2018年04月11日

家地盤調査〜基礎工事家


 4/11 コンクリート硬化の養生期間が

経過したので型枠を解体撤去します☆


2018-04-11 09.19.51.jpg














 4/6 立ち上がりの型枠に生コンを

流し込みながら、桧の土台を緊結するための

アンカーボルトを適所に差し込んでいきます☆


2018-04-06 09.13.28.jpg



2018-04-06 09.22.02.jpg



2018-04-06 09.31.45.jpg



2018-04-06 09.42.12.jpg



2018-04-06 10.34.08.jpg













 4/5 立上りの型枠を組んでいきます☆


2018-04-05 14.28.43-2.jpg



2018-04-05 14.31.07.jpg



2018-04-05 14.29.46.jpg



2018-04-05 15.01.50.jpg














 4/4 スラブに150mmの厚さで

生コンを打設していきます☆


2018-04-04 09.03.39.jpg



2018-04-04 09.03.51.jpg



2018-04-04 09.07.51.jpg



 当社では四季の気温差に応じて

コンクリートの強度21”を保持させるために

まだ肌寒いこの時期では24”を採用します☆


2.png



2018-04-04 09.08.39.jpg



2018-04-04 09.28.42.jpg



2018-04-04 09.30.30.jpg



2018-04-04 12.14.31.jpg












 4/3 配筋が完了したので、生コンを打設する前に

第三者機関の住宅検査センターより検査を受けます!


2018-04-03 08.34.46.jpg



2018-04-03 08.36.17.jpg



2018-04-03 08.36.52.jpg



 基礎の強度は鉄筋の径や量、コンクリート強度により

左右されますが、当社の基本は一般施工基準の1.5倍の

鉄筋を使用します☆☆☆


2018-04-03 08.48.32.jpg



2018-04-03 08.49.13.jpg



2018-04-03 08.50.14.jpg



 外周は耐震上負荷が大きくかかる重要な場所

なのでダブル配筋としています☆


2018-04-03 08.49.41.jpg



2018-04-03 08.50.57.jpg



2018-04-03 08.50.14.jpg



2018-04-03 08.50.48.jpg














 4/2 立ち上がりも鉄筋を組んでいきます☆


2018-04-02 11.42.21.jpg



 外周の型枠を組んでいきます☆


2018-04-02 11.48.14.jpg



2018-04-02 11.59.56.jpg



2018-04-02 12.01.35.jpg



2018-04-02 12.03.53.jpg















 3/31 シロアリ対策として

専用防蟻・防湿シートターダミンシート”

を敷き詰めます☆☆☆=土壌からの侵入を

シャットアウト!!


2018-03-31 08.19.44.jpg



2018-03-31 08.23.04.jpg



 配管周りも専用ターダミンテープでしっかり

塞いでおきます☆


2018-03-31 08.23.54.jpg



 外周は異形鉄筋径13mmをダブル配筋とするので

深堀してあります。その部分に捨てコンを

流して水平にしてターダミンシートを

抑えます☆


2018-03-31 08.26.47.jpg



2018-03-31 08.28.37.jpg



2018-03-31 08.45.38.jpg



2018-03-31 09.02.51.jpg



 スラブの鉄筋異形鉄筋径13mmを

200mm間隔で組んでいきます☆☆☆


2018-03-31 16.30.01.jpg



2018-03-31 16.33.56.jpg



2018-03-31 16.35.36.jpg



2018-03-31 16.35.41.jpg



2018-03-31 16.47.23.jpg
















 3/30 基礎工事の鋤取り開始と同時に

屋外の給排水配管工事を進めます☆


2018-03-30 08.54.16.jpg



2018-03-30 11.09.43.jpg



2018-03-30 14.05.53.jpg



 丁張りを基準に、建物内部の鋤取りして

砕石を転圧していきます☆


2018-03-30 08.54.55.jpg



2018-03-30 08.55.39.jpg



2018-03-30 08.57.03.jpg



2018-03-30 14.37.12.jpg



2018-03-30 14.37.47.jpg



2018-03-30 15.06.34.jpg



 地鎮祭でお預かりしていた鎮め物”を

中央に埋めておきます☆


2018-03-30 15.28.38.jpg



2018-03-30 15.28.34.jpg










 





 3/23 基礎コンクリートの真下で

深さ5mの柱状を60本形成して改良補強します☆


2018-03-23 09.27.02.jpg



2018-03-23 09.28.35.jpg



2018-03-23 10.39.20.jpg



2018-03-23 10.57.06.jpg



2018-03-23 11.09.08.jpg
















 3/22 地盤調査の結果、改良が必要と

判定結果が出たため、改良重機を現場に

設置します。


2018-03-22 10.54.37.jpg















 3/20 地盤改良・基礎工事着工に備えて

建物の位置・高さ、壁の芯の基準となる

丁張りを組んでいきます☆


2018-03-20 13.26.18.jpg



2018-03-20 13.46.41.jpg



2018-03-20 13.46.59.jpg




 通例ですが、最後は必ず!社長がミリ単位で

直角や水平を厳しくチェックします☆


2018-03-20 16.47.20.jpg





「基礎工事までの精度が何十年先までも影響する!

構造躯体、特に基礎工事は間違えてやり替えるなんて

ことが出来ない重要な工程だ!」と毎度釘を刺されます。

無事に合格しました☆










 3/10 始めは少し曇ってはおりましたが

徐々に晴れ間が射して、無事にT様邸の

地鎮祭を執り行うことが出来ました!(^^)!


DSC02758.JPG



1.png



 T様ご家族の皆様方には朝早くから

ご準備頂きまた、ご参加下さいまして

誠にありがとうございましたm(__)m













 3/8 地鎮祭を迎える準備として

建物の予定位置に地縄を張っておきます☆


2018-03-08 15.22.51.jpg



2018-03-08 15.34.01.jpg












 3/6 解体工事が完了して整地を終えた後、

地盤が軟弱かどうか?

建築予定の位置において、真下5ヶ所を

地盤調査していきます☆


1.png



2018-03-06 10.21.38.jpg



2018-03-06 10.33.22.jpg