2015年07月29日

リフォームQ〜体育館の床補修


 7/29 新たに、体育館用の特殊フローリングを張り

表面をサンドで仕上げます。


2015-07-29 08.53.56.jpg



2015-07-29 14.54.16.jpg



2015-07-29 15.52.54.jpg



次は塗装工事となります。




 7/28 学校の体育館の床の腐食している部分を

補強して張り替えていきます。


2015-07-28 10.57.15.jpg



2015-07-28 13.10.01.jpg



2015-07-28 14.28.41.jpg



2015-07-28 16.57.35.jpg



 夏休み中の部活に支障が出ないよう、

限られた工期での作業です。


posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームQ

2015年07月10日

スペード基礎工事


 7/10 基礎工事完成ですよ☆


2015-07-10 19.00.54.jpg



2015-07-10 19.02.33.jpg



2015-07-10 19.01.38.jpg





 7/8 玄関やポーチ、エコキュート設置部分などの

高さが異なる土間を嵩上げしていきます。


2015-07-08 10.44.28.jpg





 7/7 立上りの養生期間を終えたので、

型枠を解体します。


2015-07-07 14.16.01.jpg





 7/2 立上り部分の型枠を組みコンクリートを

流し込んでいきます。


2015-07-02 10.34.14.jpg



2015-07-02 11.27.20.jpg



2015-07-02 14.34.20.jpg



 店舗の改築部分も並行して進めていきますよ!


2015-07-02 11.23.22.jpg



2015-07-02 11.24.45.jpg






 7/1 本日、午後より天候が良くなりましたので、

土間のコンクリートを打設していきます。


2015-07-01 14.06.38.jpg



2015-07-01 14.45.09.jpg



2015-07-01 15.00.18.jpg



2015-07-01 15.17.15.jpg







 6/30 鉄筋を加工、搬入して現場で組んでいきます。

この鉄筋が基礎コンクリートの強度を左右すると言っても

良い位、重要な工程ですよ☆


2015-06-30 11.11.05.jpg



 耐震上要となる外周部分は全てダブル配筋とするのが、

ウェリーハウスの家が強い理由の一つです☆


2015-07-01 14.55.11.jpg



2015-06-30 11.26.33.jpg



2015-06-30 11.19.55.jpg



2015-07-01 14.56.23.jpg




 配筋の工程が完了すれば、第三者検査機関である

『鳥取県住宅検査センター』の厳しいチェックを受けて、

合格しないとコンクリートを打設してはいけません!


2015-06-30 17.34.25.jpg



もちろん、難なく合格!!




 6/29 丁張を基準に掘方から始めます!


2015-06-29 09.27.38.jpg



 砕石を敷き詰めてしっかり転圧し固めます。


2015-06-29 13.02.54.jpg



 その砕石にはシロアリを寄せ付けないよう、

土壌から防蟻処理を施します。一般品より高価ですが、

この薬剤は人体に無害な薬剤を使用しているため、

安心です!ウェリーハウスの見えないこだわりの一つですよ☆


2015-06-29 13.06.45.jpg



 O様!店舗改築部分の土壌にも防蟻処理しておきました(^O^)/


2015-06-29 13.17.25.jpg



 地鎮祭でお預かりしておりました“鎮物”を埋めます。


2015-06-29 13.05.14.jpg



 土壌から蒸発する湿気が基礎コンクリートを通り

床下へ侵入しないよう!防湿シートを敷き、外周には

型枠を並べるよう水平に捨てコンクリートを打ちます。


2015-06-29 13.28.57.jpg



2015-06-29 16.14.00.jpg






 6/28 明日から本格的に基礎工事が始まります。

その前に予め上下水の配管工事を進めておきます。



2015-06-28 10.10.06.jpg




2015-06-28 10.10.20.jpg






2015年07月09日

リフォームG〜外構工事


 7/9 サンルームの壁を改築部分の外壁まで

伸ばすことで、冬の西風の侵入を防ぎます。


2015-07-09 14.44.41.jpg





 7/7 車庫の引違い吊り戸完成です☆


2015-07-07 08.27.32.jpg



 サンルームの屋根の次に、

壁もポリカ波板を張って行きます。


2015-07-07 10.20.21.jpg




 7/6 冬の防風・防寒対策として、

改築部分まで既存のサンルームを延長して、

吹き溜まりを無くします。


2015-07-06 14.25.04.jpg



2015-07-06 16.22.10.jpg



2015-07-06 17.35.21.jpg





 7/2 7段のブロック塀も大詰めとなりました。


2015-07-02 13.25.50.jpg



2015-07-02 13.33.18.jpg



物干し小屋を延長することとなりましたので、

ブロック塀は一先ず完成です。


2015-07-02 17.43.19.jpg





 6/30 横鉄筋を入れながら、ブロック塀を積みます。


2015-06-30 13.17.17.jpg



2015-06-30 14.21.32.jpg





 6/29 天気が回復したので、土間コンクリートを

打設し、車のスリップ止めのためにほうき引きします。


2015-06-29 10.09.01.jpg



 冬場の厳しい強風雪や飛砂を防ぐよう、西側には

新たにブロック塀を設置します。

 基礎となる部分には差筋をし、鉄筋をしっかり入れて

おきます!見えない部分の施工こそが耐久性を左右しますよ!


2015-06-29 17.32.18.jpg





 6/26 基礎の立上り部分をモルタルで

刷毛引きします。


2015-06-26 08.37.58.jpg



2015-06-26 10.43.21.jpg





 6/24 鋤取りを終えて、砕石を転圧します。


2015-06-24 15.59.07.jpg



2015-06-24 15.59.34.jpg



2015-06-24 17.02.46.jpg





 6/23 車庫から道路へとつながる土間部分の雨水処理と

土間コンクリートを綺麗に打設し直します。



2015-06-23 15.44.50.jpg



2015-06-23 16.42.55.jpg



2015-06-23 16.45.01.jpg






posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームG

2015年07月07日

太陽造成工事


 7/7 残りの部分も均一に整地して造成工事が

完了しました☆


2015-07-07 14.50.04.jpg



2015-07-07 14.51.58.jpg



 現場周囲の安全を確保するために、

仮囲いを設けます。


2015-07-07 14.48.23.jpg



2015-08-06 15.51.25.jpg






 6/30 上下水配管を敷地内へ引込んだ部分の

擁壁設置も完了したので、真砂土を均しては転圧!

また、均しては転圧!を繰り返すことで、

頑強な地盤をつくり、建物の不同沈下を防ぎますよ☆


2015-06-30 18.32.19.jpg



2015-06-30 18.33.13.jpg



2015-06-30 18.31.50.jpg



2015-06-30 18.36.42.jpg





 6/27 次に下水道を道路下から敷地内へ取り出します。


2015-06-27 10.01.23.jpg



2015-06-27 10.01.04.jpg



 その他の擁壁工事は完了です。


2015-06-27 10.10.42.jpg



2015-06-27 10.11.44.jpg





 6/24 上水道を前面道路より敷地内へ引込みます。


2015-06-24 11.55.46.jpg



2015-06-24 11.58.07.jpg



 L型擁壁を据えた部分は真砂土を敷き転圧します。


2015-06-24 11.59.35.jpg



2015-06-24 12.07.31.jpg





 6/17 L型擁壁の基礎コンクリートを打設し

養生期間を置きます。来週、上下水の引込み工事を

する予定です。


2015-06-17 16.54.50.jpg



2015-06-17 16.52.04.jpg





 6/12 真砂土を道路と同じ高さまで敷き固めた後

外周のL型擁壁の基礎部分に砕石を敷き転圧します。


2015-06-12 17.11.35.jpg



2015-06-12 17.12.25.jpg





 6/8 外周部分を除いて、真砂土を敷均しながら

重機で締め固めていきます。


2015-06-08 15.52.43.jpg



2015-06-08 15.52.56.jpg





 6/6 L型擁壁の丁張りを組みます。

境界杭に合わせて正確に水平・垂直を出して

いきます。


2015-06-06 14.49.27.jpg



2015-06-06 15.00.15.jpg

 


 6/4 道路との高低差が約1mある田んぼに重機が

入れるよう、真砂土を搬入し均します。


2015-06-04 09.55.42.jpg



 雑草の生えた部分は剥いで処分します。


2015-06-04 10.02.30.jpg



 その下の肥えた表土は施主様のお知り合いの方へ

譲られるそうです。


2015-06-04 10.38.10.jpg




2015年07月03日

リフォームG〜外壁工事


 7/3 車庫の大開口には、外壁と同じ仕様の

焼き杉板(2回塗装処理)を張り合わせた扉を

ハンガーレールに吊ります。


2015-07-03 16.14.43.jpg



2015-07-06 09.04.22.jpg





 6/17 ペアガラスのサッシに加えて、内側に

ペアガラスの内窓を取付けます。合計ガラス4枚!

しかも樹脂製サッシなので、結露も心配ご無用!

いわゆる超高断熱の二重サッシですよ☆☆☆


2015-06-17 11.14.51.jpg



2015-06-17 11.20.09.jpg



 昨日の社内検査を無事クリアしたので、足場を

解体します。


2015-06-17 11.45.27.jpg



2015-06-17 12.04.23.jpg





 6/16 足場を解体する前に、必ず外壁チェックをします。


2015-06-16 17.21.54.jpg



1F物置と外部・車庫との基礎断熱も欠かせませんよ!


2015-06-16 14.22.46.jpg




 6/15 雨樋を取付けていきます。


2015-06-15 13.43.00.jpg



2015-06-15 16.49.03.jpg




 6/12 車庫の大開口に取付ける吊り戸の下レールの

基礎をつくります。


2015-06-12 09.48.15.jpg




 6/11 車庫の開口枠を外壁に合わせて塗装します。


2015-06-11 14.45.46.jpg



 6/10 防水コーキングが乾き、塗装下地のパテ処理を

始めます。


2015-06-10 11.25.02.jpg




 6/6 車庫の開口枠を納めて、外壁張りが完了したので、

雨仕舞に防水処理を施していきます。


2015-06-06 11.07.53.jpg





 5/21 焼き杉板の上部には、一旦雨仕舞をステンレス製

の水切りで分離させて、サイディングを張っていきます。


2015-05-20 08.54.11.jpg



2015-05-21 16.47.02.jpg



2015-05-21 13.18.34.jpg




 5/11 焼き杉板部分はほぼ張り終えました。


2015-05-11 17.17.13.jpg



2015-05-11 17.45.11.jpg





 5/9 焼き杉板(2回塗装)を引き続き張り進めていきます。


2015-05-09 13.46.40.jpg



 漆黒色は重厚で高級感を演出できます☆


2015-05-09 17.24.50.jpg




 5/8 残りの横胴縁を土台水切りの上に取付ければ

外壁下地の完成です。


2015-05-08 14.46.35.jpg



 軒天下地に取り掛かりますがここでポイント!

吹き上げる海風の厳しい環境でも雨水が建物内に

侵入しないよう透湿防水シートを軒天側まで

貼り上げておきます。念には念を!


2015-05-08 11.56.48.jpg



2015-05-08 11.40.23.jpg



 塩害・劣化に強い二回塗装処理を施した焼き杉板

を張り始めました。


2015-05-08 17.27.08.jpg



2015-05-08 17.25.41.jpg





 4/27 外壁通気工法のため横胴縁の場合でも

上下に通気を確保するため、胴縁間の継ぎ目に

間隔を必ず空けて留めていきます。


2015-04-27 10.56.29.jpg



2015-04-27 16.05.25.jpg



2015-04-27 17.22.59.jpg



2015-04-27 17.24.55.jpg





 4/25 土台や葺き止め部分には塩害に強い

ステンレス製水切りを取付けていきます。


 まずは土台水切りから。



2015-04-25 14.01.07.jpg



 葺き止め部分も防水上重要箇所のひとつです。



2015-04-25 15.06.59.jpg




2015-04-25 16.00.18.jpg



 小庇屋根にも。


2015-04-25 16.45.57.jpg




 既存との界壁部分は独立した構造とするので、

防水・断熱上でも切り離して防水透湿シートを

貼ります。


2015-04-25 15.07.15.jpg




2015-04-25 16.45.27.jpg




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームG