに密に配置された鉄筋の美!

コンクリートに隠れながらもしっかりお家を支える辺り・・・

実に美しい・・・私だけでしょうか?


2013-11-26 14.22.55.jpg


一段下がっているところにお馴染みの『幸せ運ぶ地中ロケッツ!』←複数形

空気を送るファンや断熱ダクトが入る機械のお部屋となります。

『地下室みたい!!』ってよく言われます。

◇ぐりサンド!?〜ウェリーハウス製〜

2013-11-26 11.59.31.jpg


とうとうぐり石層(蓄熱)がコンクリートに包まれました。

パン屋さんではありません。

う〜ん 遠赤外線の宝庫とでも言えましょうか・・・

2013年11月25日

◇天然ぐり石の恵み

2013-11-25 11.59.58.jpg


基礎の下に埋められた2本の『幸せ運ぶ地中ロケット』=ジオパイプ内で

熱交換された空気は、一旦ぐり石層を通りながらぐり石に蓄熱して室内へ

送られるため、昼夜の温度変化を柔らげます。

さらに!!天然石には遠赤外線効果もあり、血行促進など体をやさしく

温めたり、冷やしたりしてくれます。まさに自然の恵みをフル活用したシステム!

一度体感されてみては??


2013-11-25 11.55.02.jpg


『体感ハウス』はコチラ!

1週間前のご予約があれば、いつでも体感できますよ!


DSC01509.JPG



★ダイアトーマス塗り

2013-11-25 10.09.21.jpg


塗り壁の下地処理も終わり、いよいよ健康塗り壁材ダイアトーマス

をコテムラをつけながら仕上げていきます。

今回は社長の出番は果たしてあるのか・・・?

ちなみにお施主様は塗り体験をご遠慮され、『おまかせ』で全て職人が仕上げます。

〇丁張り

DSC_0111.jpg


基礎の墨だし完了!

明日から基礎工事を開始します。

雪が降り出す前に・・・。

2013年11月23日

〇屋外給排水工事

DSCF7356.JPG


基礎工事着工前に水道や下水などの配管をしておきます。

DSCF7359.JPG

2013年11月22日

◇ぐり石層内配管〜ジオパワーシステム〜

2013-11-22 13.40.32.jpg


地中で熱交換された空気をぐり石に蓄熱しながら、

室内へ送り込む“吹出し口”までの配管(空気の通り道)

が終わりました。ここに自然のぐり石を敷き詰めていきます。

DSC_0110.jpg


DSC_0111.jpg

★基礎の刷毛引き

2013-11-22 10.42.13.jpg


いよいよ外部も大詰めとなります。

着工時に打たれたコンクリート基礎もガッチリ固まり、

その基礎をカバーするために、モルタルを左官さんが

塗って刷毛引きしていきます。外部はその後、外構屋さんに

バトンタッチとなります。

〇境界立会い

DSC_0109.jpg


施主さま、湯梨浜町さん、土地家屋調査士さんの立会いの下

境界を正確に出して頂きましたので、建物の位置も正確に建てられます。

〇地鎮祭

DSC_0108.jpg


天候に恵まれて、無事地鎮祭が執り行われました。

工事の無事完成とお施主様の繁栄を土地の神様へ祈願いたしました。

今後もしっかりと丁寧に工事して参ります!

2013年11月21日

★『モミの木』のパソコンカウンター

DSCF7312.JPG


お施主様が使いやすい!ご希望通りに造られた本棚付カウンター♪

DSCF7325.JPG


大工工事もラストスパートです!

★食器棚〜ウェリーハウス製〜

2013-11-21 15.47.06.jpg



DSCF7360.JPG



DSCF7371.JPG



お客様がお使いの家電や食器の量、使い勝手に合わせて大工さんが造ります。
お家の建具や質感が統一されるので、お部屋にとても馴染みます。

『オーダーメイドの食器棚』割とリーズナブルですよ。

DSC01771.JPG


ちなみに出来上がりはこんなイメージ!

DSC01773.JPG



オープンスライドカウンター・引き出しやスライドドアなど・・・

ちなみにこれは社長自らが造った食器棚でした。




★玄関・ポーチ タイル貼り

2013-11-21 11.03.31.jpg


かわいいナチュラルな色を選ばれました。

内と外の色を少し変えることで、
アクセントにもなり、遊び心もあってとても楽しみです。

DSCF7326.JPG





2013年11月20日

★クロス貼り

2013-11-19 15.40.28.jpg


普段はあまり使わない収納・予備室には壁紙(クロス)をベテラン内装職人が丁寧に貼って行きます。


おすすめは健康塗り壁『ダイアトーマス』ですが、高級かつ手間ひまかかりますので、
コストを抑えられるところは抑えていくことも大切です。

〇地盤調査

2013-11-20 10.27.17.jpg


建物がしっかりしていても、建物を支える地盤が軟弱であれば建物は傾き、建物自体に損傷を与える可能性はあります。それは新しい造成地でも、建替えの土地でも地下の地質や支持層の有無によって地耐力は異なりますので、必ず地盤調査をしましょう!
軟弱と判断されれば改良工事が別途発生しますので、事前の調査はお早目に!

2013年11月19日

◇立上りコンクリート打設

DSCF7309.JPG



型枠を組み終えたら、その中にコンクリートをしっかり詰めていきます。

★ダイアトーマス下地

2013-11-19 09.41.08.jpg


一般のクロス壁の下地とは違い、ピンクのハイクリーンボード
のジョイントの裏側はボンドで接着した上に、錆びないステンレスビスで
留めます。そのジョイントには専用のファイバーテープをしてパテ埋めをします。

健康塗り壁材自体が高級なのに加えて、下地にも手間ひまかけております。
全ては住まわれるご家族の健康を第一に!!

◇型枠組立て

DSCF7279.JPG


土間コンクリートが固まりだせば、お次は立上りの型枠を組みます。
工程が非常に天候に左右されるため、段取りが難しい工事です・・・


DSCF7278.JPG

2013年11月18日

★メイクアップU☆

2013-11-15 16.10.07.jpg


対面キッチンカウンター塗装中!

〇整地して完了

DSC_0120.jpg


廃材の撤去が終わり、一旦平らに整地します。
次は新築工事の番となります。
楽しみですね。

2013年11月16日

★植物系自然塗料☆

DSCF7301.JPG


天井に浮き出る3本の太い大きな梁に、
木にも体にもやさしい塗料でメイクアップします。

※ちなみに見える梁は飾りで後で付けたものではなく、
実際の大きな梁の一部を天井に表しています。

◎基礎下地

DSCF7302.JPG


固められた砕石に白アリ予防の防蟻材を散布し、
給排水の配管を埋めます。

DSCF7304.JPG



地鎮祭で神主さんから預かりました鎮め物を埋めて、お清めします。


DSCF7303.JPG



ビニールのシートは土壌から上がる湿気を建物内部へ侵入させないためのものです。

◇土間コンクリート打設

DSCF7263.JPG


鉄筋のピッチは20センチ間隔です。

DSCF7228.JPG


結構な量です。

DSCF7266.JPG



順調に打設完了!

DSCF7265.JPG

2013年11月15日

★Xmasの象徴!モミの木

DSCF7292.JPG


9月に社長自ら岡山で仕入れた!
クリスマスでお馴染みの『モミの木』一枚板を
大工歴46年のベテラン棟梁が、自慢のカンナで丁寧に仕上げて
います。パソコンやお勉強用のカウンターへ変身します。
 クリスマスまでにお引渡しの予定ですが、飾り付けには不向きかも・・・
とても味のあるやわらかいキレイな木目ですね。

◎基礎工事開始!

DSCF7297.JPG


基礎工事開始しました。

こちらの地盤は調査の結果、“改良不要”のしっかりした地盤でした。
その地盤の上にもしっかりしたべた基礎を施します。

◇鉄筋何本!?

DSCF7229.JPG


一言で『べた基礎』と言っても、鉄筋の太さと本数(間隔)で強度は違います。
コンクリートで覆われた状態では、確認できませんね?

DSCF7231.JPG

〇解体作業も終盤!

DSC_0102.jpg


解体も大方終わり、木材を分別して撤去しています。
産業廃棄物も分別が大変(汗)あと少し!

ご近所様のご理解・ご協力に感謝しておりますm(__)m

2013年11月14日

〇重機で解体

DSCF7299.JPG


ある程度外部をはがせば、あとはイッキに重機でこぼして行きます。

◎硬い地盤はチョット大変・・・

2013-11-14 14.47.45.jpg


何とか1本目埋設完了!

2013-11-14 14.53.39.jpg


日が暮れる前に2本目も入りました。

2013年11月13日

◎丁張完了!

DSC_0100.jpg


雨もようやく止んだので、基礎工事前の墨だしをしました。
これから建つお家の正確な位置や高さがこれで決まります。
しかし外は寒いです・・・

2013年11月12日

★かわいいキッチン!

2013-11-12 10.14.05.jpg


TOTOシステムキッチン組立中。
標準仕様が人造大理石カウンターなど・・・
充実装備でおいしいお料理作ってね。

◇広いスペースにはしっかり配筋!

2013-11-09 11.49.58.jpg


壁の少ない広〜い空間の基礎は、地中に梁(はり)を設けて強度を保ちます。
鉄筋もギッシリしっかり!

2013年11月11日

〇瓦おろし

DSCF7255.JPG


長い年月雨風を凌いできた伝統の和瓦を下ろし
処分します。

★ピンクの石膏ボード

2013-11-11 16.09.47.jpg


仕上げの前のハイクリーンボード下地貼りです。

石膏ボードの中でも有害物質の少ない下地を採用。
完成後は隠れる所まで健康面を配慮しています。

2013年11月05日

〇感謝の気持ちを込めて。

DSC_0073.jpg


永い間、ご家族を見守り続けてきた築60年以上(推定)のお家に感謝して、
伝統の暮らしを受け継ぎます。

解体工事開始させて頂きます。