2016年11月08日

リボン木造躯体工事リボン


 11/8 床下断熱材ポリスチレンフォーム(第3種)65mm厚を

敷き詰めた後、作業場で加工した剛床工法の厚床合板28o厚を

留め付けていきます。


1.png



2.png



2016-11-08 09.27.23.jpg



2016-11-08 10.49.21.jpg



 厚床合板を雨や汚れから守るよう養生シートを貼ります☆


2016-11-08 10.57.09.jpg



2016-11-08 11.36.33.jpg



 上棟の準備として、予め通し柱などを組んでおきます。


3.png



 当社が誇る骨太構造材を全て現場へ搬入します!


2016-11-08 12.40.57.jpg












 11/7 構造材を現場へ搬入して、美作産桧(ひのき)の

土台を基礎コンクリートに据えていきます☆


2016-11-07 10.51.00.jpg



 基礎コンクリートに固定するアンカーボルトの位置を

桧の土台に映してドリルで穴をあけます。


1.png



 外周には床下換気用に通気パッキンを挟みます。


2016-11-07 11.27.35.jpg



 土台を組んでいきます。


2016-11-07 11.39.18.jpg



2.png



 予め基礎コンクリートに出していた直角の墨に

合わせて、アンカーボルトを締めていきます。


3.png



 土台を据えた後、床組となる大引きや根太を

留め付けていきます。


4.png



 床組が完成すれば、土壌処理に続いて

シロアリ防蟻処理をします。


5.png



 もちろん人体無害のホウ酸系『モクボーペネザーブ』を

標準仕様としています☆


6.png



 床の水平を鋼製束で調整してしっかり固定!


7.png



 床下断熱材ポリスチレンフォーム(第3種)65mm厚を

はめ込んでいきます☆


8.png









 11/4 屋根材のタルキや瓦桟などを作業場で加工します。


2016-11-04 13.16.58.jpg



2016-11-04 15.50.05.jpg



2016-11-05 09.50.33.jpg








 11/1 構造上主要な水平耐力面材としても有効で

1階2階の床下地となる厚床構造用合板28mm厚を

図面に合わせて作業場で加工していきます。


2016-11-01 13.37.39.jpg







 10/31 基礎コンクリートの天端にトランシットで

正確に直角を出した線を墨で印していきます。

建物を垂直に建てるための基本中の基本ですが、

一歩間違えるとその後の工程や傾きに影響してしまう

重要な作業ですよ☆


2016-10-31 13.50.39.jpg



2016-10-31 14.17.17.jpg











リボン倉吉市J様【ギュッと寄り添う!家事楽コンパクトハウス】の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: