2017年03月30日

屋根修繕


 2月の大雪被害で、平板瓦の袖瓦が離脱し

谷部の平瓦の割れてしまったため、

修繕していきます。


2017-03-01 16.37.36.jpg



2017-03-01 16.40.53.jpg



2017-03-01 16.40.58.jpg





 3/30 平板瓦の修繕が完了したので

チェック&清掃しました☆


2017-03-30 08.11.53.jpg



2017-03-30 08.12.38.jpg










 3/29 袖瓦を固定するための登り桟木が

建築時にきちんと留められてなかったことも

原因があったので、一旦瓦を取り外して

ビスで留め直します☆


2017-03-29 09.22.32.jpg



2017-03-29 09.36.38.jpg



 割れた瓦を交換して復旧します☆


2017-03-29 10.04.10.jpg












posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 公共工事

家木造躯体工事家


 3/30 小屋裏はタルキ間を空気層とした上で

吹付け断熱するため、通気シートを貼って

板を打ち付けます☆


2017-03-30 11.43.44.jpg



 小屋裏の耐震として雲筋交いを打っていきます☆


2017-03-30 11.46.41.jpg



 外周の柱の端部(仕口)の補強Z金物も

しっかり留めました☆


2017-03-30 09.35.49.jpg



2017-03-30 09.52.56.jpg










 3/29 残りのサッシ窓を取付けた後

外周の木部(地盤面高さ+1m)全てに

人体無害の高級シロアリ防蟻剤!

モクボーペネザーブ”を吹き付けていきます☆


2017-03-29 13.18.34.jpg



2017-03-29 13.21.50.jpg



2017-03-29 12.59.05.jpg



2017-03-29 13.03.44.jpg



 この防蟻剤は地盤特殊シート、床下木部吹付けに

続いて外周木部を処理することで10年保証が付きます☆


2017-03-29 16.55.22.jpg








 3/28 引き続き、複合樹脂サッシを取付けて

いきます。


2017-03-28 11.38.28.jpg



2017-03-28 13.43.54.jpg



2017-03-28 13.50.45.jpg



2017-03-28 14.51.45.jpg



2017-03-28 14.56.42.jpg



2017-03-28 17.40.17.jpg



 空気層15o厚のペアガラス障子を

はめ込んでいきます☆


2017-03-28 13.36.06.jpg



 間仕切り壁にも間柱を立てていきます。


2017-03-28 13.29.14.jpg



 見えなくなる小屋裏もしっかり耐震補強☆


2017-03-28 13.45.55.jpg



2017-03-28 13.46.22.jpg









 3/27 引き続き、複合樹脂サッシを取付けて

いきます。


2017-03-27 11.44.30.jpg



2017-03-27 13.58.42.jpg



2017-03-27 14.58.49.jpg



2017-03-27 16.22.33.jpg



2017-03-27 16.23.57.jpg



2017-03-27 17.25.23.jpg



 耐震補強Z金物を端部に取付けて

間柱も留めていきます☆


2017-03-27 14.17.55.jpg



2017-03-27 14.52.05.jpg



2017-03-27 16.53.10.jpg










 3/25 1Fの複合樹脂サッシも取付けて

いきます☆


2017-03-25 11.10.42.jpg



2017-03-25 13.25.11.jpg



 スマート(ポケットKey)玄関ドアを

水平垂直を正確に取付けます☆


2017-03-25 14.01.48.jpg



2017-03-25 16.14.27.jpg



2017-03-25 16.18.53.jpg



2017-03-25 17.07.27.jpg



 引き続き、1Fの耐震補強金物を取付けます☆


2017-03-25 14.35.28.jpg



2017-03-25 15.56.18.jpg



2017-03-25 11.15.09.jpg









 3/24 引き続き、耐力壁の筋交いと

補強Z金物を取付けていきます☆


2017-03-24 11.14.23.jpg



2017-03-24 13.00.18.jpg



2017-03-24 13.46.54.jpg



 屋根のタルキ材の引き抜きを抑えるための

ひねり金物を留めていきます☆


2017-03-24 14.38.16.jpg



 柱の接合部も補強金物でしっかり固定☆


2017-03-24 16.34.11.jpg



 間柱を取付けていきます。


2017-03-24 13.42.26.jpg



2017-03-24 13.50.43.jpg



 サッシ窓の枠を取付けていきます☆


2017-03-24 16.19.22.jpg









 3/23 上棟の様子は『社長のブログ』を

ご覧ください(^O^)/

 耐震工事の一環で、耐力壁となる

筋交いを取付けて、Z金物で補強します☆


2017-03-23 16.17.22.jpg



2017-03-23 16.17.34.jpg



2017-03-23 11.09.34.jpg



2017-03-23 16.20.26.jpg



 その耐力壁の柱が地震時に引き抜かれない

ようにするため、予め基礎コンクリートに

埋め込んでおいた長さ70cmの

ホールアンカーボルトと柱を緊結します☆


2017-03-23 16.29.38.jpg



2017-03-23 16.34.11.jpg











 3/18 骨太木材を現場へ搬入した後

上棟の準備として120o角の桧の通し柱に

米松の太い胴差を差し込んでおきます☆


2017-03-18 10.16.51.jpg



2017-03-18 11.21.17.jpg



2017-03-18 12.03.44.jpg










 3/17 床組と防蟻工事が完了したので

調湿・防虫・空気浄化の効果が永続する

『セラミック炭』をぐり石層と床下地の

間に敷いて厚床合板28o厚を留め付けていきます☆


2017-03-17 13.26.49.jpg



2017-03-17 14.26.20.jpg



2017-03-17 14.34.13.jpg



2017-03-17 16.07.00.jpg



 上棟後屋根や外壁の防水が完了するまで雨水に

さらさないよう、ビニール床シートで養生します☆


2017-03-17 16.28.36.jpg



2017-03-17 17.10.17.jpg



 さらに、その上にブルーシートで養生しますよ☆


2017-03-17 17.15.53.jpg











 3/16 ボルト位置に穴あけした土台を

基礎パッキンの上に据えていきます。


2017-03-16 11.53.06.jpg



 機械室とぐり石層の間となる部分にも

気密パッキンを取付けます☆


2017-03-16 12.14.36.jpg



2017-03-16 13.12.05.jpg



2017-03-16 13.41.41.jpg



 大引きなどの床組も納めていきます☆


2017-03-16 15.27.12.jpg



 床下となる部分の木材には全て、高級防蟻剤

モクペネザーブを吹付けていきます☆

人体に無害にも関わらず10年保証施工ですよ☆

作業員もマスクなしでOK!


2017-03-16 15.49.07.jpg



2017-03-16 15.57.45.jpg



2017-03-16 17.13.35.jpg



2017-03-16 17.13.38.jpg










 3/15 200年経つに連れ、強度が増していき

シロアリも嫌う桧の土台を据えていきます☆


2017-03-15 13.07.58.jpg



 基礎工事の際に、耐震補強として

予め埋め込んでいたホールアンカーボルトや

基礎と土台を一体化させるアンカーボルトの位置を

土台に印を付けてドリルで穴あけします。


2017-03-15 13.45.20.jpg



2017-03-15 13.47.43.jpg



2017-03-15 14.30.51.jpg



 ジオパワーシステムの場合、

外周の基礎パッキンは一般と違い

『ぐり石層』の保温のため気密パッキンと

しています☆


2017-03-15 16.23.26.jpg










 3/14 作業場では屋根地を支えるタルキや

破風板などの木材を加工して、上棟に備えます。


2017-03-14 09.39.53.jpg










 3/8 引き続き、厚床合板を加工していきます。

ジョイント部分には実(=凹凸)が付いた合板を

当社は惜しむことなく採用しているので、

経年の床の不陸も起きにくく安心ですよ☆


2017-03-08 08.14.32.jpg












 3/7 建物の水平力強化のための剛床工法の要!

厚床合板28o厚(実付)を図面に合わせて墨付け、

加工していきます☆


2017-03-07 09.23.58.jpg



2017-03-07 11.45.47.jpg



2017-03-07 11.46.22.jpg