2016年05月23日

サーフィン 外部工事


 【㊟見た目ではわからない重要なお話❣❣】


 下屋根(1階の屋根)はステンレス製鋼板(高耐久塗装)

の縦平葺きとします。

特徴はガルバリウム鋼板(鉄製)に比べると高価な素材ですが、

塩害や錆びに強く、耐久性・耐候性共にはるかに高いものです☆


2016-03-02 09.41.26.jpg



 コストダウンの要素にガルバリウム鋼板(鉄製)が使われる所を

よく目にしますが、見た目は同じようでも20年先に圧倒的な違いが

出ます。この点でも、当社は逆にコストアップになっていますが、

施主様の大切なお家を守るためです♪

 さらには、屋根のデザインとして低勾配が実現できますよ☆



 5/23 増田様はガス会社にご勤務されてますので、

施主様自らガス配管、ガス給湯器取付けをされます☆


2016-05-23 15.00.34.jpg







 5/21 基礎の外周に洗浄した黒い砕石を敷き並べていきます。

雨水のはね返りや雑草を抑え、防犯上にも効果的です☆


2016-05-21 11.00.12.jpg







 5/20 増田様邸はガス給湯器ですので

プロパンガスの置き場に基礎コンクリートを

打設し、モルタルで仕上げます☆


2016-05-20 11.12.33.jpg







 5/19 外周の基礎立上り部分にはモルタル刷毛引きで

キレイに仕上げていきます。


2016-05-19 13.40.53.jpg



2016-05-19 16.19.06.jpg







 5/17 玄関ポーチのタイルを張り、最後にグレー色の

専用目地材を詰めます。


2016-05-17 16.32.53.jpg






 5/16 玄関ポーチのタイルを張っていきます。

増田様と外構とのバランスを協議した結果、

段数を一つ減らして、一段を広くします。


2016-05-16 11.08.19.jpg



 プライベート玄関もタイルを張っていきます。


2016-05-16 12.02.18.jpg







 5/13 基礎の外周の立上り部分はモルタルの刷毛引きで

キレイに仕上げます☆


2016-05-13 11.07.02.jpg






 4/30 屋根外壁に傷や汚れがないか

最終チェックして異常がないので足場を解体します☆


2016-04-30 11.59.05.jpg



2016-04-30 14.09.36.jpg



 屋外の給排水を配管していきます。


2016-04-30 11.27.43.jpg



2016-04-30 11.37.27.jpg



2016-04-30 14.10.40.jpg







 4/16 玄関の正面の壁にはアクセントとして

自然塗装した桧の無垢板を張っていきます☆


2016-04-16 17.12.56.jpg







 4/5 木目柄の軒天を張っていきます。


2016-04-05 09.05.27.jpg



 外壁を張り終えた部分から、サッシ周りに防水コーキング

処理をしていきます。


2016-04-05 14.01.59.jpg







 3/29 引き続き、残りの外壁を張り進めます。

縦張りの場合のジョイント部分にはコーキングではなく

必ずステンレス水切りで防水します☆


2016-03-29 15.56.23.jpg



2016-03-29 15.57.22.jpg








 3/28 玄関ポーチ・勝手口のアクセントに

桧の無節板を張り、自然塗料で仕上げます☆


2016-03-28 17.47.46.jpg







 3/23 引き続きサイディングを縦張りしていきます。


2016-03-23 15.48.09.jpg



 2F部分は屋根のこ勾配に合わせて張っていきます。


2016-03-23 16.44.29.jpg



2016-03-23 17.34.17.jpg







 3/22 引き続きサイディングを縦張りしていきます。


2016-03-22 13.23.40.jpg



2016-03-22 16.11.55.jpg



 縦張りの場合は、材料の長さが約3mなので、

そのジョイントには必ずステンレス水切りを取付けます。

吹き上げの雨水も侵入させないよう水切りの下に

防水コーキングを塗布しておきます☆


2016-03-22 17.29.02.jpg



2016-03-22 17.29.54.jpg







 3/17 引き続き2色のサイディングを縦張りしていきます。


2016-03-17 11.48.05.jpg



2016-03-17 17.03.02.jpg






 3/16 サイディングのスタータ金具を取付けて

縦張り用の外壁を張っていきます。


2016-03-16 13.13.04.jpg



2016-03-16 14.04.57.jpg



2016-03-16 16.18.01.jpg






 3/15 外壁の下地となる胴縁もシロアリ対策の

防蟻処理を行います☆


2016-03-15 11.12.06.jpg



2016-03-15 11.20.06.jpg






 3/9 土台水切りを取付けていきます☆

もちろん、カラーステンレス☆☆☆


2016-03-09 10.52.10.jpg



2016-03-09 10.54.12.jpg




2色のサイディングで張り分けるので、

水切りの色もそれぞれに合わせて取付けますよ!


 3/8 外壁と軒天の下地を組み終えます☆


2016-03-08 09.40.54.jpg



2016-03-08 12.00.23.jpg



2016-03-08 12.02.19.jpg



2016-03-08 14.11.35.jpg



2016-03-08 12.03.17.jpg






 3/7 引き続き、カラーステン(銀黒)を葺いていきます。


2016-03-07 14.57.31.jpg



2016-03-07 14.59.08.jpg






 3/3 引き続き、カラーステン(銀黒)を葺いていきます。


2016-03-03 13.51.41.jpg



2016-03-03 15.55.56.jpg



 軒天下地を続けて進めます。


2016-03-03 13.46.39.jpg



2016-03-03 13.48.56.jpg



 2Fの透湿防水シートも貼っていきます。

雨水が内部へ回らないようサッシの外周に

専用防水テープをしっかり貼付けます☆


2016-03-03 11.01.34.jpg



2016-03-03 13.50.58.jpg



 屋根を葺き終えた部分から、仮設足場を組む前に

屋根材を傷めないよう3重に養生しておきます☆


2016-03-03 10.47.27.jpg








 3/2 カラーステン(銀黒)を葺いていきます。


2016-03-02 09.41.33.jpg



2016-03-02 09.52.00.jpg



2016-03-02 14.22.20.jpg



2016-03-02 14.23.28.jpg




 1F部分の外壁下地を取り付けた

部分から、軒天の下地に取り掛かります。



 
2016-03-02 09.34.15.jpg



2016-03-02 10.59.34.jpg



2016-03-02 13.10.51.jpg



2016-03-02 17.38.30.jpg








 3/1 引き続き、外壁下地を進めていきます。


2016-03-01 10.35.42.jpg



2016-03-01 13.19.05.jpg



2016-03-01 15.59.47.jpg







 2/29 外壁下地に進みます。

増田様はサイディングの縦張りデザインを選択されましたので

横胴縁を打ち付けていきます。


2016-02-29 14.45.12.jpg



 透湿防水シートとサイディングの間が空気層

となりますので、横の胴縁には必ず空気が縦に抜けるよう

通気スペースを空けますよ☆


2016-02-29 15.52.36.jpg







 2/27 すべてのサッシが取り付けられたので、

それまで建物の躯体を雨風から守ってきた養生シート

は役目を終えて、透湿防水シートを貼っていきます!


2016-02-27 14.42.59.jpg



2016-02-27 15.37.12.jpg






 2/22 2Fの平瓦・袖瓦を葺き終え、棟瓦を

乗せる前に黒漆喰を盛り抑えます。


2016-02-22 11.21.17.jpg



2016-02-22 11.40.18.jpg



 2Fの防災平板瓦葺きは完成です☆


2016-02-22 16.19.24.jpg



2016-02-22 16.19.56.jpg







 2/19 1Fの屋根下地もゴムアスファルトルーフィング

を貼って防水処理します。

 東側の下屋根。


2016-02-19 17.08.30.jpg



 北側の下屋根。


2016-02-19 17.06.24.jpg



 西側の下屋根。


2016-02-19 17.06.14.jpg



 2Fの屋根は防災平板瓦を葺いていきます!


2016-02-19 17.10.18.jpg



 ケラバ部分には暴風雨などの悪天候の際でも

雨水をシャットアウトするための水切りを

瓦の下に取付けておきますよ☆


2016-02-19 17.11.13.jpg



 雪ずりを抑えるための雪止め瓦も配置します。


2016-02-19 17.12.01.jpg






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: