2015年08月29日

星2夢を運ぶ地中ロケット埋め込み


 8/29 昨日に引き続き、2本目のジオパイプを

地下水対策として赤土を混ぜながら埋め込みます。

 
DSCF0218.JPG



DSCF0220.JPG



 昨日掘った穴に一旦赤土を埋戻し、

難航した地下水や砂の崩壊を留めて

改めて掘削し直します。


DSCF0222.JPG



 そして、ゆっくり挿入していきます。


DSCF0226.JPG



 無事、2本目も埋め込み隙間を転圧していきます。


DSCF0227.JPG



DSCF0229.JPG



2015-08-29 17.19.19.jpg






 8/28 本日より、ジオパイプの埋め込みを

開始します!


DSC01017.JPG



 まずは、通常の基礎工事より深い機械室の床掘を

した後、パイプの埋め込み位置の掘削をします。


DSC01018.JPG



 掘削後はジオパイプを吊上げて、ゆっくり

と下ろしていきます。


DSC01027.JPG



DSC01030.JPG



DSC01035.JPG



 基準の高さまで正確に埋め込みますよ!


DSC01049.JPG



 基準の高さでパイプが動かないよう固定し、

砂とセメントを混ぜながら隙間にしっかり充填します。


DSC01056.JPG



 これで1本目完了☆


DSC01062.JPG



 地下水の影響で、4m深の砂が崩れるため、

2本目は明日、赤土を準備して行います。





 8/26 山口県より、ジオパワーシステムの要!!

長さ5mのジオパイプ2本が到着しました☆


2015-08-26 08.32.14.jpg



2015-08-26 08.32.41.jpg



 地中の熱を室内に毎日送り届けてくれる役目を果たします☆



2015年08月27日

星2地縄〜地鎮祭〜地盤改良



 8/27 改良工事2日目。

 無事44本全ての柱状改良工事が完了しました!


2015-08-27 08.40.08.jpg



2015-08-27 08.46.36.jpg



2015-08-27 16.41.59.jpg





 8/26 本日より地盤改良工事を開始します!


2015-08-26 11.19.21.jpg



 地盤調査データを基に、必要な地耐力を計算して、

耐力壁の真下部分に直径50センチの特殊な柱状体を44本

打ち固めます。


2015-08-26 15.49.04.jpg



2015-08-26 15.51.03.jpg



 柱状の天端に基礎コンクリートが正確に乗るよう

丁張りを基準に、天端を均します。


2015-08-26 15.46.04.jpg



2015-08-26 15.45.29.jpg






 8/22 来週からの、地盤改良工事・基礎工事に

備えて、建物の正確な位置や高さを墨出しします。=丁張り

5mのジオパイプを埋め込む位置もこれが基準となりますよ☆


2015-08-22 16.46.26.jpg



2015-08-22 17.07.33.jpg



2015-08-25 08.51.04.jpg





 8/19 猛暑や、にわか雨が心配される中、

快晴とはいきませんでしたが、やや曇っていたおかげで

この時期としては涼しく、無事地鎮祭を執り行うことができました☆



DSC00986.JPG



 今朝、大工さんたちはいつものように山の天然の笹竹を

切って、4方竹とします。


DSC00989.JPG



 工事の安全、無事完成を祈願しまして皆様お神酒で乾杯し、

最後に記念撮影をさせて頂きました☆


 S様の『夢を叶えるお手伝い』をスタッフ・職人一同

責任を持って、心を込めて丁寧にさせて頂きますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します!





 8/17 来週より地盤改良が始まるので、

工事中、ご近所さんや通行人の安全を確保すべく

仮囲いを設けました。


2015-08-17 17.40.47.jpg





 8/4 スウェーデンサウンディング試験という方式で

建物の真下を地盤調査します。


2015-08-04 10.59.28.jpg



2015-08-04 11.30.59.jpg



2015-08-04 11.32.15.jpg



その調査結果を基に、地盤改良工事や基礎工事を

考察していきます。




 8/1 図面上の配置を、現場に記して建物の実際の位置を

施主様に確認して頂きます。



2015-08-01 09.45.54.jpg



 4日は、この建物の真下を正確に地盤調査します。


2015年08月07日

スペード木造躯体工事


 8/7 瑕疵担保保険に係る構造検査を

第三者検査機関である鳥取県住宅検査センター

から受け、パーフェクト☆


2015-08-07 16.15.25.jpg



2015-08-07 16.26.17.jpg



 完成では見えない部分だからこそ!

徹底的にこだわる“骨太住宅”です!



 8/6 サッシは全て取付け完了!

2Fの外側の耐震補強金物もしっかり取付けて

小屋裏の耐震筋交いも留めていきます。


2015-08-06 11.23.02.jpg



2015-08-06 13.37.19.jpg



2015-08-06 12.02.04.jpg



2015-08-06 14.48.50.jpg



2015-08-06 09.18.47.jpg





 8/5 2Fのサッシを引き続き取付けていきます。


2015-08-05 13.24.58.jpg



2015-08-05 13.36.57.jpg



2015-08-05 14.53.31.jpg



2015-08-05 17.13.48.jpg





 8/4 1Fにのサッシや筋交い間柱が完了したので、

外周木部に防腐・防蟻剤(人体に無害)を吹き付けます。


2015-08-04 17.08.09.jpg



 2Fに移り、筋交いや間柱、耐震補強金物を取付けます。


2015-08-04 16.06.12.jpg



2015-08-04 16.52.16.jpg





 8/3 引き続き1Fのサッシを取付けます。


2015-08-03 11.42.38.jpg



2015-08-03 16.44.14.jpg



2015-08-03 14.33.03.jpg



リビング・ダイニングには大開口のハキダシ窓が2ヶ所☆


2015-08-03 14.56.00.jpg



 耐震補強金物もガッチリ固定します!


2015-08-03 13.40.48.jpg






 8/1 1Fのサッシを順に取付けていきます。


2015-08-01 14.18.00.jpg



2015-08-01 15.43.59.jpg



2015-08-01 16.19.00.jpg



2015-08-01 17.18.57.jpg






 7/31 1Fの筋交いや間柱を中心に留めていきます。


2015-07-31 10.49.06.jpg



2015-07-31 13.22.41.jpg



2015-07-31 13.42.01.jpg



 玄関ドアの枠を組みます。


2015-07-31 15.11.36.jpg






 7/30 地震や台風に耐えるための

耐力壁(斜材の筋交い)を設けていきます!


2015-07-30 13.30.57.jpg



2015-07-30 15.36.43.jpg



 地震時、その筋交いがの土台(下)、柱(縦)と

離れないよう、補強金物でしっかり固定します。


2015-07-30 14.40.41.jpg



2015-07-30 16.01.34.jpg



 強風による吹き上げの力で、屋根の軒先が

浮き上がらないよう、125mmの長さの釘留め

に加えて、金物でもしっかり補強します☆


2015-07-30 14.37.44.jpg






 7/27 本日、無事上棟を終えました!

台風12号の影響も懸念されましたが、曇ったことで

真夏の天候としては、体調管理しやすく作業効率が

とても良い環境の下での上棟となりました☆


2015-07-27 08.00.12.jpg



 お神酒や塩などで4隅をお清めした後、

朝礼で社長のあいさつ、施主様のごあいさつで

改めて工事の無事完成、安全を祈願して工事開始です!


2015-07-27 08.01.38.jpg



2015-07-27 08.16.27.jpg



2015-07-27 09.08.26.jpg



 2階の床組です☆


2015-07-27 09.10.50.jpg



 お昼頃には小屋組みまで進めますよ。


2015-07-27 11.13.43.jpg



2015-07-27 13.25.15.jpg



 屋根下地材を打っていきます。


2015-07-27 14.11.33.jpg



 雨がパラついてきましたが、

 防水シート(ゴムアスファルト)を張り

これで屋根の防水機能はOK☆


2015-07-27 15.31.08.jpg



 外壁部分にはいつものようにブルーシートで

仮に覆い、大切な木部の養生もこれでOK☆


2015-07-27 17.16.27-2.jpg



 作業が大幅に捗り、目標の工程まで完了したので、

オールアンカーボルトや1階の筋交い(耐震用斜材)

耐震補強金物を全て取付けました!


2015-07-27 16.46.56.jpg



 全員で現場の清掃をして、最後に記念撮影です(*^^)v


DSC00979.JPG



 岡ア様、朝早くからのご観覧、休憩の冷たいおしぼりや

冷たいジュースにお菓子。お昼の御馳走や、おいしい赤飯の

お土産など、とてもあったかいおもてなしを賜りまして

誠にありがとうございましたm(__)m

お陰様で、工事も安全に!しかも効率よく作業できました!

今後も、一層気を引き締めて!そして真心込めて!

岡ア様邸の工事を進めさせて頂きます!


DSC00982.JPG






 7/24 27日の上棟に備え、通し柱と胴差などを

予め、組んでおきます。

 当日の作業効率を良くするためですよ☆


2015-07-24 08.48.56.jpg




 ご覧の通り!

12センチ角の桧の柱!

 米松の太い梁!など

 骨太構造は、当社自慢の構造です☆

 20年後に差がはっきりわかります。


2015-07-24 09.18.21.jpg



2015-07-24 09.18.56.jpg



2015-07-24 10.10.43.jpg



 最後に木材を雨から、又は紫外線で干割れしないよう

養生シートを被せて27日の晴天を祈ります!




 7/23 土台を含む床組みを組んでいきます。


2015-07-23 08.33.42.jpg



2015-07-23 10.32.55.jpg



2015-07-23 14.05.06.jpg



 床を支える鋼製束を調整しながら水平を出します。


2015-07-23 13.21.44.jpg



 床組の木部全てに防腐・防蟻剤を吹き付けます。


2015-07-23 13.30.24.jpg



 省エネ最高等級仕様の床下断熱を施します。

手前の開口部分には、気密断熱型の床下収納庫が取付け

られるため、そこは空けておきます。


2015-07-23 15.30.00.jpg



 予め作業場で加工した剛床厚床合板を敷き、

しっかり留めていきます。


2015-07-23 15.59.45.jpg



2015-07-23 16.14.48.jpg



2015-07-23 17.07.48.jpg



 27日の上棟までに濡れたり、汚れたりしないよう

必ず!養生シートを貼っておきますよ☆


2015-07-23 17.40.23.jpg






 7/22 木材が搬入されて、ひのきの土台を

据えていきます


2015-07-22 14.18.57.jpg



 基礎と土台を固定するために、立上りコンクリートに

埋め込んでおいたアンカーボルトの位置を土台に写します。


2015-07-22 14.56.58.jpg



 その位置にドリルで穴をあけます。


2015-07-22 14.49.23.jpg



2015-07-22 16.26.50.jpg



 土台の耐久性向上と床下換気のための

通気パッキンをコンクリートに留めていきます。


2015-07-22 15.54.30.jpg





 7/18 現場では土台を据えていく前の工程として、

予め、基礎コンクリート内に通しておいた給水配管を

ヘッダーで分岐し、キッチンやお風呂、洗面、トイレへ

固定して留めて行きます。


2015-07-18 11.19.50.jpg



2015-07-18 11.41.11.jpg





 7/14 厚床合板加工の続きをします。


2015-07-14 09.58.38.jpg




 7/13 根太レス剛床工法の床下地となる厚床合板を

図面に沿って墨付け・加工していきます。


2015-07-13 14.01.15.jpg



2015-07-13 17.29.04.jpg






 7/11 基礎の立上りの天端に計画図面の芯墨を

出していきます。土台を据えるための目印で、

建物の水平・垂直に大きく関わる重要な作業の一つですよ☆


2015-07-11 14.59.07.jpg




2015-07-11 15.04.55.jpg