2013年12月30日

〇バルコニー下地〜瓦葺き完了

DSCF7616.JPG


少し小さめですが、バルコニーの防水下地にモルタル(セメント×砂)を

コテ抑えしています。この時、水が流れる勾配をつくるのも職人技☆



DSCF7613.JPG



寄棟(屋根の形状)の平板瓦葺きが大筋完了しました。

何とかお正月休みに間に合い、ホッとしています。

2013年12月28日

〇耐震の筋交い〜サッシ取付

DSCF7614.JPG



 在来工法に欠かせない耐震のための筋交い(斜めの木材)を

しっかり取付けて耐力壁とします!!


DSCF7620.JPG



それと同時に工事中の雨の侵入を早期に凌ぐよう、

外部のサッシを取付けて行きます。


DSCF7619.JPG



今日が現場での仕事納めです。

事務所・作業場の大掃除は30日へ・・・

2013年12月26日

〇カモイ製作中

ここのお家の和室は、近頃では珍しい真壁の(柱が見える壁)和室。

社長が、その和室の2枚引違い障子戸の、カモイを制作中です。

社長業をしっかりこなすべく、大好きな大工業から、少し離れていましたが
昨今、大工さんが足りないので、急きょ大工業をしています。


ここだけの話、イキイキしてますよ。。。( ´艸`)

そして最近、手放せないのは・・・葛根湯だそうです(笑) ※葛根湯:筋肉痛に効く


2013-12-26 14.13.17.jpg


2013-12-26 14.35.36.jpg



◎アクアフォームに包まれて(*^^*)

硬質ウレタン吹付断熱材 “アクアフォーム”
を施工しました。

アクアフォームは、熱伝導率が低く
躯体に直接吹き付けるので、隙間がなく、優れた断熱性と気密性を発揮します♪

壁内や小屋裏などを空気が移動する
ジオパワーシステムを採用されるお家には
もってこいの断熱材と言えます。

2013-12-26 11.17.40.jpg


2013-12-26 11.17.55.jpg




2013年12月25日

◇高い勾配天井 開始!

2013-12-24 15.48.32.jpg



高さ4mを超える高い勾配天井の下地に取り掛かりました。

2013年12月24日

◎構造検査に合格!

2013-12-24 08.40.08.jpg


 第三者検査機関の耐震性・防水性等の厳しい検査をクリア!

完成してからは見えなくなってしまう部分にも太い骨組みでしっかり施工!

当社ならではの特徴です。

2013年12月23日

〇防災平板瓦葺き中

DSC_0174.jpg


 最近ではあまり見かけない“寄棟に平板瓦”(屋根の形状)ですが、

風に強くシャープなイメージで好まれています。

2013年12月21日

◇現場打合せ

施主様と社長が、電気の打ち合わせです。
図面を見ながら
コンセントやスイッチ、照明の位置など、現場を見ながら決めていきます。

ウェリーハウスの打ち合わせは全て現場で行います。

この打合せの方法
色々な事を決める際に、イメージがつきやすい
建築中の現場を、見ることが出来る
現場で働く人たちを、見ることが出来る

等、メリットがいっぱいなんですよ♪


寒くても少し辛抱をお願いしますね!


DSCF7582.JPG



2013年12月20日

〇上棟しました!

上棟日です。
やっぱり、あいにくの雪・・・
それでも、天気に負けることなく上棟しました! 
いつもより、多めの安全祈願をして、いざ!!!


DSCF7562.JPG



雪が降るだけなら構いませんが、積もると困りものです。


DSCF7565.JPG



それでも、有難いことに、お昼頃には晴れ間が見えました。


DSCF7572.JPG




DSCF7581.JPG




夕方からは強風になってしまいました。
風が一番危険なので、本日の作業は終了です。

Kさまも、寒空の下、ずっとお見守り下さり、ありがとうございました。
お昼にいただいた、温かいカニ汁が本当に美味しくて、体に沁みました!
ごちそうさまでした!(´∀`*)

これから
大工さん、左官さん、建具屋さん、内装屋さん、電気屋さん、水道屋さん、建材屋さん、
沢山の仲間たちと、心を込めて、一つ一つお作りして行きます!
よろしくお願いします!






2013年12月19日

〇上棟日前日!

明日の上棟に向け準備に励んでいます。
今日は、寒いですが、日も当たり良いお天気なのでとても捗りました!

断熱材を敷き詰め

2013-12-19 09.59.21.jpg


床下地の構造用合板を敷き込みました。

2013-12-19 13.06.42.jpg


そして、大まかな骨組みも組んでおきます。
これを明日立ち上げると、一気に建物の姿が現れます。
これがまた、感動的なんです。

2013-12-19 15.36.02.jpg


明日もどうか捗りますように・・・!


2013年12月18日

◎バルコニー下地

2013-12-18 14.23.25.jpg



バルコニーは防水が決め手!

仕上げのコート前には必ず左官さんが、丁寧に水が流れる勾配で

モルタルを抑えておきます。

◇最高級バス設置!

TOTO最高級ユニットバス!!鳥取に初上陸★

ウェリーハウスでは、水廻り機器は全てお客様のオーダー品ですので、

選ぶ!買う!オリジナル感を堪能していただいてますよ!

2013-12-18 16.55.33.jpg


かなりの高級設備を搭載したTOTOの最高傑作!

完成はお楽しみに!

〇土台据え

DSC_0169.jpg


ひのきの土台を据えて、シロアリ対策に“鬼に金棒”の

防蟻剤を吹き付けています。

2013年12月17日

〇木材搬入

2013-12-17 12.43.04.jpg


基礎工事が終わり、太い木材が現場へ搬入されました!

2013年12月16日

◎防災石州洋瓦葺き

2013-12-15 12.47.50.jpg


瓦の間隔で横に桟木を留めて、

瓦の爪をそれに引掛け一枚一枚釘を打ちます。

従来の土に載せる葺き方とかなり違うため、積雪や暴風でも

瓦がズレにくい構造となっています。

要は安心長持ちということですね。


2013-12-16 09.18.35.jpg

2013年12月13日

◎上棟当日!

朝7時半に集合し、作業を開始する前に工事の無事完成・安全のため

建物の四隅を施主様に清めて頂きました。

DSC_0153.jpg


社長のあいさつに続き、施主様からもありがたいお言葉を頂戴し、

作業員みんなで乾杯!!!

ちなみに、この日ばかりは社長自ら大工さんとして張り切ってました。

仕事の中で一番目が輝いています・・・。


DSCF7512.JPG



いよいよ作業開始!!

DSCF7518.JPG



この太い梁はウェリーハウスの特徴でもあります。

DSCF7521.JPG



うーん雪がチラついて来たぞ。寒い〜。

DSCF7523.JPG


2階の床組です。ジャンプしても100人乗っても大丈夫!!

どこかで聞いたような・・・

DSCF7525.JPG



順調に屋根まで組み終わりました!



DSCF7533.JPG




お腹すきました。

施主様とご一緒にランチタイム!

DSCF7534.JPG



お昼からも寒さと戦いながら順調に屋根の下地へ。


DSCF7536.JPG


DSC_0155.jpg


防水シートを貼り、構造補強金物もすべて取付けて、無事作業完了!

朝、社長が設定した少し無理かと思う本日の目標を作業員みなの力で

5時前(暗くなる前)に達成できました!!

DSCF7542.JPG


夕方には奥様もお仕事から駆けつけて頂きまして、すごく感動しておられました☆

最後に労いのお言葉まで頂きまして、寒い中本当にありがとうございました!!

帰りの道路は真っ白でした(^_^;)

2013年12月12日

◎上棟前日!

2013-12-12 11.04.42.jpg


明日の上棟に向けて準備はバッチリです!

しかし、天気が気になる・・・

2013年12月11日

◎鬼に金棒!シロアリ対策!

DSCF7498.JPG


完成した基礎の上に、“ひのき”の土台を敷いていきます。

“ひのき”はお家の大敵であるシロアリが嫌う匂いを放つため、

家をかじられる心配はありません!さらに“ひのき”は他の木材にはない

ある特別な特徴があります!⇒詳しくはHPの『ひのきのお話』へ


2013-12-11 11.29.54.jpg


“ひのき”以外の木材には体に無害の防蟻材を塗布します。

シロアリ対策には、まさに!“鬼に金棒!”ですよ。


DSCF7499.JPG



2013年12月10日

〇立上り基礎

型枠の中へコンクリートを流していきます。

この寒い時期は冬用のコンクリートを使用します。


2013-12-10 12.05.16.jpg

2013年12月09日

〇型枠組立

土間のコンクリートが硬化しましたので、

次は立上りのコンクリートを打つ準備に取り掛かります。

2013-12-09 11.53.11.jpg

◎『地熱の家』基礎工事完成!

2013-12-09 15.40.55.jpg


見た目は普通のコンクリートですが、

中身はご存じ!ぐり石がたっぷり詰まっています。

2013年12月07日

◇屋根鋼板葺き完了!

DSCF7478.JPG


15mの流れを一枚の鋼板で流します。一切継いでいません!

色は一風変わったモスグリーンです。


DSCF7479.JPG



雪が積もる季節でも耐えるよう、しっかり屋根にも筋カイを入れます!


DSCF7482.JPG

◎天然ぐり石層

DSCF7474.JPG



遠赤外線効果を受けながら、地熱の風を室内へ


DSCF7476.JPG



ぐり石層を完全に密閉してしまいます。


DSCF7477.JPG



これで“ジオパワーシステム”の基礎工事は完了です。

2013年12月06日

◎『大地の風』!?

DSCF7465.JPG


コンクリートが固まれば、『大地の風』の通り道(=ジオパイプ内で熱交換された空気)

を特殊なパイプで確保していきます。

その熱をぐり石に溜めるため、熱が逃げないよう基礎に断熱材を張り付けます。

一般の床下断熱とは異なり、基礎部分からシャットアウトしてしまうのも、

ジオパワーシステムならではの工法ですよ。


DSCF7467.JPG

2013年12月05日

◎基礎の姿

2013-12-05 16.16.53.jpg



コンクリートが乾燥して固まって来たので、

型枠を外し、きれいな基礎の姿が現れました。

『ジオパワーシステム』をご採用されましたので、

この後は基礎自体に断熱・気密を施し、蓄熱用の天然ぐり石が

入っていきます!今日も天候に恵まれました。感謝です。

○ベタ基礎の醍醐味!

2013-12-05 09.11.15.jpg


またまた配筋検査をクリアし、

鉄筋の美は永い年月基礎の強度を影で支えることとなります。

2013-12-05 14.05.26.jpg


その鉄筋を包むようにコンクリートが密着していきます。

コンクリートは圧縮に、鉄筋は引張りにそれぞれ抵抗する力があります。

2013年12月04日

◇8.2mの木造技術

2013-12-04 16.11.48.jpg


前日の日記で少し触れた木造技術を駆使しております。

勿体ぶってすみませんが、全貌は後日明らかになります。

乞うご期待!!

★冷暖房器具取付

2013-12-04 11.30.35.jpg



ウェリーハウスでは標準仕様にエアコン工事は別途となりますが、

よく取付をお願いされますので、当社指定の電気屋さんが

格安で取付中!持ち込みでもアパートからの移設でも承りますよ。




2013-12-04 13.20.53.jpg



蓄熱式暖房器の中身です。蓄熱材のレンガがミッシリ詰まっています。

ご存じない方へ簡単にご説明しますと、オール電化住宅ならではの安い深夜電力で

熱を溜めて、好きな時間に放熱させるという節電できる暖房器具です。

結構なパワーがありながら空気を汚さず、体にやさしい器具です。

デメリットとしましては、室内がかなりの乾燥状態になりますので、

洗濯物はよく乾きますが、お肌のためには加湿器がおすすめとなります。

★食器棚〜ウェリーハウス製〜U

2013-12-04 11.02.55.jpg


大工さんが造る食器棚に桧板の扉が取付けられます。

う~ん ステキ〜☆

2013年12月03日

◇晴れて上棟!


朝一番に工事の安全をお祈りしお施主様、作業員みんなでお清めをして

いざ作業開始!!

DSC_0135.jpg



DSC_0138.jpg



なんと8.2mのスパンの間に支える柱はなし!?

『木造で大広間にしてください!!』とのご要望に対し

木造では不可能とされる広いスパンを可能にした構造!

木造の限界を超越した技術とは・・・

近日公開予定!!!お楽しみに


DSC_0143.jpg



太い骨組みも組み終わり、屋根へ


DSC_0146.jpg




モヤという部材の上にタルキを打ち付けますが、

何せ屋根が大きいので大工さんの釘打ちも一苦労です。


DSC_0148.jpg



タルキの上に合板下地を貼って行きます。


DSC_0149.jpg


日が短いので暗くなってしまい、最後までは写せませんでしたが

屋根の防水下地シートまで無事間に合いました!

この時期には珍しい天候に感謝しております。

寒い中お施主様もご観覧頂きましてありがとうございました。

2013年12月02日

★トイレ手洗い器〜ウェリーハウスアレンジ〜

2013-11-30 15.04.12.jpg


収納内部に配管接続中です。実はこちらの水洗はセンサー式で、

手をかざすだけで水が出るんですよ!!

下にはお掃除用品をかわいく収納予定!

◎ホールダウンは私におまかせ!

DSC_0134.jpg


今日は天気に恵まれて、基礎の立上り部にコンクリートや

ボルトを入れていきます。長いホールダウンのアンカーボルト

は地震発生時でも基礎〜土台〜柱の引き抜きの力に耐えるよう

柱の位置を見ながら私自身が正確に入れております。

◇上棟日前日

DSC_0132.jpg



明日の上棟に備え、骨組みとなる太い木材を搬入し、

下準備として一部組立てておきます。

明日がとても楽しみですね〜♪♪


2013-12-02 14.29.59.jpg