2018年11月13日

車(セダン)木造躯体工事車(セダン)


 11/13 引き続き、超高断熱樹脂サッシAPW330の

枠を組んでいきます☆


2018-11-13 16.21.41.jpg



2018-11-13 16.22.40.jpg



2018-11-13 16.26.52.jpg















 11/12 妻壁に間柱を入れていきます☆


2018-11-12 13.21.53.jpg



 スーパー耐力壁面材ハイベストウッド”を

留めていきます☆


2018-11-12 13.27.08.jpg



 防火窓で超高断熱樹脂サッシAPW330の

枠を組んでいきます☆


2018-11-12 15.57.25.jpg



2018-11-12 16.17.46.jpg



2018-11-12 16.19.18.jpg



2018-11-12 15.58.28.jpg



2018-11-12 16.25.04.jpg














 11/10 耐震補強金物を取付けていきます☆


2018-11-10 14.43.22.jpg



2018-11-10 17.01.49.jpg



 間柱を納めていきます☆


2018-11-10 14.53.07.jpg













 11/9 耐力壁面材に加えて、建物の強度バランスを

均衡させるために、筋交い(斜材)を要所に納めていきます☆


2018-11-09 16.15.32.jpg



2018-11-09 16.21.04.jpg
















 11/6 いよいよ上棟日を迎えました!(^^)!

朝はパラパラと小粒の雨が降っていましたが

開始後すぐにやんで良かったです!(^^)!


 お子様が登園する前に、男の子が大好きな

クレーン車の運転席に乗ってもらいます(*^^)v


DSC03417.JPG



 工事の無事完成と安全を祈願して

増田様とご一緒に四隅をお清めします☆


DSC03413.JPG



 朝礼でご挨拶を頂戴して、皆さんで

乾杯します☆


DSC03423.JPG



 作業を開始します!!


DSC03431.JPG



 美作ひのきの太い120mm角の柱を

土台に差し込んでいきます!


DSC03432.JPG



DSC03440.JPG



DSC03443.JPG



 お子様の登園時間となり、ここでしばしお別れ。

社長もお見送り「いってらっしゃーい!」\(^o^)


DSC03442.JPG



 構造材(はりや柱)を一本一本丁寧に

組み上げていきます☆


DSC03445.JPG



DSC03446.JPG



DSC03447.JPG



DSC03448.JPG



 化粧梁も納めます☆


DSC03451.JPG



 横材の梁(はり)の太さに注目!!


 大工さんが飛んでも跳ねても当然ビクともしない!!

米松の梁!!これぞウェリーハウスが誇る!!

    骨太構造”



DSC03453.JPG



DSC03455.JPG



DSC03462.JPG



DSC03461.JPG



 もちろん!全棟、耐震最高等級3が標準ですが

耐震等級だけでは計りきれない強さがここにあります☆


 増田様もそばで感心して頂きました☆


DSC03458.JPG



DSC03468.JPG



 1Fの下屋根も組んでいきます☆


DSC03471.JPG



 2階の床には剛床工法として

厚床合板28mm厚(ジョイント部に実付き)を

敷いてN75mmで留めます☆


DSC03472.JPG



DSC03474.JPG



 建物(柱)の垂直を正確に計って筋交いで仮固定します☆


DSC03478.JPG



 2階にも 美作ひのきの太い120mm角の柱を

梁に差し込んでいきます!


DSC03480.JPG



 小屋組みを組んでいきます☆


DSC03485.JPG



DSC03486.JPG



DSC03491.JPG



DSC03492.JPG



 束を立てた後、母屋を差し込んでいきます☆


DSC03494.JPG



 増田様に建物の一番高い頂き”となる棟木を

納めて頂きます☆


DSC03504.JPG



 周囲の景色や、ウェリーハウス標準の建物の

高さに驚いて、感動しておられました!(^^)!


DSC03511.JPG



 屋根タルキをN125mmの釘で

しっかり打ち留めます☆


2018-11-06 13.17.19.jpg



DSC03512.JPG



 1階の屋根に取り掛かる前に、予めスーパー耐力壁面材!!

ハイベストウッド”を張っておきます☆


DSC03516.JPG



 午前中の作業は完了☆

お昼休みでは増田様のご厚意で、豪華なお弁当を

ご一緒に美味しく頂きましたm(__)m


2018-11-06 12.20.20.jpg



 その後、増田様と社長、設計担当とで内装建具や

床の色を最終決定されました!(^^)!


DSC03517.JPG



 午後の作業を開始!


DSC03519.JPG



 屋根下地に構造用合板を張っていきます☆


DSC03521.JPG



DSC03523.JPG



 下屋根も同様に、タルキを留めていきます☆


DSC03529.JPG



DSC03531.JPG



DSC03534.JPG



 2階の屋根では防水下地として防水性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

張っていきます☆


DSC03535.JPG



DSC03536.JPG



DSC03540.JPG



 下屋根の防水下地も貼ります☆


DSC03537.JPG



 外壁の防水下地に完了までは雨風から

構造躯体を守るために必ずブルーシートで

養生します☆

ウェリーハウスでは鉄則です☆


 周囲を清掃して無事目標の工程まで進み作業終了!


DSC03541.JPG



 最後に、増田様から御礼のお言葉と

お祝儀、そしてお子様から最高の笑顔を

頂戴いたしました(#^.^#)


DSC03545.JPG



DSC03546.JPG



DSC03552.JPG



 本日はお忙しい中、お休みをわざわざとって頂き

たくさんのお心遣い誠にありがとうございましたm(__)m

 明日からも一層気を引き締めて

家づくりのお手伝いに専念して参ります!


2018-11-07 10.21.53.jpg

















 11/2 床下に断熱材をはめ込んでいきます☆


2018-11-02 08.30.55.jpg



2018-11-02 08.36.07.jpg



 標準仕様として床下断熱の場合には

ポリスチレンフォーム厚さ65mm

熱伝導率0.028W/(m・K)を使用します☆


2018-11-02 09.13.59.jpg



2018-11-02 08.44.16.jpg



 剛床工法として、厚さ28mmの実(凸凹)付き合板を

張っていきます☆


2018-11-02 08.54.03.jpg



2018-11-02 09.32.01.jpg



2018-11-03 07.22.14.jpg



2018-11-03 07.22.24.jpg



 外部工事が完了するまでの間、

厚床合板が傷まないよう養生シートを

貼っておきます☆


2018-11-02 13.09.26.jpg



2018-11-02 13.13.42.jpg



 上棟に備えて、予め桧(ひのき)の通し柱と

台輪を組んでおきます☆


2018-11-02 13.59.25.jpg



2018-11-02 14.03.23.jpg



2018-11-02 14.10.17.jpg



 ウェリーハウスは基本が骨太構造☆なので

1本1本の重量もしっかりあります☆


2018-11-02 14.14.50.jpg



2018-11-02 14.14.56.jpg



2018-11-02 14.20.06.jpg



 その他の構造材(骨組み)にはシートで養生しておきます☆


2018-11-03 12.01.37.jpg









 11/1 床組全てに、高級!シロアリ防蟻剤

人体には無害のモクボーペネザーブ”を

吹付けていきます☆


2018-11-02 08.20.52.jpg



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!


2018-11-01 09.22.45.jpg



 床の水平を正確に!鋼製束で調整し

固定していきます☆


2018-11-01 09.23.15.jpg



 床下にポリスチレンフォーム三種65mm厚を

取付けていきます☆


2018-11-01 15.39.10.jpg



2018-11-01 16.40.55.jpg

















 10/31 シロアリに強い!!

太さ120mm角の桧の土台に、

アンカーボルト位置を写して

ドリルで穴をあけていきます☆


2018-10-31 10.36.49.jpg



2018-10-31 10.42.10.jpg



 通気基礎パッキンを基礎天端に敷いていきます☆


2018-10-31 10.41.53.jpg



 土台を組んでいきます☆


2018-11-01 07.23.46.jpg



2018-11-01 07.23.51.jpg















 10/30 ウェリーハウスが誇る骨太構造材を

現場へ搬入します☆


2018-10-30 09.36.44.jpg



2018-10-30 09.36.56.jpg



 基礎コンクリートの天端に、土台(桧材)を据えるための

基準の墨を正確に印しておきます☆


2018-10-30 10.19.50.jpg



2018-10-30 10.56.27.jpg















 10/29 下屋根に用いるタルキ掛けを製作しておきます☆


2018-10-29 09.13.34.jpg








 







 10/26 引き続き、剛床工法+床下地となる、

厚さ28mmの実(凸凹)付き合板を

作業場で加工していきます☆


2018-10-26 07.12.28.jpg



















 10/25 引き続き、剛床工法+床下地となる、

厚さ28mmの実(凸凹)付き合板を

作業場で加工していきます☆


2018-10-26 07.12.28.jpg



 屋根下地材をプレーナー加工して

寸法を統一させていきます☆


2018-10-25 16.26.37.jpg
















 10/24 剛床工法+床下地となる、厚さなんと28mmの

実(凸凹)付き合板を作業場で加工していきます☆


2018-10-24 09.40.29.jpg



2018-10-24 09.40.38.jpg


















車(セダン)倉吉市増田様【異なる休日でも、それぞれが趣味を目一杯楽しめるお家】車(セダン)の最新記事】