2015年01月23日

♡基礎工事


 1/23 立上りの養生期間を終えて、型枠を解体しました。

着工後は雪も少なく、天候に恵まれたおかげで順調に進み

基礎工事もほぼ完了となりました。


DSC_0492.jpg



DSC_0493.jpg





 1/16 立上り部分の型枠を組み、コンクリートを

流し込んでいきます。その後、土台(桧)と基礎が

離れないようにアンカーボルトを、

地震時に柱と基礎が離れないようにホールアンカーボルトを

私がそれぞれ適所に埋め込みます。


2015-01-16 14.42.02.jpg



2015-01-16 15.18.00.jpg





 1/13 第三者検査機関より配筋が図面の通り正しく、

規定の間隔で配筋されているか?厳しい目でチェック

して頂きます。⇒問題なくクリアしました☆☆☆


2015-01-13 08.36.40.jpg



 天気予報の通り、天候にも恵まれましたので

予定通り、生コンを打設していきます。


2015-01-13 09.11.34.jpg



 鉄筋の下にも丁寧に流し込み、抑えていきます。


2015-01-13 09.24.11.jpg



2015-01-13 09.46.46.jpg



 固まるまで、養生期間を置きます。




 1/9 捨てコンが固まったので鉄筋を組んでいきます。


2015-01-09 13.30.33.jpg



2015-01-09 13.50.15.jpg



 キレイに整列された20センチ間隔の鉄筋

はやっぱり美しいですね☆

配筋の後は外周の型枠を組み立てていきます。

建物の外周は耐震の役割が大きいので

ウェリーハウスではダブル(二重)配筋が鉄則ですよ☆


2015-01-09 15.47.45.jpg



2015-01-09 15.49.01.jpg



 連休雪マークが出ていたので、鉄筋に雪が積もらないよう

養生ブルーシートで覆います。こういった見えないプロ意識も

施主様のために!ウェリーハウスが建てるお家の長寿命の秘訣☆


20150111_162004.jpg



 連休明けは太陽が続くので、配筋検査を受けて

いよいよ生コンを打設する予定です。



 1/6 いよいよ基礎工事を開始します。

べた基礎の深さまで掘り出し、砕石をしっかり転圧します。


地鎮祭で授かった鎮め物を砕石の中へ埋めます。


2015-01-06 12.49.34.jpg



 予め水廻りの配管を通しておきます。


2015-01-06 12.57.22.jpg



 今回からシロアリ対策の防蟻剤は土壌に撒かず

耐久性の高い特殊な防蟻・防水シートでシャットアウトします。

これでシロアリ10年保証の仕様となります。


2015-01-06 13.16.53.jpg



 外周にはシートを抑え、型枠を水平に並べられるための

捨てコンクリートを打設し、養生期間で2日空けます。


2015-01-06 13.06.31.jpg



2015-01-06 13.24.55.jpg



2015-01-06 13.35.17.jpg





 1/5 今日から仕事初めです。お隣との境界が狭いため

基礎工事に先行して設備屋さんが雨水や汚水の配管を

埋め込みました。



 12/26 午後より大工さんが基礎工事の基準となる

丁張をかけました。