2019年10月25日

城(日本)木造躯体工事城(日本)


 10/25 瑕疵担保責任保険に係る

施工基準適合検査を第三者検査機関

鳥取県住宅検査センターより受けます☆


IMG_5952.JPG



 合格です!(^^)!















 10/18 EXボードを張り終えたところから

高断熱玄関ドア・高断熱オール樹脂サッシAPW330

Low−E複層ガラス(アルゴンガス入り、樹脂スペーサ)を

納めて、耐久性が高い防水・透湿シートを貼っていきます☆


IMG_5875.JPG



 引き続き、高耐震補強金物を取り付けます☆


IMG_5874.JPG



IMG_5876.JPG


















 10/17 高級!シロアリ防蟻剤

人体には無害のモクボーペネザーブ”を

吹付けた後、耐力壁面材の標準仕様!!

地震はもちろん!火災にも強い!!

タイガーEXボードも張り進めます☆


IMG_5849.JPG



IMG_5848.JPG



IMG_5863.JPG



IMG_5847.JPG



IMG_5865.JPG
















 10/16 引き続き、サッシの寸法で下地枠を組みます☆


IMG_5833.JPG



IMG_5836.JPG



IMG_5837.JPG



 耐力壁面材を外周に張る前に!

土壌・床組処理に続いて、柱や間柱など外周の木材

(地盤面+1m部分)にも高級!シロアリ防蟻剤

人体には無害のモクボーペネザーブ”を

吹付けていきます☆


IMG_5834.JPG



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!


IMG_5835.JPG

















 10/15  引き続き、筋交い(斜材)を納めていきます☆


IMG_5812.JPG



  サッシの寸法で、下地枠を組みます☆


IMG_5813.JPG



IMG_5814.JPG
















 10/12 引き続き、耐力壁面材に加えて建物の強度バランスを

均衡させるために、筋交い(斜材)を要所に納めていきます☆

 耐震等級最高レベル“3”+『骨太構造』が

ウェリーハウスの標準です✩✩✩



IMG_5785.JPG



IMG_5782.JPG



IMG_5781.JPG



IMG_5780.JPG



 地震が起きても、基礎コンクリートと柱が

抜けて倒壊しないよう!予め基礎コンクリートに

埋め込んでおいたホールアンカーボルトを

桧の柱にしっかり緊結していきます☆


IMG_5778.JPG



IMG_5776.JPG



 サッシの寸法で、下地枠を組みます☆


IMG_5784.JPG



 外周の間柱を取り付けていきます☆


IMG_5779.JPG





















 10/11 ポーチ屋根もタルキを留めて

下地合板を張っていきます☆


IMG_5752.JPG



IMG_5754.JPG



 防水措置として伸縮性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

貼っていきます☆


IMG_5755.JPG



IMG_5764.JPG



IMG_5768.JPG



IMG_5770.JPG



 耐力壁面材に加えて、内部の要所に

耐力壁となる筋交い(斜材)を取り付けます☆


IMG_5763.JPG



IMG_5765.JPG

















 10/10 台風18号の接近で延期しておりましたが、

本日は上棟吉日で見事に快晴

いよいよM様邸の上棟を迎えることが出来ました!(^^)!


IMG_5729.JPG



 工事の無事完成と安全を祈願して

施主様とご一緒に四隅をお清めし、

朝礼で社長が施主様との出会いやエピソード、

想いを職人に伝えます!

施主様からもご挨拶を頂戴して、皆さんで

乾杯しました☆



 施主様の想いを共有”して、いざ作業開始!!


DSC04305.JPG



 美作ひのきの太い120mm角の柱を

土台に差し込んでいきます!


DSC04312.JPG



 構造材(はりや柱)を一本一本丁寧に

組み上げていきます☆


DSC04318.JPG



DSC04322.JPG



DSC04329.JPG



DSC04335.JPG



 横材の梁(はり)の太さに注目!!


DSC04336.JPG



 大工さんが飛んでも跳ねても当然ビクともしない!!

米松の梁!!これぞウェリーハウスが誇る!!

    骨太構造”



DSC04342.JPG



 もちろん!全棟、耐震最高等級3が標準ですが

耐震等級だけでは計りきれない強さがここにあります☆


DSC04351.JPG



 建物(柱)の垂直を正確に計って筋交いで仮固定します☆


DSC04350.JPG



DSC04356.JPG



 2階の床には剛床工法として

厚床合板28mm厚(ジョイント部に実付き)を

敷いてN75mmで留めます☆


DSC04354.JPG



DSC04352.JPG



 2階にも 美作ひのきの太い120mm角の柱を

梁に差し込んでいきます!


DSC04364.JPG



DSC04365.JPG



DSC04368.JPG



 2Fの小屋組みを組んでいきます☆


DSC04373.JPG



DSC04376.JPG



DSC04377.JPG



DSC04380.JPG



 束を差し込んで母屋を納めます☆


DSC04384.JPG



DSC04386.JPG



DSC04385.JPG



 施主様に建物の一番高い頂き”となる棟木を

納めて頂きます☆


DSC04395.JPG



 周囲の景色や、ウェリーハウス標準の建物の

高さに驚いて、感動しておられました!(^^)!


DSC04397.JPG



DSC04398.JPG



 午前中の作業は完了☆

お昼休みでは施主様のご厚意で、豪華なお弁当を

美味しく頂きましたm(__)m


IMG_5732.JPG



 その後、集合して記念撮影をし、

施主様と社長は内装建具や

床の色を最終決定されました!(^^)!


 午後の作業を開始!


DSC04405.JPG



 屋根タルキを台風などの強風に対しても引き抜かれる

ことがない☆超強力型専用ビスでしっかり留めます☆


DSC04407.JPG



 屋根下地に構造用合板を張って

破風板や鼻隠しを納めていきます、☆


DSC04413.JPG



DSC04418.JPG



DSC04420.JPG



 1階の屋根に取り掛かる前に、予め耐力壁面材!!

地震はもちろん!!火にも強い!!

EXボード”を張っておきます☆


DSC04416.JPG



 下屋根も屋根下地を進めます☆


IMG_5735.JPG



 屋根の防水下地として防水性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

2階の屋根に張っていきます☆


DSC04421.JPG



 外壁の防水下地に完了までは雨風から

構造躯体を守るためにブルーシートで

養生することが☆

ウェリーハウスの鉄則です☆


DSC04423.JPG



IMG_5733.JPG



IMG_5734.JPG



 周囲を清掃して無事目標の工程まで進み作業終了!

 最後に、施主様から御礼のお言葉と

お祝儀を頂戴いたしました(#^.^#)


1.png



 本日はお忙しい中、一日お付き合いくださいまして

また、たくさんのお心遣い誠にありがとうございましたm(__)m


2.png



 明日からも一層気を引き締めて

家づくりのお手伝いに専念して参ります!




























 10/8 下屋根との取り合い部分の耐力壁面材

“地震はもちろん!火災にも強い!タイガーEXボード”を

予め作業場で加工しておきます☆


IMG_5702.JPG














 10/7 作業場で予め加工していた、

剛床工法の厚床28mm厚合板実(凸凹)付きを

張った後、その厚床合板が濡れたり汚れたりしないよう

養生シートを貼っておきます☆

材料を大切にする!見えない常識です('ω')ノ☆


IMG_5681.JPG



 上棟に備えて、予め桧(ひのき)の通し柱と

胴差を組んでおきます☆


IMG_5684.JPG



IMG_5685.JPG



IMG_5686.JPG



IMG_5688.JPG



 ウェリーハウスは基本が骨太構造☆なので

本物の木1本1本の重量もしっかりあります☆


IMG_5689.JPG



IMG_5691.JPG



IMG_5694.JPG



IMG_5692.JPG



 木材が濡れないよう!

上棟日までブルーシートで養生しておきます☆


IMG_5695.JPG

















 10/5 台風18号の接近で上棟日を延期としました。



 外周の基礎コンクリート立上り天端に

通気基礎パッキンを敷いて、その上にシロアリに強い!!

太さ120mm角の桧(ひのき)の土台を据えて固定していきます☆


IMG_5652.JPG



IMG_5654.JPG



IMG_5656.JPG



IMG_5657.JPG



IMG_5661.JPG



大引きを納めた後、鋼製束を用いて床組みの水平を

正確に調整していきます☆


IMG_5662.JPG



IMG_5665.JPG



 土壌処理に続いて、人体には無害の高級防蟻剤!!

モクボーペネザーブ”を床組に吹き付けていきます☆


IMG_5663.JPG



IMG_5664.JPG



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!





 床の水平を正確に!鋼製束で調整し

固定した後、床下断熱として

平成34年度目標トップランナー基準を大きくクリアした

ポリスチレンフォーム三種65mm厚

=熱伝導率0.028W/(M・K)を

張っていきます☆☆☆


IMG_5678.JPG


















 9/30 基礎の立ち上がり天端に、土台を据えるための

基準の墨を写します☆


IMG_5567.JPG



 シロアリに強い!!

太さ120mm角の桧の土台に、

アンカーボルト位置を写して

ドリルで穴をあけていきます☆


IMG_5570.JPG



IMG_5569.JPG



IMG_5571.JPG



IMG_5579.JPG





















 9/28 引き続き、剛床工法+床下地となる

厚さ28mmの実(凸凹)付き合板を

作業場で加工していきます☆


IMG_5560.JPG
















 9/27 引き続き、剛床工法+床下地となる

厚さ28mmの実(凸凹)付き合板を

作業場で加工していきます☆


IMG_5544.JPG













 9/26 剛床工法+床下地となる、厚さ28mmの

実(凸凹)付き合板を作業場で加工していきます☆


IMG_5530.JPG



















城(日本)鹿野町M様【城下町の伝統を受け継ぐ暮らし】城(日本)の最新記事】