2019年11月27日

ゴルフ木造躯体工事ゴルフ


 11/27 引き続き、耐久性が高い

防水・透湿シートを貼っていきます☆


IMG_6408.JPG



IMG_6410 (1).JPG



IMG_6410 (3).JPG



IMG_6410 (2).JPG



IMG_6410.JPG



 瑕疵担保責任保険に係る

施工基準適合検査を第三者検査機関

鳥取県住宅検査センターより耐震構造や

防水施工がきちんと出来ているか厳しく

検査して頂きます☆


IMG_6407.JPG



IMG_6406.JPG



 合格です!(^^)!
















 11/26 2階も高断熱オール樹脂サッシAPW330

Low−E複層ガラス(アルゴンガス入り、樹脂スペーサ)を

納めていきます☆


IMG_6388.JPG



IMG_6395.JPG



IMG_6397.JPG



 耐力壁面材!!

地震はもちろん!!火にも強い!!

EXボード”を既定の間隔でしっかりと本留めします☆


IMG_6389.JPG



IMG_6391.JPG



 サッシ周りに専用防水両面テープを貼って

耐久性が高い防水・透湿シートを貼っていきます☆


IMG_6392.JPG



IMG_6394.JPG



IMG_6400.JPG
















 11/25 EXボードを張り終えたところから

高断熱玄関ドア・高断熱オール樹脂サッシAPW330

Low−E複層ガラス(アルゴンガス入り、樹脂スペーサ)を

納めていきます☆


IMG_6373.JPG



IMG_6372.JPG



IMG_6376.JPG



IMG_6378.JPG



IMG_6379.JPG



 引き続き、耐震補強工事も進めます☆


IMG_6377.JPG



IMG_6380.JPG



IMG_6381.JPG



IMG_6382.JPG



IMG_6386.JPG

















 1/23 断熱玄関ドアを取り付けます☆


IMG_6353.JPG



IMG_6354.JPG



 玄関ポーチの下がり壁にもEXボードを張ります☆


IMG_6358.JPG



IMG_6361.JPG



IMG_6363.JPG



IMG_6355.JPG



IMG_6356.JPG



 EXボードを張り終えたところから

高断熱玄関ドア・高断熱オール樹脂サッシAPW330

Low−E複層ガラス(アルゴンガス入り、樹脂スペーサ)を

納めていきます☆


IMG_6359.JPG



IMG_6360.JPG

















 11/22 引き続き、サッシの寸法で下地枠を組みます☆


IMG_6335.JPG



IMG_6340.JPG



 1F部分の耐力壁面材を外周に張る前に!

土壌・床組処理に続いて、柱や間柱など外周の木材

(地盤面+1m部分)にも高級!シロアリ防蟻剤

人体には無害のモクボーペネザーブ”を

吹付けていきます☆


IMG_6336.JPG



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!


IMG_6337.JPG



 1Fの耐力壁面材!!

地震はもちろん!!火にも強い!!

EXボード”を張っていきます☆


IMG_6338.JPG



IMG_6341.JPG



IMG_6342.JPG



IMG_6347.JPG


















 11/21 引き続き、耐力壁面材に加えて建物の強度バランスを

均衡させるために、筋交い(斜材)を要所に納めていきます☆


IMG_6317.JPG



 耐震等級最高レベル“3”+『骨太構造』が

ウェリーハウスの標準です✩✩✩



IMG_6322.JPG



 地震が起きても、基礎コンクリートと柱が

抜けて倒壊しないよう!予め基礎コンクリートに

埋め込んでおいたホールアンカーボルトを

桧の柱にしっかり緊結していきます☆


IMG_6316.JPG



 サッシの寸法で、下地枠を組みます☆


IMG_6327.JPG



IMG_6330.JPG



IMG_6333.JPG



IMG_6328.JPG



IMG_6329.JPG



IMG_6332.JPG



IMG_6334.JPG



 外周や間仕切り壁に間柱を真っ直ぐに取り付けます☆


IMG_6323.JPG



IMG_6325.JPG



IMG_6331.JPG















 11/20 1Fの屋根もタルキを留めて

下地合板を張っていきます☆


IMG_6280.JPG



IMG_6282.JPG



 防水措置として伸縮性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

貼っていきます☆


IMG_6281.JPG



 耐力壁面材に加えて、内部の要所に

耐力壁となる筋交い(斜材)を取り付けます☆


IMG_6293.JPG



IMG_6294.JPG



 小屋組にも耐震補強として

雲筋交いを取り付けます☆


IMG_6291.JPG



IMG_6292.JPG



 外周や間仕切り壁に間柱を真っ直ぐに取り付けます☆


IMG_6305.JPG



IMG_6309.JPG



IMG_6312.JPG















 11/19 本日は、めでたく森永様邸の上棟を

迎えることが出来ました!(^^)!


DSC04495.JPG



 工事の無事完成と安全を祈願して

森永様とご一緒に四隅をお清めします☆


DSC04439.JPG



 朝礼では社長が施主様とのご縁、

森永様の想いを職人に伝えます!


DSC04441.JPG



 森永様からもご挨拶を頂戴して、皆さんで

乾杯しました☆


DSC04444.JPG



DSC04447.JPG



 施主様の想いを共有”して、いざ作業開始!!


DSC04449.JPG



DSC04459.JPG



 美作ひのきの太い120mm角の柱を

土台に差し込んでいきます!


DSC04464.JPG



DSC04466.JPG



 構造材(はりや柱)を一本一本丁寧に

組み上げていきます☆


DSC04473.JPG



DSC04475.JPG



 横材の梁(はり)の太さに注目!!


DSC04477.JPG



DSC04479.JPG



 大工さんが飛んでも跳ねても当然ビクともしない!!

米松の梁!!これぞウェリーハウスが誇る!!

    骨太構造”



DSC04481.JPG



DSC04480.JPG



 もちろん!全棟、耐震最高等級3が標準ですが

耐震等級だけでは計りきれない強さがここにあります☆


DSC04484.JPG



DSC04482.JPG



DSC04488.JPG



 建物(柱)の垂直を正確に計って筋交いで仮固定します☆


DSC04489.JPG



DSC04491.JPG



 2階の床には剛床工法として

厚床合板28mm厚(ジョイント部に実付き)を

敷いてN75mmで留めます☆


DSC04492.JPG



DSC04493.JPG



 2階にも 美作ひのきの太い120mm角の柱を

梁に差し込んでいきます!


DSC04494.JPG



DSC04496.JPG



 2Fの小屋組みを組んでいきます☆


DSC04502.JPG



DSC04505.JPG



DSC04508.JPG



DSC04510.JPG



DSC04515.JPG



 クレーンで上げる前に、予め母屋を組んでおきます☆


DSC04511.JPG



 束を差し込んで母屋を納めます☆


DSC04517.JPG



DSC04518.JPG



DSC04520.JPG



DSC04522.JPG



 森永様に建物の一番高い頂き”となる棟木を

納めて頂きます☆


DSC04523.JPG



DSC04529.JPG



 周囲の景色や、ウェリーハウス標準の建物の

高さに驚いて、感動しておられました!(^^)!


DSC04532.JPG



 大屋根のタルキを上げて午前中の作業は完了☆


DSC04535.JPG



 お昼休みでは施主様のご厚意で、豪華なお弁当を

ご一緒に美味しく頂きましたm(__)m


DSC04536.JPG



DSC04538.JPG



 集合して記念撮影(*^^)v


DSC04540.JPG



 施主様と社長は事務所へ移動され、内装建具や

床の色を最終決定されました!(^^)!

 午後の作業を開始!


DSC04542.JPG



 屋根タルキを台風などの強風に対しても引き抜かれる

ことがない☆超強力型専用ビスでしっかり留めます☆


DSC04545.JPG



DSC04546.JPG



DSC04548.JPG



 1階の屋根に取り掛かる前に、予め耐力壁面材!!

地震はもちろん!!火にも強い!!

EXボード”を張っておきます☆


DSC04547.JPG



DSC04549.JPG



 屋根下地に構造用合板を張って

破風板や鼻隠しを納めていきます、☆


DSC04553.JPG



IMG_6271.JPG



DSC04557.JPG



 屋根の防水下地として防水性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

2階の屋根に張っていきます☆


IMG_6273.JPG



IMG_6275.JPG



下屋根も屋根下地を進めます☆


IMG_6276.JPG



IMG_6277.JPG

 

 外壁の防水下地に完了までは雨風から

構造躯体を守るためにブルーシートで

養生することも☆

ウェリーハウスの鉄則です☆


 周囲を清掃して無事目標の工程まで進み作業終了!

最後に、森永様から御礼のお言葉とたくさんのお土産、

お祝儀を頂戴いたしましたm(__)m



DSC04560.JPG



 本日はお忙しい中、一日お付き合いくださいまして

また、たくさんのお心遣い誠にありがとうございましたm(__)m

明日からも一層気を引き締めて

家づくりのお手伝いに専念して参ります!

引き続き、よろしくお願い致しますm(__)m


IMG_6306.JPG















 11/16 屋根タルキと、

下屋根との取り合い部分の耐力壁面材

“地震はもちろん!火災にも強い!タイガーEXボード”を

加工しておきます☆


IMG_6243.JPG



IMG_6244.JPG



 上棟に先行して、仮設足場を組んでいきます☆


IMG_6246.JPG














 11/15 引き続き、美作桧(みまさかひのき)の土台を

組んて固定していきます☆


IMG_6212.JPG



IMG_6214.JPG



 平成34年度目標トップランナー基準を大きくクリアした

ポリスチレンフォーム三種50mm厚=熱伝導率0.028W/(M・K)を

張って基礎断熱していきます☆☆☆


IMG_6215.JPG



IMG_6217.JPG



 大引きを納めた後、鋼製束を用いて床組みの水平を

正確に調整していきます☆


IMG_6219.JPG



IMG_6221.JPG



 土壌処理に続いて、人体には無害の高級防蟻剤!!

モクボーペネザーブ”を床組に吹き付けていきます☆


IMG_6220.JPG



IMG_6222.JPG



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!


IMG_6223.JPG



 作業場で加工した

剛床工法の厚床28mm厚 実(凸凹)付きを

張っていきます☆


IMG_6226.JPG



IMG_6227.JPG



IMG_6229.JPG



IMG_6230.JPG



IMG_6231.JPG



IMG_6232.JPG



 その厚床合板が濡れたり汚れたりしないよう

養生シートを貼っておきます☆

材料を大切にする!見えない常識です('ω')ノ☆


IMG_6234.JPG



IMG_6235.JPG



 上棟に備えて、予め桧(ひのき)の通し柱と

胴差を組んでおきます☆


IMG_6237.JPG



IMG_6238.JPG



 ウェリーハウスは基本が骨太構造☆なので

本物の木1本1本の重量もしっかりあります☆


IMG_6240.JPG



IMG_6241.JPG



IMG_6242.JPG














 11/14 引き続き、剛床工法+床下地となる、厚さ28mmの

実(凸凹)付き合板を作業場で加工していきます☆


IMG_6190.JPG



 シロアリに強い!!太さ120mm角!!

国産選りすぐりの美作桧(みまさかひのき)の土台に、

アンカーボルト位置を写して

ドリルで穴をあけていきます☆


IMG_6193.JPG



IMG_6213.JPG



IMG_6195.JPG



IMG_6200.JPG



 外周の基礎コンクリート立上り天端に

気密基礎パッキンを敷いて、その上に

美作桧(みまさかひのき)の土台を据えて

固定していきます☆


IMG_6199.JPG



IMG_6203.JPG



IMG_6202.JPG



IMG_6204.JPG


















 11/13 剛床工法+床下地となる、厚さ28mmの

実(凸凹)付き合板を作業場で加工していきます☆


IMG_6178.JPG



IMG_6184.JPG

















 11/12 基礎の立ち上がり天端に、土台を据えるための

基準の墨をトランシットを用いて正確に写します☆


IMG_6173.JPG
















ゴルフ湯梨浜町森永様【ダイニングを中心に育まれるシーン】の最新記事】