2015年04月28日

♡外装工事


 4/28 室内土間を仕上げます。


2015-04-28 10.53.03.jpg



2015-04-28 15.47.57.jpg



 外周には雨水の泥はねと、防犯の目的で

いつものように砕石を敷き並べます。


2015-04-28 17.11.00.jpg



 エコキュートを据え付けて、給水・給湯・循環(追い炊き)

の配管を接続します。


2015-04-28 13.57.56.jpg



2015-04-28 13.57.05.jpg





 4/24 左官さんが基礎立上り部分を

モルタル刷毛引き仕上げ、

エコキュート設置場所・室内土間をコテ抑え仕上げします。


2015-04-24 13.22.14.jpg



2015-04-24 14.18.51.jpg





 4/22 玄関・ポーチの床にタイルを貼っていきます。


2015-04-22 11.47.05.jpg



2015-04-22 12.01.56.jpg




 4/8 天候も徐々に良くなってきたので、

5工程の仕上げを続けていきます。


2015-04-08 11.43.08.jpg



2015-04-08 12.09.33.jpg





 4/3 4・5工程ではシリコン系仕上げ材をローラーで

2回重ねて塗り仕上げます。


2015-04-03 10.28.04.jpg



2015-04-03 11.40.27.jpg




 3/31 3工程目は玉吹きといって模様を付けていきます。

塗装の顔となりますので、職人技が光る工程ですよ☆


2015-03-31 10.03.17.jpg



2015-03-31 16.28.38.jpg



2015-03-31 15.26.03.jpg





 3/30 シーラーの次はベースを吹き付けていきます。

全5工程(塗装)の2工程目となります。

一般的な弾性リシン吹付けより耐候性・耐久性

共にUPしますよ☆


2015-03-30 15.40.12.jpg



2015-03-30 15.41.47.jpg



2015-03-30 15.40.46.jpg





 3/26 窓や水切り(ステン)に塗料が付かないよう

養生して、塗料が剥がれないようシーラーを塗って

いきます。


2015-03-26 11.04.51.jpg



2015-03-26 11.10.28.jpg




 3/23 天候も暖かくなったので、塗装工事を

始めます。まずは、専用パテ処理をし表面を平らに

していきます。


2015-03-23 16.24.47.jpg





 2/27 ポーチにはアクセントとして化粧サイディングを

張ります。その他の吹付け塗装と質感を変えることで

衣装性が増しますよ☆


横張りの場合も、外壁内通気も確保しています。


2015-02-27 17.02.48.jpg





 2/26 2階部分も張り終えたら、1階のジョイント同様に

捨てコーキング+ステン水切りを取付けます。


2015-02-26 16.57.35.jpg



2015-02-26 17.17.04.jpg



 そして三角形の屋切り部分を張り進めます。


2015-02-26 16.50.37.jpg





 2/25 1階部分のサイディングを張り終えたら

2階を張る前に必ずジョイント水切り(ステンレス製ホワイト)

を取付けます。

 ※コーキングだけでは、雨水が横に伝うので

コーキングが割れるとサイディング自体に水が染み込み

耐久性が大幅に損なわれます。外観からは気がつきにくい部分なので

最悪の場合はシロアリ被害の可能性も・・・


2015-02-25 14.04.41.jpg



 その水切りの内側には捨てコーキングでサイディング

との隙間を塞ぎます。これは強風時の吹き上げによる雨水の

侵入を防ぐためです☆  見えない所もきっちりプロ施工!

そして念には念を!ですね。


2015-02-25 14.08.16.jpg



2015-02-25 14.29.44.jpg



2015-02-25 14.38.06.jpg



 工事中にも無塗装のサイディングが傷まないよう

軒樋は先行して取付けます。こうしないと

雨の日に雨垂れが足場や地盤の土に当たって

はねるんですよ。(>_<)


2015-02-25 14.10.22.jpg




 2/24 軒天を張り進めていきます。


2015-02-24 11.10.57.jpg




 2/23 1階部分は張り終えました。


2015-02-23 17.15.00 HDR.jpg




 2/20 天気が良い日はサイディングを

張り進めていきます。


2015-02-20 11.09.10 HDR.jpg





 2/18 ポーチ天井の下地の完成です。


2015-02-18 17.25.12.jpg



 軒天と外壁の取り合い部分には、

土台水切りからサイディング裏を空気が

通って軒裏から抜けるよう、通気見切りを

取付けます。強風時にはダンパーが閉じるしくみで

優れものですよ☆


2015-02-18 11.04.42 HDR.jpg






 2/17 ポーチの天井の下地をします。

この場合は、天井が外気に面するため、

天井裏と下がり壁の部分にもしっかり断熱材を

取付けます。


2015-02-17 16.25.03 HDR.jpg



2015-02-17 16.24.06.jpg



 そして、南面・西面の一階部分に無塗装の

サイディングを張っていきます。

※今回は標準仕様とは異なり、吹付け塗装仕上げです。


2015-02-17 13.55.39.jpg



2015-02-17 16.53.34.jpg



2015-02-17 16.57.59.jpg





 2/16 外壁下地の胴縁を取付けた所から

軒天下地に取り掛かります。


2015-02-16 14.13.41.jpg



2015-02-16 15.48.00.jpg



 ほぼ完了しました!


2015-02-14 16.39.18.jpg






 2/14 引き続き、横胴縁を留めていきます。


2015-02-13 14.41.07.jpg



2015-02-14 11.14.29 HDR.jpg



2015-02-14 11.49.47.jpg



2015-02-14 14.12.29.jpg



 外壁の下地はほぼ完了しました☆


2015-02-14 16.39.18.jpg





 2/12 外壁から伝い落ちる雨水が基礎部分にかからないよう

土台水切り(ステンレス製)を板金加工して取付けます。


2015-02-12 13.47.36.jpg



透湿防水シート貼りの全貌です。


2015-02-12 13.19.46.jpg



2015-02-12 13.21.01.jpg



 吸気口や換気扇などが取り付く部分も雨漏りの可能性が

あるので、しっかり防水施工します。見えない所まで

手間ひまかけるのが、ウェリーハウスですよ☆


2015-02-12 15.52.56.jpg



 こちらのお家は縦張りの外壁ですので、

胴縁は横に留めていきます。

この場合でも、外壁通気工法なので外壁内の通気を

(土台水切り〜軒天までの空気の通り道)

確保します。これは外壁の内部結露防止のためです。


2015-02-12 14.09.00.jpg



2015-02-12 16.18.13 HDR.jpg



2015-02-12 16.55.32.jpg






 2/10 サッシが取付けられるまで建物を養生していた

ブルーシートを取り外した状態で、防蟻剤を外周木部に

吹付けていきます。もちろんこれも人体に無害な薬品なので

一般に市販されているものより高級品ですが

施主様の健康が第一です。


2015-02-10 10.30.02.jpg



2015-02-10 10.30.22.jpg



 吹付け完了後、透湿防水シートを貼っていきます。

壁内の湿気を逃がしながら、水は通さないという機能を

もっています。


2015-02-10 11.15.49.jpg



 サッシ周りや換気扇などの開口には必ず、

防水テープで水の侵入を防ぎます。


2015-02-10 15.46.22.jpg



2015-02-10 14.06.28.jpg