2020年03月18日

星座(うお座)地盤調査〜基礎工事星座(うお座)


 3/18 床下に、給水・給湯配管をしておきます☆


IMG_8153.JPG










 3/16 養生期間を経過したので型枠を

解体していきます☆


IMG_8090.JPG



IMG_8091.JPG



IMG_8100.JPG



 玄関や勝手口の土間を嵩上げする前に

基礎断熱としてポリスチレンフォームV種50mm☆☆☆

を私が予め基礎に固定しておきます☆


IMG_8102.JPG



 図面通りにエコキュートの配管位置を

合わせます☆


IMG_8103.JPG

















 3/11 立ち上がりの型枠に

生コンを流し込んでいきます☆


IMG_8012.JPG



IMG_8011.JPG



 スラブ(土間)同様、この時期のコンクリート強度は

“24”でもクリアなレベルなんですが、

さらに強い!27”を採用します☆☆☆


2.png



 見た目は同じ生コンでも、混合割合やセメントにより

強度や価格は異なりますのでご注意ください!


IMG_8015.JPG



IMG_8017.JPG



 生コン打設と同時に

土台の接手位置や耐力壁の位置に合わせて、

ホールアンカーボルトやアンカーボルトを

私が埋め込みます☆


IMG_8014.JPG



IMG_8018.JPG



IMG_8023.JPG



 硬化養生期間をとります☆


















 3/9 立ち上がりの型枠を組んでいきます☆


IMG_7967.JPG



IMG_7969.JPG



IMG_7970.JPG















 3/6 配筋は完了し、外周の型枠を組んでいきます☆


IMG_7891.JPG



IMG_7894.JPG



IMG_7896.JPG



 生コンを打設する前に必ず!

第三者機関の住宅検査センターより検査を受けます!


IMG_7901.JPG



IMG_7903.JPG



IMG_7904.JPG






 外周は構造耐力上負荷が最もかかる部分となるので

鉄筋を二重にするダブル配筋を基本としています☆


IMG_7906.JPG



 主筋D13mm、ピッチ(間隔)200mmも基本です!


IMG_7905.JPG



IMG_7907.JPG



 配筋検査に合格しましたので☆

スラブに生コンを打設していきます☆


IMG_7913.JPG



IMG_7919.JPG



IMG_7921.JPG



 見た目は同じ生コンでも、混合割合やセメントにより

強度や価格は異なりますのでご注意ください!


1.png



 この時期はコンクリート強度!“24”でも

クリアなレベルなんですが、さらに強い!

27”を採用します☆☆☆


IMG_7922.JPG



IMG_7923.JPG



IMG_7924.JPG



 お家を永年支え続ける基礎の強さは、鉄筋の“”と“”!


加えて生コンの“呼び強度”、そして“職人の腕”によって

差が出ます!


IMG_7932.jpg

















 3/5 引き続き、異形鉄筋13mmΦを

200mmピッチで配筋していきます☆


IMG_7885.JPG



IMG_7884.JPG



IMG_7883.JPG



 当社は一般の施工基準より多く鉄筋を使用し

全棟標準で強度を高くしています☆












 3/4 シロアリ対策として、高耐久!防蟻・防湿シート!

地盤からのシロアリ・湿気の侵入をダブルでシャットアウト!!

高級ターダミンシート”を敷き詰めます☆


IMG_7869.JPG



IMG_7871.JPG



IMG_7872.JPG



IMG_7873.JPG



 外周には水平に生コンを打設して

ターダミンシート”を押さえます☆


IMG_7879.JPG



 スラブに使用する異形鉄筋13mmΦを曲げ加工しながら

200mmピッチで配筋していきます☆


IMG_7881.JPG



 当社は一般の施工基準より多く鉄筋を使用し

強度を高くします☆


IMG_7880.JPG
















 3/3 砕石を均し100mmの厚みまで

しっかり転圧します☆


IMG_7847.JPG



IMG_7849.JPG



IMG_7859.JPG



 地鎮祭でお預かりした鎮め物”を

中心に埋めて、工事の無事完成を祈り清めます☆


IMG_7867.jpg



IMG_7868.JPG



 M様から、心あたたまる直筆のお手紙とお差し入れを

頂き、現場を代表して御礼申し上げますm(__)m


IMG_7870.jpg



 健康管理・安全管理にも一層注意し、

M様邸の現場第一に、チーム一丸真心こめて

造らせて頂きます!

お心遣いありがとうございます(*^▽^*)














 3/2 今日から基礎工事を開始します☆

丁張りを基準に、既定の深さ(地盤改良した柱状の天端)

まで鋤取していきます☆


IMG_7835.JPG



IMG_7840.JPG



IMG_7839.JPG















 2/28 引き続き、屋内・屋外の

給排水・雨水配管を先行していきます☆


IMG_7798.JPG















 2/26 引き続き、宅内にも給水・給湯・排水の

配管を仕込んでいきます☆


IMG_7761.JPG



IMG_7762.JPG















 2/25 基礎工事の前に、丁張りを基準にして

屋内・屋外の給排水・雨水配管を先行していきます☆


IMG_7745.JPG



IMG_7752.JPG



IMG_7753.JPG














 2/21 建物の基盤!!

重要な基礎工事の基準となる丁張りを

水平・直角を正確に組んでいきます☆


IMG_7692.JPG



IMG_7693.JPG



IMG_7694.JPG



IMG_7695.JPG



 最終チェックに訪れた社長と同じタイミングで

施主様もたまたまお立ち寄りくださいました(*^▽^*)


IMG_7696.JPG



 最後は必ず社長がチェックします☆


IMG_7697.JPG



IMG_7698.JPG



IMG_7699.JPG


















 2/20 地盤調査の結果により、地耐力が

軟弱で不安定と判定されたため

柱状改良で支持力を向上させます☆


IMG_7664.JPG



IMG_7669.JPG



IMG_7670.JPG



IMG_7671.JPG



 深さ2.00m、径500mmの柱状が計34本で

建物の自重をしっかり支えます☆


IMG_7672.JPG



IMG_7673.JPG



IMG_7679.JPG














 2/19 昨日までの雪はすっかり融けて、

晴天に恵まれる中、本日めでたくM様邸の地鎮祭を

執り行うことが出来ました!(^^)!


DSC07007.JPG



DSC07008.JPG



DSC07014.JPG



DSC07019.JPG



DSC07022.JPG



DSC07033.JPG



 M様ご家族の皆様方には、朝早くから

ご準備頂きまた、社長とのお打合せも

お付き合い下さいまして

誠にありがとうございましたm(__)m














 2/17 地鎮祭の準備として

建築予定位置に地縄を張っておきます☆


IMG_7628.JPG



IMG_7629.JPG















 2/4 仮囲いを設置して工事の安全を確保し、

建築予定位置の地盤が軟弱かどうか?

建築予定の位置において、真下5ヶ所を

地盤調査していきます☆


IMG_7398.JPG



IMG_7397.JPG



IMG_7400.JPG



IMG_7402.JPG



IMG_7404.JPG