2017年02月01日

屋根 棟瓦修繕


 震災により棟瓦がズレてしまっていたため

既存の棟瓦を撤去して、のし瓦を使用しない

防災瓦で新たに葺き替えします☆


2017-01-31 08.28.15.jpg



2017-01-31 08.28.26.jpg



2017-01-31 08.31.14.jpg



2017-01-31 08.29.06.jpg



2017-01-31 08.31.52.jpg



 2/1 新たに棟瓦を被せてステンレス製ビスで

桟木に固定して完了です☆


2017-02-01 12.18.17.jpg



2017-02-01 12.19.01.jpg



2017-02-01 12.20.11.jpg










 1/31 重厚感があった分、その重みが揺れで

仇となったしまった既存の棟瓦やのし瓦、赤土を

撤去して軽量化と同時に、耐震化を増強していきます☆


2017-01-31 13.46.42.jpg



 新たに棟金具を屋根地にビスでしっかり留めて

桟木を取付けます☆


2017-01-31 13.48.09.jpg



 桟木と平瓦の隙間には耐久性・防水性の優れた

シルガードで埋めていきます☆


2017-01-31 13.52.15.jpg



2017-01-31 14.08.58.jpg



 当社で行う近年の新築工事では、防災瓦の基本工法

としております。








 1/18 太陽光発電パネルを一部外す必要があるので

仮設足場を組みます。


2017-01-18 09.52.47.jpg














posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: