2016年01月29日

太陽躯体工事


 1/29 明日からの構造見学会に備えて

一斉清掃、展示準備に取り掛かります。


2016-01-29 16.06.00.jpg



2016-01-29 15.22.48.jpg






 1/28 引き続き、屋根裏の吹付け断熱下地を進めます。


2016-01-28 13.30.16.jpg



2016-01-28 12.00.03.jpg






 1/27 屋根裏の吹付け断熱下地を進めます。


2016-01-27 14.44.48.jpg



 屋根裏の耐震補強(雲筋交い)材も取付けます!


2016-01-27 16.51.33.jpg



 住宅検査センターより完成では隠れてしまう

構造部分の検査を受けて、無事合格☆


2016-01-27 16.33.05.jpg



2016-01-27 16.33.46.jpg






 1/26  車庫の開口には軽量アルミ製オーバースライディング

電動シャッターを取付けるので、米松の梁(受け材)

を所定の位置に組みます。


無題.png




2016-01-26 16.20.09.jpg






 1/25 車庫の開口には軽量アルミ製オーバースライディング

電動シャッターを取付けるので、その下枠を組みます。


2016-01-25 14.32.01.jpg






 1/23 昨日棟梁が仕上げた、高級赤杉の鴨居を

無節の桧柱に合わせて、加工し取付けます。


2016-01-23 14.04.58.jpg



2016-01-23 16.11.45.jpg



2016-01-23 16.12.02.jpg



 地袋・天袋の間にも窓を設けます☆


2016-01-23 14.30.12.jpg



 桁と柱を結ぶ耐震補強金物です。


2016-01-23 16.25.16.jpg



 今日は土曜日ということもあり、10時と3時の休憩に

施主様からお茶とお菓子をいただきました☆

現場の中も入って見られ、太い骨組みの構造に

関心しておられましたよ☆


10.png







 1/22 本格和室のハキダシサッシには、通常の杉材の

数倍も高価な吉野の赤杉を使用します☆

最高級木材を棟梁のカンナ技で仕上げます☆


2016-01-22 16.17.18.jpg



2016-01-22 16.16.46.jpg



 車庫とをつなぐ片引きサッシを取付けます。


2016-01-22 10.31.20.jpg



 サッシを取付けた箇所から空気層15oのペアガラスを

嵌めていきます☆


2016-01-22 13.49.19.jpg



 上棟日からお家を雨風から凌いできたブルーシートは

ここで役割を終えて、透湿防水シートと交代します!

その前に、外周木材には人体無害のシロアリ防蟻剤を

吹付けておきます☆


2016-01-22 14.00.38.jpg



2016-01-22 14.00.47.jpg



2016-01-22 14.50.07.jpg



 ジオパワーシステムの標準仕様では、

屋根裏が発泡ウレタン吹付け断熱となります☆

屋根材からの直接的熱伝導を防ぐために

シートをタルキ(屋根を支える木材)間に貼ることで

空気層を設け断熱効果を高めておきます☆


2016-01-22 13.29.18.jpg



2016-01-22 16.14.12.jpg



 耐震金物も同時に取付け確認します。


2016-01-22 16.59.23.jpg








 1/21 引き続き、複合樹脂サッシを取付けていきます。


2016-01-21 11.12.46.jpg



2016-01-21 14.27.20.jpg



 間仕切り壁や耐震補強金物も並行します。


2016-01-21 16.15.21.jpg



2016-01-21 17.28.12.jpg



2016-01-21 16.16.21.jpg







 1/20 引き続き、複合樹脂サッシを取付けていきます。


2016-01-20 16.47.36.jpg



 吹抜にも大きな明るい窓を!!


2016-01-20 16.50.19.jpg



 間仕切り壁に間柱を取付けていきます。


2016-01-20 16.49.17.jpg







 1/19 引き続き、複合樹脂サッシを取付けていきます。


2016-01-19 11.12.16.jpg



2016-01-19 16.49.44.jpg



 耐震補強金物も取付けます☆


2016-01-19 17.04.47.jpg






 1/18 引き続き、複合樹脂サッシを取付けていきます。


2016-01-18 11.43.19.jpg



2016-01-18 15.57.33.jpg



2016-01-18 16.18.25.jpg






 1/16 引き続き、筋交いや間柱、サッシを取付けていきます。


2016-01-16 16.41.03.jpg



2016-01-16 11.44.17.jpg



2016-01-16 14.55.35.jpg






 1/15 引き続き、筋交いや間柱を取付けていきます。


2016-01-15 10.41.45.jpg



2016-01-15 16.05.46.jpg



2016-01-15 17.10.32.jpg



 並行して複合樹脂サッシも取付けていきます。


2016-01-15 17.23.19.jpg






 1/14 少し現場を離れておりましたが

今日から本格的に工事を進めていきます。

耐力壁の斜材=筋交いの端部には耐震金物で

しっかり補強します☆


2016-01-14 11.25.17.jpg



2016-01-14 11.32.25.jpg






 12/25 引き続き、筋交いと間柱をカットして

取付けていきます。


2015-12-25 11.02.11.jpg



2015-12-25 13.22.11.jpg



2015-12-25 13.30.05.jpg







 12/24 耐力壁となる筋交いを建物のバランスを

計算した所定に位置で寸法カットし、取付けていきます。


2015-12-24 15.46.13.jpg



2015-12-24 14.26.52.jpg



2015-12-24 15.55.57.jpg



 地震の揺れで、木造躯体の柱と基礎コンクリートが

引き抜かれないよう、予め基礎の立上がりに埋められた

長さ70cmのホールアンカーボルトを柱に固定していきます。


2015-12-24 15.51.29.jpg



2015-12-24 15.53.54.jpg



2015-12-24 15.55.02.jpg






 12/22 屋根の鼻隠しや破風板の下地板を取付けて

外壁には雨水が吹き込まないよう、ブルーシートで

養生します。


2015-12-22 11.57.27.jpg



2015-12-22 12.01.06.jpg



2015-12-22 12.36.59.jpg



2015-12-22 17.22.46.jpg






 12/21 屋根下地の最後、パラペット屋根に取り掛かります。


2015-12-21 11.22.05.jpg



2015-12-21 16.34.24.jpg



 箱樋の下地も取付けて、ゴムアスファルトルーフィングで

下地からしっかり防水します。


2015-12-21 16.53.40.jpg



2015-12-21 17.07.05.jpg



2015-12-21 17.12.28.jpg








 12/20 日曜ですが、明日からまた天気が崩れるので

昨日に引き続き、屋根下地まで作業を進めます。


2015-12-20 11.47.52.jpg



2015-12-20 13.33.15.jpg



2015-12-20 14.33.54.jpg



 大山の雪化粧もとってもキレイです☆


DSC04448.JPG



DSC04436.JPG



DSC04442.JPG



DSC04444.JPG



 大屋根の防水下地(ゴムアスファルトルーフィング)

を貼っていきます。


2015-12-20 16.13.46.jpg



2015-12-20 16.54.10.jpg



2015-12-20 17.14.59.jpg








 12/19 本日は、少し小雨がぱらつきましたが

予定通り、上棟を行いました。

 朝礼で社長のあいさつの後、施主様より一言頂戴しまして

工事の無事完成を祈ってお神酒で乾杯します。


2015-12-19 08.09.58.jpg



 作業開始!


2015-12-19 08.44.38.jpg



2015-12-19 09.37.18.jpg



2015-12-19 10.22.26.jpg



2015-12-19 14.07.12.jpg



2015-12-19 14.59.08.jpg



CIMG1792.JPG



 こだわりの骨太構造!!


CIMG1815.JPG



CIMG1822.JPG



 建物の面積が80坪以上と大きいため

本日の作業では、目標の屋根の防水下地まで

いきませんでしたので、天気の良い明日も

作業を続けることとしました。





 12/18 明日の上棟に備えて、先行足場を組みます。


2015-12-18 12.01.55.jpg



2015-12-18 12.02.18.jpg






 12/17 剛床工法における28mm厚の合板下地を

張っていきます。


2015-12-17 11.53.15.jpg



2015-12-17 13.08.33.jpg



 ウェリーハウスの構造へのこだわり!!

一回り二回りも太い梁たちも現場へ到着しました☆


2015-12-17 12.03.36.jpg






 12/16 土壌処理に続き土台や大引きなど、

床下の木部全てに、人体無害の防蟻・防腐剤を

吹付けます。


2015-12-16 07.34.12.jpg



2015-12-16 07.44.04.jpg



床組みを支える鋼製束を取付けて水平に

調整していきます。


2015-12-16 13.32.48.jpg



 床下は気密をとっているので、調湿・防蟻・防腐・防カビ

のためにセラミック炭を敷き詰めます。


2015-12-16 13.47.25.jpg







 12/15 ジオパワーシステムの蓄熱用ぐり石層”と

5mの深さのジオパイプが埋められている機械室など

が外気によって温熱ロスが出ないよう、土台の下には

気密パッキン(気流を断つ)を使用します。


2015-12-15 10.46.07.jpg



2015-12-15 10.46.33.jpg



2015-12-15 10.52.28.jpg




 ボルトの位置の穴あけ加工をして、

土台を組みます。


2015-12-15 10.52.09.jpg



2015-12-15 10.53.05.jpg



2015-12-15 11.25.50.jpg



 土台の角度や位置をしっかり合わせたら

大引きなど床組みを水平を合わせて組んでいきます。


2015-12-15 13.35.50.jpg



2015-12-15 16.56.51.jpg







 12/14 構造躯体の木材を現場へ搬入します。


2015-12-14 14.35.44.jpg




 基礎コンクリートの天端に、

建物の垂直などの位置を出します。



2015-12-14 13.18.29.jpg



 その墨に合わせて土台にボルトの印を付け

穴あけします。


2015-12-14 15.21.01.jpg



2015-12-14 15.23.29.jpg



2015-12-14 16.31.38.jpg




 剛床工法の28mm厚合板を

予め作業場で墨付け、カットしていきます。


2015-12-14 09.17.55.jpg