2015年02月02日

リフォームF〜濡れ縁


 2/2 ズームアップして撮りました(^_^;)


2015-02-02 14.07.52.jpg




 1/31 少し遠目の写真ですが、完成しました。

春先の晴天時には解放的な空間を演出してくれますね。


2015-01-31 10.56.31.jpg




 1/26 和室の続き間の外側に濡れ縁を新設します。

天気の良い日にハキダシを開けると広く開放感が出ますよ。


2015-01-26 16.08.53.jpg



 床組の上に自然塗装を施した杉板を張り並べて

いきます。


2015-01-26 16.39.54.jpg



posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜キッチン床


 2/2 工事中に傷がつかないよう養生していたベニアを

取り除きました。後日一斉にハウスクリーニングする予定です。


2015-02-02 14.02.48.jpg



 従来の分電盤では電気容量が不足していたため、

容量アップのため電力メーターと分電盤を取り換えます。


2015-02-02 13.52.43.jpg



2015-02-02 13.58.37.jpg





 1/20 キッチンの床は他のお部屋に比べシロアリ被害も

少なく、根太も傷んでいないことと、ご予算の関係で

既存のフローリングの上に新たにフローリングを張る

カバー工法とします。


2015-01-20 11.37.48.jpg



2015-01-20 13.52.00.jpg



 専用の接着剤を使用します。


2015-01-20 13.51.45.jpg



2015-01-20 16.08.07.jpg




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜トイレ改修


 2/2 便器などの器具を取付けました。


2015-02-02 14.00.29.jpg



 1/31 仕上げ工事は完成しました。


2015-01-31 10.58.51.jpg



 便器などの器具取付けができるようになりました。




 1/28 床はお掃除ラクラクのクッションフロアを

貼るため、下地を均していきます。


2015-01-28 17.05.40.jpg




 1/27 トイレも仕上げのためのパテ処理を始めました。


2015-01-27 16.36.00.jpg



2015-01-27 17.17.33.jpg




 1/24 片引き戸の枠を取付けます。


2015-01-24 08.46.28.jpg



 完了後は壁の下地に耐水プラスターボードを

張っていきます。


2015-01-24 16.22.10.jpg





 1/22 開口枠を取付けて、天井下地に取り掛かります。


2015-01-22 13.30.21.jpg



2015-01-22 15.46.43.jpg



 天井裏に断熱材を敷きます。


2015-01-22 16.19.38.jpg





 1/21 床下空間を設けて、床組の根太を新設していきます。


2015-01-21 15.46.34.jpg




 1/15 新しく設置する便器に合わせて配管をやり直します。


2015-01-15 11.19.19.jpg



2015-01-15 11.29.55.jpg



 配管が完了したので、シロアリ防蟻・駆除剤を入念に

吹付けます。もちろん人体に無害な薬品を使用していますよ。


2015-01-15 15.34.13.jpg



2015-01-15 15.57.04.jpg





 1/13 小便器と大便器と分けて使用されていましたが、

その必要もなくなり、広く使われたいとのことで、

仕切りを取り除き、新たにお手入れしやすい

節水型のトイレへと生まれ変わります。


DSCF0195.JPG



DSCF0194.JPG



 ↓↓↓


 冷たくお手入れしにくいタイルから解体します。


2015-01-13 11.25.51.jpg



2015-01-13 11.30.10.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜和室⇒洋室×2部屋


 2/2 スイッチやコンセントなどの電気工事に

とりかかります。


2015-02-02 14.09.13.jpg



 扉も新しく取付け完了!


2015-02-02 14.03.30.jpg




 1/26 壁も貼り進めていきます。


2015-01-26 11.54.05.jpg



2015-01-26 14.52.37.jpg




 1/24 天井から機能性壁紙を貼っていきます。


2015-01-24 16.21.39.jpg




 1/23 廻縁を留めていきます。


2015-01-23 11.23.05.jpg



 以前は4枚の襖で間口4mの収納を仕切ってありましたが、

洋室へと生まれ変わるため、中央に桧の化粧柱を設けて

クローゼットとして半分に分けます。

荷物を支える強度も増して、折戸となり使い勝手も良くなります☆


2015-01-23 17.28.43.jpg





 1/22 パテ処理の仕上げとして、パテの凹凸を

平らに削り取ります。


2015-01-22 10.57.26.jpg





 1/21 引き続き、パテ処理を進めていきます。


2015-01-21 15.44.37.jpg




 1/20 壁と同時進行で機能性壁紙の下地パテ処理を

進めていきます。


2015-01-20 13.40.41.jpg



2015-01-20 13.55.12.jpg



2015-01-20 15.47.47.jpg





 1/19 壁下地となるハイクリーンボードも張っていきます。


2015-01-19 14.36.44.jpg



2015-01-19 10.53.19.jpg



2015-01-19 16.41.22.jpg





 1/15 もう一部屋の天井下地も張っていきます。


2015-01-15 11.00.25.jpg



 押入周りの額縁を取付けて、壁下地も進めていきます。


2015-01-15 13.14.25.jpg



2015-01-15 15.07.48.jpg



 一方のお部屋の床を仕上げていきます。


2015-01-15 16.02.25.jpg





 1/14 天井裏に敷かれていた25年前の断熱材は薄く

傷んでいてその機能を失っていたので、新しくグラスウールを

敷き詰めます。(屋根裏より撮影)


2015-01-14 11.21.15.jpg



 天井が終われば、床の仕上げへと移ります。


2015-01-14 13.09.23.jpg



 開口に額縁を入れながら、壁下地も進めていきます。


2015-01-14 16.11.15.jpg





 1/13 火打ち金物(斜材)で梁の水平力を補強します。

なんと!従来から取付けられていた火打ち(木材)には

釘留めのみで、耐震補強用ボルトは省かれていました。

地震が起きたら確実に抜け落ちるところです。

これが手抜き工事の実態です・・・


2015-01-14 09.56.54.jpg



2015-01-14 10.01.40.jpg



2015-01-14 11.07.23.jpg



 天井下地に取り掛かります。


2015-01-13 14.49.05.jpg



 下地材はもちろん体にやさしいハイクリーンボードを

使用します☆


2015-01-13 16.24.29.jpg



 一方で、ジュラク塗りの真壁から機能性壁紙の大壁へと

仕様変更していきます。


2015-01-13 16.20.35.jpg



2015-01-13 16.20.46.jpg





 1/10 和室の続き間と同様に、『炭八』を

床下に敷き並べ、新しい床組の木材にも防蟻剤(人体無害)

を吹き付けます。


2015-01-10 14.13.32.jpg




 小屋組みの後は、洋室(畳ではない)なので

床下の断熱材を入れて構造用合板を下地として張ります。


2015-01-10 15.35.22.jpg



2015-01-10 16.14.58.jpg



 床下地合板を張り終えた部屋から天井の解体を始めます。


2015-01-10 16.29.32.jpg



2015-01-10 17.15.37.jpg



 天井裏の小屋組みがあらわとなったところで、

屋根に問題がないか?雨漏りチェックをします。


2015-01-10 17.30.11.jpg



 「柱(右)の長さが足りていない」とか、

「全体的に梁が細く、火打ちも少なく水平力が弱い」

など社長の指摘がありました。


2015-01-10 17.30.42.jpg



 補強も必要です。




 1/9 もう一部屋の和室も洋室へ!

まずは解体から。


2015-01-09 10.52.01.jpg



2015-01-09 11.22.06.jpg



 シロアリ被害にも遭い、古く傷んだ床組を撤去して

根太を横に組み直します。


2015-01-09 17.20.54.jpg



 ここにも被害跡が・・・


2015-01-09 17.35.43.jpg





 1/8 以前は和室として利用されていましたが、

生活スタイルの変化から、洋室への改装をご希望されました。


2015-01-08 14.21.46.jpg



まずは解体作業です。続き間同様にパーティクルボードの腐食と

シロアリ被害を確認できました。


2015-01-08 16.23.56.jpg



 全て撤去し、新たに床組みを進めていきます。


2015-01-08 16.46.04.jpg



 フローリング仕上げとなるので、根太(桧6センチ角)

を30センチの間隔で取付けていきます。


2015-01-08 17.50.17.jpg






posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームC 内・外装改修


 2/2 コンクリートが硬化したので、型枠を外して、

整地しました。これで全て完成となりました☆


DSC_0495.jpg




 1/24 天気が良いので、残り半分の土間コンクリートを

打設しました。


2015-01-24 13.14.32.jpg




 1/22 土間コンの半分が硬化したので、カーポートの

サイドパネルを張っていきます。


2015-01-22 09.45.05.jpg




 1/16 アプローチも終わり、今日は天候に恵まれましたので

カーポートの土間コンクリートを半分打設します。

施主様が工事中も駐車されますので、硬化次第に

もう半分も打設する予定です。


2015-01-16 13.21.05.jpg




 1/10 階段から先のアプローチと

階段横のスロープを始めました。


2015-01-10 11.43.52.jpg



2015-01-10 11.45.31.jpg



 カーポートの土間コンにはクラック防止と

ドレスアップのためレンガを目地として埋め込みます。

駐車時の目安(白線のような)にもなりますね☆


2015-01-10 17.23.45.jpg





 1/9 お正月の雪も落ち着いたので、

ポーチ前のアプローチに取り掛かりました。


2015-01-09 11.37.18.jpg



 来週から天気が良さそうなので、年末の雪で

延期になっていたカーポートの土間コンがようやく打てそうです。




 12/29 近年少ないとは言え、耐積雪100センチ

のカーポートであれば、雪下ろしも要らず

強風時にも愛車を守ってくれるので

安心ですよ☆☆☆


2014-12-29 13.19.36.jpg



2014-12-29 13.20.06.jpg



 こちらでは北西の風が特別に強いそうですので、

片面だけ防風のサイドパネルを貼りました!


2014-12-29 13.21.12.jpg



 コンクリートの打設は年末にかかってしまい

間に合いませんでしたが、年末年始に予想される

雪は凌げそうです(^_^;)



 12/27 境界付近に生えるあじさいを撤去し、

アプローチのスペースを確保します。


2014-12-27 14.59.32.jpg



後ろ側のもともとあった駐車場と庭との段差を

土留め化粧ブロックで解消します。


2014-12-27 15.00.33.jpg



 玄関前の階段を残して、横にスロープを

設けます。こうしておけば将来も安心ですね。


2014-12-27 15.01.25.jpg




 12/26 最後の外構工事にとりかかります。

先週の雪で工期がずれましたが、そうした間に

良いアイデアが生まれましたよ。


2014-12-26 11.02.57.jpg




 12/13 外壁の塗装が悪天候でなかなか進みませんでしたが、

ようやく最後の塗装工事(外壁・軒天)の塗装が終わり

とても凛々しい玄関へと生まれ変わりました☆


Before↓↓↓


2014-11-04 15.01.55.jpg



After↓↓↓


2014-12-13 13.50.04.jpg



内装・外装共にリフレッシュしたとお喜びの声も頂きまして、

私たちも嬉しい限りです。今後ともよろしくお願いします。




 12/3 新たに設けたポーチの袖壁の基礎部分を

モルタルの刷毛引きで仕上げます。


2014-12-03 10.21.30.jpg




 11/27 以前は階段に手すりがなかったため

新たに手すりを設けます。

とはいえ、受け金具を取り付ける下地板が入って

いなかったので、下地の代わりに化粧板をまず留めて

そこに固定金具を取付けました。


2014-11-27 14.52.11.jpg



 11/26 ポーチ屋根の軒天の露出したタルキは

新たに桧の板(無節)で覆い、シンプルな塗装を

して、お家の顔が生まれ変わる予定です♪


2014-11-26 13.54.57.jpg



2014-11-26 15.00.54.jpg





 11/25 フローリング仕上げは完了しました。


2014-11-25 17.23.57.jpg



渋く落ち着いた雰囲気に生まれ変わりましたね。


2014-11-25 17.20.31.jpg





 11/21 玄関・ホールのフローリングを仕上げて

いきます。


2014-11-21 17.10.59.jpg





 11/19 玄関引違い戸⇒断熱玄関ドアに取り換えたため

扉一枚分の壁ができます。その壁に新たに機能性壁紙を貼ります。


2014-11-19 10.58.40.jpg



 玄関のポーチ柱(鋼管)を取り除く作業を

開始します。


2014-11-19 11.22.17.jpg






 11/18 玄関ホールの古く傷んできたフローリングも

下地から張り替えていきます。


2014-11-18 10.43.29.jpg



 まずは解体です。


2014-11-18 13.21.26.jpg



 心配されていたシロアリの被害はやはりココにも・・・


2014-11-18 14.08.16.jpg



 交換、補強して下張を合板を張っていきます。


2014-11-18 16.43.24.jpg



 この上にフローリングを張るので2重構造となります。





 11/17 ブロック基礎の養生期間の間に

玄関ドアの室内側の内装に取り掛かります。

まずは枠材を加工し、取付けます。


2014-11-17 15.52.04.jpg



2014-11-17 15.14.36.jpg



 今まで新聞や郵便物を外のポストまで取りに出て

おられましたが、壁埋め込み型のポストをドアの横に

取付けるので、寒い朝でも楽に受け取れますよ♫


2014-11-17 14.28.00.jpg





 11/15 既存のポーチ柱(鋼管)が錆びなどの腐食で

危険な状況なので、新たに袖壁を設けて鋼管を

取り除きます。

その基礎工事から始めます。


2014-11-15 14.11.37.jpg



 差筋を入れて、ブロック基礎(鉄筋入り)を

完成させました。明日のお休み中に硬化させます。


2014-11-15 17.16.26.jpg




 11/14 ランマ付引き違い玄関戸を外し、

新たに断熱仕様の玄関ドアを取付けます。

寒さ解消!デザインアップ!機能性アップ!


 まずは解体。

2014-11-14 10.39.28.jpg



 新たに2本の柱を入れます。


2014-11-14 14.06.49.jpg



 玄関ドアの枠を取付けて完了!

2014-11-14 16.00.30.jpg



 夕方には扉をはめて完了!

工事中の防犯も考慮し、1日で取替えますよ☆





 11/13 まずは完了しました脱衣室とトイレ

をご覧くださいませ!


2014-11-04 15.04.49.jpg


 ↓↓↓


2014-11-13 16.30.16.jpg



 トイレは・・・


2014-11-04 11.35.23.jpg



 ↓↓↓


2014-11-13 16.40.58.jpg



 そして今日から玄関引き戸の取替えにかかります。




 11/12 脱衣室の仕上げに取り掛かりました。

耐水ボードのジョイントやビス穴をパテ埋めし、

耐水・防カビの機能性壁紙を貼っていきます。


2014-11-12 10.14.00.jpg



2014-11-12 11.46.12.jpg



床には完全防水でお掃除ラクラクのクッションフロアを

貼りましたよ。


2014-11-12 16.11.01.jpg



 お風呂の裏側でシロアリに半分食べられた柱は

シロアリの嫌いな桧で補強しました☆


2014-11-07 15.35.16.jpg



  ↓↓↓


2014-11-12 13.18.37.jpg



 タイルを剥がしたトイレの腰壁には新たに耐水ボードを張り、


2014-11-12 11.01.36.jpg



 脱衣室同様に内装を仕上げて、新たに

節水型便器を取付けました☆


2014-11-12 16.47.04.jpg



 水廻りは生活の中心的“要”ですので、正確さも重要ですが

スピードも欠かせませんよ(*^^)v

トイレは2日で完了させました!





 11/11 トイレも深刻なシロアリ被害。


2014-11-11 10.34.23.jpg



 水廻りなどは湿気が溜まりやすいため、シロアリに

狙われやすい場所となります。


床組が全くなかったトイレの床に根太を新設し、


2014-11-11 11.22.11.jpg



その木材も含めて、シロアリ駆除材を入念に

散布してもらいます。


2014-11-11 11.36.42.jpg



 そして、ようやく床下地を貼ることができました。


2014-11-11 14.29.47.jpg



 その他、床下からも駆除できない部分で、

被害の可能性が高い部分も駆除剤を圧入します。


2014-11-11 11.27.09.jpg


念には念を!


床下のシロアリ点検は定期的にされることをおすすめします!!

特に!築20年以上のお家は要注意です!!

早急に一度は見てもらいましょう!!






 11/10 次にトイレの改修へ移ります。

2014-11-04 11.35.23.jpg



 腰まで貼られたタイルにヒビが入ったことや、

お掃除しにくい、便器の故障などの理由で改修を

ご決断されました。まずはタイル壁・床の解体です。


2014-11-10 09.59.48.jpg



2014-11-10 11.08.10.jpg



 床を剥がすとそこには真砂土がギッシリ!?

床下の通気が確保できない構造でした。今じゃ考えられません・・・


2014-11-10 16.06.02.jpg



 解体してみないとわからない事実でしたが、

土を全て撤去し、配管と床組みを新たに設けます。



 11/8 脱衣室内には新たに換気扇を設けて湿気対策をし、

耐水ボードを張っていきます。


2014-11-08 13.56.27.jpg



2014-11-08 11.30.57.jpg




 11/7 早速、シロアリの駆除開始!!

2014-11-06 14.10.21.jpg



2014-11-06 14.22.34.jpg



2014-11-06 14.27.28.jpg



 ここで新たな事実が判明しました。

お風呂の反対側のキッチンの柱にもシロアリ被害・・・


2014-11-07 15.35.16.jpg



 なんと柱が半分ありません。

放置すると倒壊の危険もあります。

シロアリの恐ろしさを改めて実感しました。



 駆除を終えた脱衣室は新たな木材で床を組んでいきます。


2014-11-07 13.20.38.jpg



 腐食した柱も交換し補強しました。


2014-11-07 15.29.19.jpg





 11/6 脱衣室の壁にはカビが生えて床は腐食していたので、

解体から始めました。


2014-11-06 09.14.02.jpg



 床と壁をはぐると、なんとシロアリの被害!

2014-11-06 09.14.52.jpg


 お風呂との境にある柱を食べながら、上の梁まで到達して

いました。


2014-11-06 09.16.13.jpg



早急に施主様に報告し、協議した結果、

シロアリ駆除のプロにお願いしました。

そのまま放置しますと深刻な事態に陥るところでした。





 11/4 こちらのお宅は約築40年。

玄関ドアの交換を始め、脱衣室・トイレ・お風呂などの

改修をご希望されました。


2014-11-04 15.04.49.jpg



まずは、脱衣室の洗濯機を仮設へ移動。

仮設のトイレも設けます。


posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームC