2015年12月22日

リフォームR〜浴室・洗面・トイレ改修


 12/22 2Fのトイレの内装が終わり、

便器などの機器や、換気扇などを取付けます。


2015-12-22 14.55.20.jpg



2015-12-22 14.55.04.jpg



 サッシの取替えも全部で4カ所なので

引き続き、外壁を補修します。


2015-12-22 13.31.25.jpg






 12/21 以前のサッシは、換気の役割もあって

大きい窓でしたが、冬季はとても寒くプライバシーを

確保できないということで、換気扇を新たに取付け

小さめの複合樹脂サッシのペアガラス仕様に取り替えたことで

これらの不便さを解消しました☆

 そのサッシが小さくなった部分には既存の外壁デザイン

に合わせて、コストを抑えた仕様の焼杉板を張っていきます。


2015-12-21 15.30.42.jpg



2015-12-21 15.53.06.jpg







 12/17 2Fのトイレもいよいよ内装仕上げ工事に

入りました。耐水ボードのジョイントやビス穴の

パテ処理から始めます。


2015-12-17 13.36.18.jpg






 12/16 断熱性能の高い複合樹脂サッシに

取り替えて、断熱材を取付けます。


2015-12-16 12.08.11.jpg



2015-12-16 11.43.11.jpg



2015-12-16 18.37.29.jpg



 湿気に強い耐水ボードを天井と壁に張っていきます。


2015-12-16 18.40.52.jpg



2015-12-16 19.05.18.jpg






 12/15 2Fトイレの床にも、1F同様に

防水性が高くお掃除ラクラクのクッションフロアで

仕上げるため、耐水コンパネで新たに床下地を

張っていきます。


2015-12-15 16.01.02.jpg






 12/11 2Fトイレの解体が完了したので、

新設する便器(節水型ウォシュレット)の規格に

合わせて配管をし直します。


2015-12-11 10.44.37.jpg



2015-12-11 12.05.56.jpg






 12/10 新たに機能がアップした洗面台を

組み立てて取付けます。


2015-12-10 09.29.07.jpg



 段差があった敷居を取り除いて、バリアフリーと

したので、建具も耐水性の高い建具を取付けます。


2015-12-10 16.53.20.jpg



 脱衣室は開きのドアで、開く際トイレのドアと干渉して

おりましたが、引き戸に変更してより使いやすい設計にしました。


2015-12-10 18.03.05.jpg



 脱衣室と1Fトイレは完成で〜す☆


 【Before】


2015-11-19 09.06.02.jpg



  ↓↓↓
 【After】

2015-12-10 18.01.53.jpg



2015-12-10 18.03.40.jpg



2015-12-10 18.02.42.jpg



 【Before】


1Fトイレ.jpg



 ↓↓↓

 【After】


2015-12-10 16.51.55.jpg



 紙巻器の上のカウンターは立ち上がる際、肘や

手を置けてとても楽ですよ☆


2015-12-10 16.51.37.jpg



 床は防水性が高くラクラク拭き掃除ができる!

クッションフロア。柄も施主様のお好みです☆


2015-12-10 18.21.15.jpg



 窓の上には、トイレットペーパーをストックしておけます。


 1Fのトイレが使えるようになったので

お次は2Fのトイレの工事に取り掛かります。


2015-12-10 17.21.50.jpg



 お掃除しにくいタイル床やタイル壁を解体していきます。


2015-12-10 13.35.01.jpg



2015-12-10 14.24.52.jpg







 12/9 洗濯機の上と横のスペースを有効利用されたい

とのことで、造り付けのキャビネットに引出しや

収納されたい物によって高さが自由に調整できる可動棚を

設けます。


2015-12-09 15.59.53.jpg



 脱衣室には湿気がこもりやすいので、木部には

自然塗料を塗り、換気扇なども新設します。


2015-12-10 14.26.38.jpg





 12/8 1Fトイレの壁紙・床のクッションフロア貼りが

完了したので、器具を取付けていきます。


2015-12-08 13.58.54.jpg



2015-12-08 14.45.10.jpg



 脱衣室の壁紙も貼り進めます。


2015-12-08 14.01.13.jpg





 12/7 1Fトイレの壁紙を貼っていきます。


2015-12-07 10.56.15.jpg



2015-12-07 13.49.50.jpg






 12/5 1Fトイレの大工工事は完了したので、

内装仕上げ工事のパテ処理を開始しました。


2015-12-05 15.53.25.jpg



 床には、完全防水のクッションフロアを貼っていきます。


2015-12-05 15.50.14.jpg






 12/4 脱衣室には施主様のご要望の寸法で

着替えやタオル、ご家族それぞれのシャンプーなどの

ストックをスッキリ収納できる、大工さん手造りの

キャビネットを加工組立ていきます。

小物も一目瞭然の引出しも6段付きますよ☆


2015-12-04 16.59.35.jpg



2015-12-04 17.26.22.jpg







 トイレの下地板に耐水ボードを

張っていきます。


2015-12-04 16.49.41.jpg



 古くなった天井も新たに湿気に強い耐水ボードを

張って廻縁を取付けます。


2015-12-04 19.03.30.jpg






 12/3 1Fトイレの窓も小さくしたので、

間には断熱材をはめ込んで壁下地に取り掛かります。


2015-12-03 13.06.07.jpg



2015-12-03 13.09.00.jpg



 新しいトイレには、手すりなどを取付けた

ユニバーサルデザインとするため、ビスで

固定できる位置に、予め下地板を打ち留めます。


2015-12-03 13.08.32.jpg





 12/2 トイレの床下の根太も桧材でやりかえ、

防蟻剤を塗った後、断熱して耐水コンパネ下地を

張ります。


2015-12-02 13.44.56.jpg



2015-12-02 14.23.45.jpg



 窓も小さく断熱効果の高い複合樹脂サッシへ

変更します。


2015-12-02 14.14.13.jpg







 12/1 脱衣室の壁下地を進めていきます。


2015-12-01 10.24.16.jpg



2015-12-01 10.55.08.jpg



 防湿・防カビ仕様の機能性壁紙で仕上げますが、

もちろん下地は耐水”石膏ボード(黄緑)です☆


2015-12-01 17.03.13.jpg






 11/30 ユニットバスの入口枠には加工した無垢材を

取付けます。


2015-11-30 10.49.21.jpg



 脱衣室には、留守中でも換気できるように!

断熱性能が高い複合樹脂サッシ(空気層15oペアガラス)を

取付けますよ☆


2015-11-30 11.21.02.jpg



 洗面台の横に隙間があり、埃が溜まって掃除も

しにくかったので、柱が見えていた真壁を

スッキリとした大壁にしていきます。


2015-11-30 14.25.18.jpg






 11/27 脱衣室の床下も断熱材が入っていなかったので

下地を補強して、断熱材を取付け耐水コンパネを張ります。


2015-11-27 15.51.31.jpg



2015-11-27 15.58.07.jpg






 11/26 いよいよ、ユニットバスが組み立てられ

新しいお風呂へと生まれ変わりました。


2015-11-26 09.08.36.jpg



2015-11-27 11.38.01.jpg



2015-11-27 11.59.43.jpg






 11/25 追い炊き可能な浴槽用の循環パイプも配管

しておきます。


2015-11-25 11.59.40.jpg



 サッシを取替えたことで壁となった部分には

少しでもお風呂で温まれるように断熱材を取付けます。


2015-11-25 12.08.13.jpg



 1Fトイレ内も、新設する便器の規格に合わせて

配管し直します。


2015-11-25 11.45.46.jpg






 11/24 ユニットバスを設置するスペースに

打設した土間のコンクリートが硬化したので、

腐食した土台を交換します。


2015-11-24 13.18.29.jpg



 シロアリに強い桧にさらに、防虫・防蟻剤を注入した

土台を据え付けます。


2015-11-24 13.39.08.jpg



2015-11-24 16.55.03.jpg



2015-11-24 16.55.26.jpg



 以前はお風呂に大きな窓が付けられていましたが、

プライバシー確保、防犯のために最小限の換気できる窓と

します。


2015-11-24 17.10.12.jpg



 サッシの色は、内側をユニットバスのデザインに合わせホワイト、

外側は、既存のサッシに合わせてブラウンとしました。

もちろん、断熱性能の高い複合樹脂サッシです☆


2015-11-24 16.53.09.jpg







 11/21 新設するユニットバスの規格に合わせて

給排水のやり替えをした後、砕石を入れて転圧します。


2015-11-21 12.20.23.jpg






 11/20 お風呂に続き、トイレの壁タイルや

床タイルを解体していきます。


2015-11-20 10.19.39.jpg



2015-11-20 16.09.27.jpg






 11/19 築約20年、経年劣化したお風呂や洗面台、

トイレを改装し、機器や内装のデザイン性・機能性を

向上させて、使い勝手良く!快適な空間に生まれ変わりますよ!


DSC_0848.jpg



1Fトイレ.jpg



2Fトイレ改修.jpg



洗面台左の隙間にはフリー板を付けて!ゴミ入る!=!!アウトセット縦枠⇔奥壁まで.jpg



2015-11-19 09.06.02.jpg



 本日より、浴室の解体工事を始めます。


2015-11-19 10.08.26.jpg



2015-11-19 14.49.46.jpg



2015-11-19 15.08.30.jpg



 解体してみると、土台の腐れが発覚!

浴室の窓下の土台。


2015-11-19 15.07.41.jpg



 トイレとの間仕切り壁の土台。


2015-11-19 15.07.34.jpg



 脱衣室との間仕切り壁の土台。


2015-11-19 15.07.48.jpg



 土台の本来の機能が損なわれています。


 水廻りからの漏水や結露、雨漏りなどが原因で腐食が

著しく進行していました。

放っておくと、木造躯体自体の強度が損なわれて

地震時の半壊・倒壊の危険も高まります。

施主様と協議・相談して、土台の交換をすることと

なりました。

シロアリ被害も懸念されましたが、専門業者による

無料点検の結果、幸いなことにシロアリは中までは入って

いませんでした。




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームR

2015年12月09日

太陽基礎工事〜ver.『地熱の家』


 12/9 ぐり石層に蓋をしていきます。

2015-12-09 08.41.14.jpg



2015-12-09 15.05.39.jpg



2015-12-09 15.11.12.jpg



 車庫の土間には、べた基礎の土間コンの上に、

勾配を確保して新たにコンクリートを打設して

将来クラックが入らないよう左官さんが金コテで

しっかり抑えていきます。


2015-12-09 08.40.43.jpg



2015-12-09 09.47.29.jpg



 エコキュートのタンク設置部分も

砕石転圧後、コンクリート打設します。


2015-12-09 09.22.11.jpg






 12/8 ジオパワーシステム特有のぐり石層を

設けていきます。地中で熱交換・浄化した空気を

蓄熱させながら室内へ送り込むシステムです。


2015-12-08 11.47.21.jpg



2015-12-08 11.50.50.jpg



2015-12-08 13.18.57.jpg



2015-12-08 13.32.36.jpg








 12/4 基礎断熱とネトロンパイプの配管を

完成させます。


2015-12-04 15.50.26.jpg



2015-12-04 15.50.34.jpg



2015-12-04 15.51.32.jpg






 12/3 ジオパワーシステムの蓄熱層となる

ぐり石層には熱交換された空気が外気に影響を

受けないよう断熱材で遮断します。


2015-12-03 11.10.21.jpg



2015-12-03 13.49.00.jpg



 空気の通り道を特殊なネトロンパイプを用いて

床下からの吹出し口の位置まで誘導します。


2015-12-03 10.40.39.jpg



2015-12-03 11.01.29.jpg



 



 12/2 基礎工事の基準としていた丁張りは役割を

終えたので、解体して周囲を整地します。


2015-12-02 09.52.41.jpg



 玄関などの土間が高いところに砕石を入れて

増し打ちします。


2015-12-02 11.08.36.jpg






 12/1 立上りコンクリートも約一週間の養生期間を終え

硬化したので、型枠を取り外します。


2015-12-01 16.27.23.jpg



2015-12-01 16.31.01.jpg






 11/24 立上りコンクリートを打設していきます。


2015-11-24 09.42.29.jpg



 耐力壁の部分には、柱と基礎の引き抜きを抑える

長さ70pのホールアンカーを適所に埋め込みます。


2015-11-24 10.40.48.jpg



2015-11-24 12.06.38.jpg






 11/21 ジオパワーシステムにおける熱交換された

空気の通り道を確保するため、基礎立上り部分の所定の

箇所にスリーブを予め取付けます。


2015-11-21 09.22.05.jpg



 ジオパイプが埋め込まれている機械室は、メンテナンス

しやすいよう、通常の基礎高より深く掘り下げているので、

外部の雨水が機械室に浸み出ないよう土間コンと立上りコン

のジョイント部分に専用の防水材でブロックします!


2015-11-21 09.07.46.jpg



 立上りの型枠を組み立てていきます。


2015-11-21 09.22.43.jpg



2015-11-21 13.24.21.jpg



2015-11-21 14.05.06.jpg






 11/20 天候も回復したので、土間コンクリートを

打設していきます!


2015-11-20 08.52.35.jpg



2015-11-20 09.01.22.jpg



2015-11-20 11.44.52.jpg



2015-11-20 12.24.01.jpg



2015-11-20 12.24.22.jpg







 11/17 配筋が完了して、コンクリートを打設する前に

必ず!瑕疵担保責任保険に係る施工基準を上回る

強度の当社仕様(配筋ピッチ)第三者機関である

鳥取県建築検査センターの厳しい配筋検査を受け、無事合格しました!


2015-11-17 16.12.07.jpg



2015-11-17 16.16.49.jpg






 11/14 外周のダブル配筋をD13Φのベース筋で200mmの

間隔で密に配筋していきます。この鉄筋の径と間隔が基礎の

強度を左右する言っても過言ではありませんよ!


2015-11-14 13.20.50.jpg



2015-11-14 13.41.33.jpg



2015-11-14 13.43.11.jpg






 11/13 建物の外周にはダブル配筋で補強していきます!


2015-11-13 13.56.55.jpg



2015-11-13 09.28.52.jpg



2015-11-13 10.31.49.jpg



2015-11-13 13.45.29.jpg





 11/9 シロアリ防蟻剤を土壌処理として、

転圧した砕石に散布します。


2015-11-09 10.51.52.jpg



2015-11-09 10.52.04.jpg



 土壌の湿気を建物内に入れないよう防湿シートを

隙間なく敷き詰めます。


2015-11-09 11.02.16.jpg



 地鎮祭でお預かりしていました鎮め物”を

埋めて工事の無事完成を祈ります。


2015-11-09 10.56.04.jpg



2015-11-09 11.34.16.jpg



2015-11-09 11.46.56.jpg



 外周には捨てコンクリートを水平に打設します。


2015-11-09 11.34.56.jpg



2015-11-09 12.03.22.jpg






 11/7 本日より、基礎工事を開始します。

まずは、丁張を基準に鋤取りを始めます。


2015-11-07 08.20.39.jpg



 予め、水廻りの設置位置に排水の配管を通しておきます。


2015-11-07 08.43.26.jpg



 砕石を均していきます。


2015-11-07 11.03.36.jpg



2015-11-07 11.31.00.jpg






2015年12月07日

サーフィン解体工事


 12/7 綺麗な真砂土を表面に敷いて整地します。


2015-12-07 14.39.51.jpg



2015-12-07 14.40.38.jpg



 これで解体工事は完了しました☆







 12/5 廃材を撤去しながら、新築予定位置の残土も

鋤取り処分します。


2015-12-05 16.26.49.jpg



2015-12-05 16.36.47.jpg






 12/4 引き続き、解体した廃材を撤去・運搬します。


2015-12-04 16.25.28.jpg



2015-12-04 16.25.59.jpg






 12/3 既存建物の木造躯体(骨組み)を切り離して

重機で慎重に崩していきます。


2015-12-03 09.57.55.jpg



2015-12-03 10.00.10.jpg



 廃材を運搬撤去していきます。


2015-12-03 10.26.58.jpg







 12/2 屋根に葺かれていた和瓦を下ろしました。


2015-12-02 11.46.12.jpg



2015-12-02 12.54.02.jpg






 11/30 本日より、新たに増田様ご家族を見守るお家を

新築するため、永年お世話になりましたお家の一部を解体していきます。


2015-11-28 16.53.42.jpg



 不要となった家具等を処分し、アルミサッシや

畳を分別していきます。産業廃棄物も既に材質ごとに

分別する時代となっています!


2015-11-30 11.46.45.jpg



2015-11-30 11.47.26.jpg



2015-11-30 11.49.19.jpg