2016年02月29日

サーフィン 躯体工事


 2/29 引き続き、小屋裏の吹き付け断熱下地を進めます。






 2/27 引き続き、小屋裏の吹き付け断熱下地を進めます。


2016-02-27 16.01.46.jpg



 屋根材から伝わる外気の熱が断熱材へ直接伝わること

防ぐため、タルキ間に空気層を設けるための通気シート貼です☆


2016-02-27 17.23.26.jpg







 2/26 複合樹脂サッシを取り付けた後、

厚さ15oの空気層のペアガラスをはめこんでいきます。


2016-02-26 09.56.44.jpg



2016-02-26 14.34.49.jpg



2016-02-26 14.56.41.jpg



2016-02-26 15.04.27.jpg



2016-02-26 16.00.26.jpg



 耐震補強金物もしっかり固定します☆


2016-02-26 14.50.59.jpg



2016-02-26 16.30.19.jpg



 小屋裏の吹き付け断熱下地を進めます。


2016-02-26 16.32.02.jpg



 シロアリ防蟻処理として土壌・床下に続き、最後に

外周の木部に人体無害の高級防蟻剤を吹き付けます☆


2016-02-26 14.08.45.jpg



2016-02-26 14.59.01.jpg








 2/25 引き続き、複合樹脂サッシを取り付けていきます。


2016-02-25 11.40.22.jpg



2016-02-25 16.48.44.jpg







 2/24 耐力壁の筋交いと並行して

複合樹脂サッシを取り付けていきます。


2016-02-24 09.48.45.jpg



2016-02-24 09.51.14.jpg



2016-02-24 13.35.29.jpg



2016-02-24 13.45.50.jpg



2016-02-24 16.16.04.jpg







 2/23 引き続き耐力壁や間柱、耐震補強金物を

しっかり固定していきます☆


2016-02-23 16.03.40.jpg



2016-02-23 17.02.00.jpg



2016-02-23 16.12.58.jpg






 2/20 引き続き、筋交いを取付けながら

間柱(120角の柱と柱の間の桟木)も固定していきます!


2016-02-20 13.46.17.jpg



2016-02-20 16.51.19.jpg



2016-02-20 17.14.37.jpg



 地震時に基礎コンクリートと柱が引き抜かれないよう

予め基礎に埋め込んでおいた70cmの長さの

ホールアンカーボルト11本を柱にそれぞれボルト4本で

固定します! 耐力壁を設けた分、耐震に必須ですよ☆


2016-02-20 16.06.42.jpg







 2/19 木造の耐力壁となる部分には

筋交い(斜材)を取付けていきます!


2016-02-19 17.04.28.jpg



 妻壁の間柱も取付けます!


2016-02-19 17.26.46.jpg



 屋根下地を張り終えたら、工事中も雨に濡れないよう

ブルーシートで養生します☆


2016-02-19 17.46.06.jpg



 ひと手間かかりますが、これも重要な工程ですよ☆




 

 2/18 今朝は道路が凍る程の寒さでしたが、

昨日までの天候とは打って変わり、施主様の明るさ

同様に見事な快晴となりました太陽

 まずは、施主様に建物4隅を清めて頂きます☆


2016-02-18 08.00.03.jpg




 朝礼で社長のあいさつの後、施主様より一言頂戴しまして

工事の無事完成を祈ってお神酒で乾杯します。


2016-02-18 08.07.14.jpg



 作業開始!


2016-02-18 08.11.03.jpg



 一回りも二回りも大きい米松の梁を

一本一本丁寧に組み上げていきます!


2016-02-18 08.40.01.jpg



2016-02-18 09.14.32.jpg



 これぞ!こだわりの骨太構造!!


2016-02-18 10.30.06.jpg



2016-02-18 11.41.41.jpg



2016-02-18 13.06.28.jpg



 お昼休みは施主様にあたたかいお味噌汁と

おいしいお弁当を頂きました☆


2016-02-18 12.14.10.jpg



午後の作業も気合いをいれて!


2016-02-18 14.14.36.jpg



 2階の屋根下地が完了したので、

すかさず防水性能の高いゴムアスファルトルーフィングを

貼ります☆


2016-02-18 16.35.45.jpg



2016-02-18 16.49.05.jpg



 1階の大きな屋根には隅木を納めながら下地を

進めましたが、一部は明日へ持ち越すこととなりました。


2016-02-18 17.04.41.jpg



 最後に施主様からあたたかいお言葉を頂戴して

無事上棟の作業工程は完了となりました!

増田様本当にありがとうございました!





 2/17 明日の上棟に備えて下準備を

しておきます!


2016-02-19 08.37.15-1.jpg



2016-02-19 08.37.15.jpg



2016-02-17 16.41.04.jpg









 2/16 気密パッキンを取付けながら

桧の土台を据えていきます。


2016-02-16 09.55.06.jpg



1.png



 床下木部には、シロアリ被害の対策として

人体無害の高級防蟻剤を吹き付けていきます☆


2.png



 床組が完了した後、気密を確保した床下空間の

空気清浄や湿気対策、抗菌のために半永久的効果のある

セラミック炭”を敷き詰めます☆


3.png



 剛床工法の28o合板の実を噛み合わせながら

敷いて固定していきます!


2016-02-16 16.33.22.jpg



2016-02-16 17.07.01.jpg



2016-02-16 17.52.21.jpg



2016-02-16 17.27.16.jpg



 雨や汚れから合板を守るための養生シート(透明)を

敷いてテープでしっかり貼りつけます☆


2016-02-16 18.05.47.jpg








 2/15 真冬の天気に逆戻りしましたが、

予定通り木材を搬入して、桧の土台を据えていきます。


1.png



 ジオパワーシステムでは、基礎コンクリートと

土台の間に使用するパッキンはぐり石層”を保温するので

気密パッキンとします。


2.png



3.png






 2/12 来週からの土台据えの工程に備え

基礎コンクリートの天端に正確な墨を出しておきます。


2016-02-12 16.18.14.jpg



2016-02-12 17.33.58.jpg






 2/6 剛床工法における床下地となる

厚さ28mmの合板を図面に合わせて墨付け

加工していきます。



2016-02-06 08.34.35.jpg