2015年07月03日

リフォームG〜外壁工事


 7/3 車庫の大開口には、外壁と同じ仕様の

焼き杉板(2回塗装処理)を張り合わせた扉を

ハンガーレールに吊ります。


2015-07-03 16.14.43.jpg



2015-07-06 09.04.22.jpg





 6/17 ペアガラスのサッシに加えて、内側に

ペアガラスの内窓を取付けます。合計ガラス4枚!

しかも樹脂製サッシなので、結露も心配ご無用!

いわゆる超高断熱の二重サッシですよ☆☆☆


2015-06-17 11.14.51.jpg



2015-06-17 11.20.09.jpg



 昨日の社内検査を無事クリアしたので、足場を

解体します。


2015-06-17 11.45.27.jpg



2015-06-17 12.04.23.jpg





 6/16 足場を解体する前に、必ず外壁チェックをします。


2015-06-16 17.21.54.jpg



1F物置と外部・車庫との基礎断熱も欠かせませんよ!


2015-06-16 14.22.46.jpg




 6/15 雨樋を取付けていきます。


2015-06-15 13.43.00.jpg



2015-06-15 16.49.03.jpg




 6/12 車庫の大開口に取付ける吊り戸の下レールの

基礎をつくります。


2015-06-12 09.48.15.jpg




 6/11 車庫の開口枠を外壁に合わせて塗装します。


2015-06-11 14.45.46.jpg



 6/10 防水コーキングが乾き、塗装下地のパテ処理を

始めます。


2015-06-10 11.25.02.jpg




 6/6 車庫の開口枠を納めて、外壁張りが完了したので、

雨仕舞に防水処理を施していきます。


2015-06-06 11.07.53.jpg





 5/21 焼き杉板の上部には、一旦雨仕舞をステンレス製

の水切りで分離させて、サイディングを張っていきます。


2015-05-20 08.54.11.jpg



2015-05-21 16.47.02.jpg



2015-05-21 13.18.34.jpg




 5/11 焼き杉板部分はほぼ張り終えました。


2015-05-11 17.17.13.jpg



2015-05-11 17.45.11.jpg





 5/9 焼き杉板(2回塗装)を引き続き張り進めていきます。


2015-05-09 13.46.40.jpg



 漆黒色は重厚で高級感を演出できます☆


2015-05-09 17.24.50.jpg




 5/8 残りの横胴縁を土台水切りの上に取付ければ

外壁下地の完成です。


2015-05-08 14.46.35.jpg



 軒天下地に取り掛かりますがここでポイント!

吹き上げる海風の厳しい環境でも雨水が建物内に

侵入しないよう透湿防水シートを軒天側まで

貼り上げておきます。念には念を!


2015-05-08 11.56.48.jpg



2015-05-08 11.40.23.jpg



 塩害・劣化に強い二回塗装処理を施した焼き杉板

を張り始めました。


2015-05-08 17.27.08.jpg



2015-05-08 17.25.41.jpg





 4/27 外壁通気工法のため横胴縁の場合でも

上下に通気を確保するため、胴縁間の継ぎ目に

間隔を必ず空けて留めていきます。


2015-04-27 10.56.29.jpg



2015-04-27 16.05.25.jpg



2015-04-27 17.22.59.jpg



2015-04-27 17.24.55.jpg





 4/25 土台や葺き止め部分には塩害に強い

ステンレス製水切りを取付けていきます。


 まずは土台水切りから。



2015-04-25 14.01.07.jpg



 葺き止め部分も防水上重要箇所のひとつです。



2015-04-25 15.06.59.jpg




2015-04-25 16.00.18.jpg



 小庇屋根にも。


2015-04-25 16.45.57.jpg




 既存との界壁部分は独立した構造とするので、

防水・断熱上でも切り離して防水透湿シートを

貼ります。


2015-04-25 15.07.15.jpg




2015-04-25 16.45.27.jpg




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームG