2016年05月25日

四つ葉木造躯体工事


 ※生田様にはお名前・顔写真の掲載について、ご承諾頂いております☆


 5/25 瑕疵担保責任保険の施工基準に適合しているか?

第三者検査機関である鳥取県住宅検査センターにより

完成では隠れてしまう耐力壁・防水措置など構造部分の

厳しいチェック、検査を受けて難なくクリア☆

内装・外装工事に進んでいきます。


2016-05-25 08.38.34.jpg



2016-05-25 08.39.23.jpg



2016-05-25 08.49.40.jpg








 5/24 複合樹脂サッシを全て取付けたので

上棟からお家を濡らさないよう養生していた

ブルーシートを剥がし、防水通気シートを

貼っていきます。


2016-05-24 11.17.33.jpg



2016-05-24 11.18.16.jpg



 外周の耐震補強金物も取付けながら貼ります。


2016-05-24 13.23.14.jpg



2016-05-24 13.13.45.jpg



2016-05-24 18.14.56.jpg



 間仕切り用の間柱も取付けていきます。


2016-05-24 13.53.12.jpg







 5/23 引き続き、2Fも複合樹脂サッシ窓を

取付けていきます☆


2016-05-23 11.25.22.jpg



 土壌、床下に続き、1Fの外周(地盤から1mの高さ)

木部には全て、シロアリ防蟻剤(人体無害の高級品)を

吹付けていきます☆  シロアリが嫌う桧にさらに

防蟻剤を塗るので、鬼に金棒ですね☆


2016-05-23 08.33.14.jpg



2016-05-23 08.45.59.jpg







 5/21 引き続き、複合樹脂サッシ窓を

取付けていきます☆


2016-05-21 08.31.03.jpg



2016-05-21 08.49.31.jpg



2016-05-21 15.39.05.jpg



2016-05-21 15.51.10.jpg






 5/18 引き続き、複合樹脂サッシ窓を

取付けていきます☆


2016-05-18 14.33.42.jpg



2016-05-18 15.56.28.jpg



2016-05-18 16.17.52.jpg






 5/17 引き続き、筋交いと間柱を干渉する部分を欠き取って

間境の壁下地を組んでいきます。


2016-05-17 13.19.34.jpg







 5/16 耐力壁の筋交いは全て完了して間柱や

サッシ窓の下枠を組んでいきます。


2016-05-16 15.00.06.jpg



2016-05-16 16.40.06.jpg



2016-05-16 17.30.59.jpg



2016-05-16 16.40.51.jpg



2016-05-16 16.48.50.jpg







 5/14 引き続き、筋交いを取付けていきます。


2016-05-14 13.28.30.jpg



 その耐力壁は、地震の横揺れによって柱が基礎や

土台から抜けてしまわないよう、基礎コンクリートに

予め埋め込んでおいた長さ70cmのホールアンカーボルトで

しっかり固定します☆☆☆


2016-05-14 13.20.39.jpg



2016-05-14 13.29.40.jpg







 5/13 2Fから筋交い(耐力壁となる斜材)と

間柱(ひのきの柱と柱の間の桟木)を取付けていきます。


2016-05-13 09.06.13.jpg



2016-05-13 17.06.05.jpg






 5/12 とっても良い天気の中、いよいよ上棟の

作業を開始します。予め組んでおいた通し柱などを

おこしていきます!


DSC01450.JPG



 これぞウェリーハウスの骨太構造(上質な米松)☆


DSC01464.JPG



DSC01469.JPG



 2階の床組みの上に厚床28o合板を敷きます。


DSC01466.JPG



DSC01473.JPG



 桧の柱を立てて、桁(けた)や梁(はり)を納めていきます。


DSC01474.JPG



DSC01484.JPG



2016-05-12 09.17.59.jpg



DSC01486.JPG



 束を立てて、母屋(もや)を納めます。


DSC01491.JPG



 施主様に棟木を納めて頂きます☆


DSC01512.JPG



 屋根タルキを打ち付けて洋瓦の下地を進めます。


2016-05-12 13.55.16.jpg



2016-05-12 14.24.47.jpg



2016-05-12 16.00.15.jpg



DSC01534.JPG



DSC01542.JPG



 ゴムアスファルトルーフィングを貼って防水します。


2016-05-12 15.54.04.jpg



 最後に仮設でブルーシートで覆い、

躯体が濡れないよう養生します☆


2016-05-12 16.18.22.jpg



2016-05-12 17.14.29.jpg



 大工職人にとって最も危険な作業が多い上棟の日に

生田様をはじめご家族のみなさまにたくさん

おもてなし頂きまして、お陰様で目標の工程まで

ケガをすることなく、無事完了することができました☆

 本当にありがとうございましたm(__)m





 5/11 明日の上棟に備えて仮設足場を先行して

組み立てます。


2016-05-11 10.55.09.jpg







 5/9 上棟日の作業効率を上げる下準備として、

骨太構造を予め組み立てておきます。


2016-05-09 08.45.17.jpg



2016-05-09 09.36.34.jpg



 木材が濡れないように最後にブルーシートで覆い養生します。


2016-05-09 10.15.27.jpg



 作業場で屋根材を加工します。


2016-05-09 14.20.28.jpg




 


 5/7 土壌処理に続き土台や大引きなど、

床下の木部全てに、人体無害の防蟻・防腐剤を

吹付けます。


2016-05-07 10.27.52.jpg



 床の水平を見ながら、鋼製束を調整して固定します。


2016-05-07 11.05.40.jpg



 床下に給排水配管します。


2016-05-07 11.46.09.jpg



 床下断熱材は三種のポリスチレンフォーム65mm厚を

敷き詰めます。省エネ最高等級☆☆☆仕様です!


2016-05-07 14.03.29.jpg



 予め作業場で加工した厚床合板28o厚を張っていきます。


2016-05-07 14.29.12.jpg



2016-05-07 14.33.55.jpg



 雨に濡らさないようビニールシートで養生します。


2016-05-07 16.43.47.jpg



 さらに、ブルーシートで二重に養生しておきます☆


2016-05-07 17.18.27.jpg







 5/6 お家の骨格となる躯体の木材が現場へ搬入され

その骨太構造の土台から、据えていきます☆


2016-05-06 13.59.52.jpg



 土台はもちろんシロアリや耐久性が強い美作産の桧(ひのき)

120mm(4寸)角を使用します☆


2016-05-06 14.11.36.jpg



2016-05-06 17.25.45.jpg