2014年12月10日

□内装仕上げ


 12/10 ハウスクリーニングも完了して、

アルミサッシの調整、網戸、和紙畳も入り

ほぼ完成となりました。


2014-12-10 14.52.32.jpg



DSC03931.JPG




 12/9 手造りの食器棚にいよいよ無垢の桧板で造った

建具が取付けられます。もちろん自然塗装済み☆


2014-12-09 16.06.26.jpg




 12/8 1階のほとんどはパイン無垢床材なので、

自然塗装にも手間ひまかけます。この床に

ジオパワーシステムが加わって、まるで床暖のように

年中裸足が心地よく過ごせます☆


2014-12-08 17.20.55.jpg



2014-12-08 17.33.31.jpg





 12/6 床の養生を剥がして、植物系自然塗料の

クリアを丁寧に塗っていきます。


2014-12-06 14.46.04.jpg




 12/4 キッチンとパントリーには防水性の高い

クッションフロアを貼っていきます。

温かみがあってカワイイ感じですね。


2014-12-04 11.39.24.jpg



トイレは少しイメージを変えて


2014-12-04 15.36.26.jpg



 階段の蹴込み部分は手間をかけて


2014-12-04 13.51.48.jpg





 12/3 和室に取り掛かりました。

和室と言ってもLDKとの仕切りは3枚の建具で

開け締めできますので、LDKと一体して使える

畳コーナーというイメージです。


2014-12-03 15.09.10.jpg





 12/2 壁紙を貼り終えた部屋から

照明器具やスイッチ、コンセントなどを

取付けていきます。


2014-12-02 16.26.50.jpg



 分電盤に集められた何十本もの配線を

それぞれ正確に繋ぎ、固定します。


2014-12-02 13.34.58.jpg




 廊下を貼っていきます。


2014-12-02 09.27.56.jpg



脱衣室には耐水性・防カビ性のある壁紙を貼っていきます。


2014-12-02 15.30.03.jpg




 12/1 広い空間のLDKは大詰めとなりました。


2014-12-01 13.19.33.jpg



2014-12-01 14.10.48.jpg





 11/29 勾配のついた高い天井はとても手間がかかります。

より内装屋さんの技も光りますね☆


2014-11-29 14.26.16.jpg



2014-11-29 14.25.26.jpg




 11/27 1階の仕上げにも取り掛かりました。


2014-11-27 09.40.26.jpg



2014-11-27 10.48.05.jpg





 11/26 パテ処理が完了した2階から

施主様がお部屋毎に選ばれた“機能性壁紙”を

貼っていきます。


2014-11-26 11.26.42.jpg



2014-11-26 15.41.04.jpg





 11/22 内装屋さんが、下地のハイクリーンボード

のジョイントやビス穴をパテで埋めていきます。


2014-11-22 11.18.17.jpg



2014-11-22 14.02.58.jpg







2014年12月06日

□水廻り機器


 12/6 内装が仕上がったので、洗面台やトイレの

器具を取付けていきます。


2014-12-06 09.57.39.jpg



2014-12-06 10.07.23.jpg



2014-12-06 13.36.34.jpg





 11/13 いよいよシステムキッチンが取付けられます。

こちらは標準仕様とは異なり、TOTO ミッテという

使い勝手の良いリーズナブルなキッチンですよ。


2014-11-13 09.57.28.jpg



2014-11-13 10.38.27.jpg






 9/2 TOTOショールームで実際N様がお選びになった

仕様のオリジナル!ユニットバスを組み立てます。


2014-09-02 08.58.44.jpg



2014-09-02 10.29.50.jpg



2014-09-02 13.58.24.jpg



2014年12月04日

□大工さんの造作


 12/4 内装や電気工事が完了した部屋から

床の養生を剥がして、建具を取付けていきます。


2014-12-04 13.26.48.jpg



 階段には安全に上り下りできる手すりを

しっかり固定していきます。


2014-12-04 17.04.07.jpg




 12/1 その格子の取付けます。


2014-12-01 16.45.06.jpg




 11/29 手造りの階段には、無垢の杉(無節)格子を

取付ける予定です。広い空間はそのままに

お孫さんが遊びに来ても安心して2階へと上がれるよう

和モダンのスリットデザインにします。


2014-11-29 13.09.39.jpg



作業場で加工し、自然塗料で仕上げます。


2014-11-29 16.38.59.jpg




 11/28 手造り洗面台の横にはタオルや

お着替えもしまっておけるキャビネット(可動棚あり)

も手造りですよ☆


2014-11-28 10.52.53.jpg



 もちろん植物系自然塗料で仕上げます。


2014-11-28 16.44.54.jpg



 そして、仏壇を置くカウンターと

仏具をしまっておける収納も手造りします。


2014-11-28 16.20.52.jpg



2014-11-28 17.19.26.jpg





 11/27 玄関収納(下駄箱)も手造りですよ☆


2014-11-27 09.41.56.jpg





 11/26 手造りの棚が完成すれば、

その周辺の壁下地を完成させていきます。


2014-11-26 11.48.34.jpg




 11/25 食器棚の次は、手造りの洗面台に

取り掛かります。


2014-11-25 15.45.32.jpg



2014-11-25 16.24.59.jpg





 11/22 食器棚の加工・組立が終わり、

取付けに取り掛かりました。


2014-11-22 13.41.32.jpg



メーカーの既製品に比べ、オリジナルの機能性と強度、

耐久性、デザイン性は抜群ですよ☆☆☆


2014-11-22 15.35.49.jpg





 11/21 玄関ポーチの袖壁を加工して取付けます。

和風モダンの欠かせない装飾、目隠しや暴風などの

機能もありますよ。


2014-11-21 10.41.37.jpg



 久々に社長の出番です。


2014-11-21 10.40.37.jpg



2014-11-21 14.03.06.jpg




 引き続きオーダーメイドの手造り食器棚製作。


2014-11-21 12.59.22.jpg



2014-11-21 14.08.58.jpg






 11/20 大工さんと建具屋さんの手造り!!

食器棚の製作に取り掛かりました。


2014-11-20 15.46.58.jpg





 11/19 太鼓梁の周りや階段周りも手間をかけて

丁寧に模って張ります。


2014-11-19 15.33.36.jpg



2014-11-19 16.50.25.jpg



 ちなみに、無垢材は全て体にやさしい!!

植物系自然塗料を私が塗っています。

一応ベテランです☆


DSC_0412.jpg





 11/18 高い勾配天井から2Fの洋室につながる

小窓の枠を取付けて、壁下地のハイクリーンボードを

張っていきます。


2014-11-18 09.06.54.jpg



2014-11-18 09.52.14.jpg







 11/17 1Fの巾木や廻縁も取付けていきます。


2014-11-17 09.28.47.jpg




 11/15 内装建具の周りの額縁を納めていきます。

これで内装屋さんの工事も徐々に進められます。


2014-11-15 11.12.24.jpg



 11/13 勾配天井の高い壁も、下地を

どんどん張っていきます。


2014-11-13 09.59.04.jpg



2014-11-13 11.24.39.jpg





 11/12 キッチンパネルの続きを貼ります。


2014-11-12 09.04.21.jpg




 11/11 システムキッチンが搬入される前に、

キッチンパネルを貼りつけます。


2014-11-11 16.58.45.jpg



2014-11-11 17.31.05.jpg





 11/8 勾配のある高天井には松の太い太鼓梁が2本

横たわります。その梁に植物性自然塗料を黒く塗ることで、

和のアクセントとして存在感を引き出します。


2014-11-08 17.34.53.jpg



2014-11-08 17.13.12.jpg




 11/7 2Fの下地を張りつめていきます。


2014-11-07 15.58.06.jpg



2014-11-07 17.12.18.jpg




 11/6 対面キッチンのカウンターを取付けます。

2014-11-06 11.31.42.jpg



 脱衣室の耐水ボードを張ります。


2014-11-06 13.05.29.jpg



 トイレも湿気がこもりやすいので、もちろん耐水ボード!


2014-11-06 17.26.18.jpg





 11/4 階段手すりの下地板を打ち付けて

その上から下地ボードを張っていきます。


2014-11-04 16.10.08.jpg



2014-11-04 17.10.44.jpg




 11/1 今日から11月。現場には暖房がないので、

徐々に寒さを感じながら励んでいますよ。


 壁の下地を張っていきます。

2014-11-01 11.04.35.jpg



2014-11-01 11.42.55.jpg



 脱衣室は湿気に強い耐水プラスターボードを張ります。


2014-11-01 15.02.29.jpg





 10/31 勾配のついた高天井の下地ハイクリンプラスタボードを

張っていきます。


2014-10-31 11.09.54.jpg



 和室のクローゼットの枠を組み立てて取付けます。


2014-10-31 09.55.01.jpg



 壁もハイクリン(体にやさしい)プラスターボードを張っていきます。


2014-10-31 09.54.34.jpg





 10/30 お引渡し後、壁にフックや絵を飾られる予定ということを

配慮して、どこの高さに下地板が入っているのかを

写真に残します。石膏ボードだけでは強度が弱いためです。

(押しピン程度なら問題ありません。)


2014-10-30 09.59.07.jpg



 将来、玄関ホールに手すりを取り付ける場合に備えて、

同様に下地板を予め入れておきました。

(後の工事では困難なため)


2014-10-30 17.13.17.jpg



 同じくトイレにも


2014-10-30 10.52.34.jpg



 和室のクローゼット内の続きをします。


2014-10-30 10.51.55.jpg



 下地が完了した所から、プラスターボードを

壁に張っていきます。


2014-10-30 17.04.35.jpg






 10/29 クローゼット内の棚を取付けます。

収納内は用途に応じて棚の高さや段数を打ち合わせして

決めて頂きますよ!


2014-10-29 11.10.11.jpg



 壁の下地には必ず、強い“桧”の板を使用します!


2014-10-29 14.03.28.jpg



 和室とリビングの境に3枚の建具が片方に引き込めます。

その枠材を留め付けていきます。


2014-10-29 14.04.40.jpg



 和室のクローゼットにも、もちろん調湿抜群の杉板!


2014-10-29 17.29.02.jpg



 階段下の脱衣室には造り付けの洗面台が入りますよ♫

その下地加工をしています。


2014-10-29 16.29.57.jpg






 10/28 リビングの入口、片引き戸の枠を取付けます。


2014-10-28 15.58.39.jpg




 10/22 クローゼット内の天井は点検可能な構造です。

将来のメンテナンスやリフォームのために必須ですよ。


2014-10-22 11.14.22.jpg



 脱衣室の片引き戸を組立てて、取付けていきます。


2014-10-22 14.17.00.jpg



2014-10-22 16.06.43.jpg



 和室と縁側の間境には3枚の障子で明かりを確保しますよ。

枠は造り付けになります。

2014-10-22 16.07.20.jpg



2014-10-22 16.56.47.jpg





 10/21 トイレの床下地を張ります。

2014-10-21 09.48.38.jpg



 階段の周りの壁下地板を留め付けます。


2014-10-21 17.28.02.jpg



 階段下の収納もほぼ完成しました。


2014-10-21 15.47.37.jpg




 10/20 階段下のスペースを有効活用した

外から使える収納は、家庭菜園などの道具や

タイヤなど多彩に活用できます。


2014-10-20 11.10.24.jpg



2014-10-20 16.59.03.jpg



 リビングの入り口は使い勝手の良い片引き戸!

2014-10-20 16.07.33.jpg





 10/16 ドアなどの開口枠を組み立てて、

取付けていきます。当然ですが、垂直と水平は

正確に取付けないと、建具との隙間ができてしまいます。


2014-10-16 16.31.29.jpg



2014-10-16 17.02.23.jpg



クローゼットの枠も取付けます。


2014-10-16 15.54.23.jpg



2014-10-16 17.02.42.jpg





 10/15 リビングの天井は勾配で高くするため

足場を組んで下地に取り掛かりました。


2014-10-15 14.03.14.jpg



斜めに走る梁もオシャレですよ♫

2014-10-15 17.28.41.jpg



 パインの床も終盤となりました。


2014-10-15 10.52.37.jpg



2014-10-15 14.23.06.jpg





 10/8 ジオパワーシステムの断熱ダクトも収納内で

覆います。少し場所をとりますが、空気の通り道も必要です。


2014-10-08 14.58.47.jpg




 10/7 無垢材なので一枚の幅が小さく、

一枚一枚反りもあるので手間をかけて慎重に

張り進めます。木は生き物ですから、そこがまた

経年で深い“味”がでるんですね。


2014-10-07 13.15.06.jpg



 クローゼット内の造作です。


2014-10-07 09.55.04.jpg



2014-10-07 13.22.59.jpg



2014-10-07 17.27.17.jpg



 杉の香りも良い香りですよ!調湿効果も抜群☆



 10/6 1Fの床張りに取り掛かりました。

2014-10-06 13.44.07.jpg



 地熱が床からも伝わることもあり、年中裸足が

気持ち良い!パインの無垢板をご採用されました。


2014-10-06 16.02.36.jpg



 キッチンの床には、水が少々こぼれても心配がないよう

クッションフロアをご採用!その下には2本のジオパイプが埋め込まれて

いますので、機械メンテナンス用の大き目の点検口を取付けます。


2014-10-06 16.00.16.jpg

 


 10/2 階段の全体像が見えてきましたよ。

2014-10-02 13.39.37.jpg



2014-10-02 14.03.17.jpg



2014-10-02 16.50.27.jpg



 パントリーの天井も張り終えました。


2014-10-02 16.43.09.jpg




 10/1 今日から10月。食欲の秋到来ですね。

食べ過ぎに注意しましょう!


 さて、階段は本留めを開始しました!


2014-10-01 13.44.07.jpg



 裏からもしっかり固定していきます。


2014-10-01 16.34.57.jpg



 和室とリビングの境には敷居を入れます。

畳は薄いものではなく、昔ながらの重厚な55mm

を標準仕様としていますので、段差なしのバリアフリー

には工夫を凝らしていますよ。


2014-10-01 16.11.37.jpg




 9/30 2Fのクローゼットに取り掛かりました。

中はもちろん!!

収納内のカビを許さない!調湿可能な杉板張りですよ!


2014-09-30 10.34.04.jpg



 階段の親板加工をしていざ取付け。

折れ階段なので、少し手間がかかります。


2014-09-30 13.06.54.jpg



 廻り階段


2014-09-30 16.18.50.jpg



 廻り階段の先の親板


2014-09-30 17.06.08.jpg





 9/29 2Fの建具枠を組立てて取付けます。

2014-09-29 16.46.33.jpg



2014-09-29 16.50.02.jpg



 今回も大工さんが一から階段を造っていきます。


2014-09-29 17.24.43.jpg



 この大きな板が階段を支える親桁になりますよ♫




 9/27 玄関引き戸の枠材には無垢材を使用します。


2014-09-27 14.37.54.jpg



2014-09-27 14.45.06.jpg



 9/26 次に周りの木材とも固定していきます。


2014-09-26 13.41.59.jpg



 作業場では床からの吹き出し口の枠を加工して

組立てます。


DSC_0373.jpg



 9/25 組み立てた窓枠をサッシに固定していきます。


2014-09-25 11.09.17.jpg



 泊の作業場では、畳寄せや障子の枠材を

一から加工していきますよ。


2014-09-26 08.35.36.jpg




 9/24 複合樹脂サッシの内側に取付ける

窓枠を原寸カットして組み立てていきます。


2014-09-24 17.10.33.jpg



2014年11月20日

□外装工事


 11/20 本日仕上げてもらいました。


2014-11-20 11.14.31.jpg




 11/14 基礎の立上りやテラスなどの左官工事です。


2014-11-14 09.47.44.jpg



2014-11-14 15.24.23.jpg



 外から使える物入れも・・・結構大容量ですよ☆


2014-11-14 09.48.27.jpg





 11/11 玄関内は貼り終え、残るはポーチだけ。


2014-11-11 09.12.33.jpg



 天気も良いので捗りました。


2014-11-11 09.16.20.jpg



 八角形の束石(黒御影石)周りは、匠の技の見せ所!!


2014-11-11 15.37.57.jpg



 タイル工事は完了しましたよ☆




 11/8 ポーチ・玄関のタイル工事を開始しました。

2014-11-08 09.41.10.jpg



2014-11-08 09.33.29.jpg




10/10 外部の工事はほぼ完了しました!

足場を取り外したので、外観の全貌が見えます☆

伝統の和風建築を現代風に少しシンプルで落ち着いた

雰囲気にまとめました☆


2014-10-10 09.43.49.jpg




 9/30 コーキングも最終日となり、


2014-09-30 11.19.19.jpg



 軒樋の取付けを始めました!


2014-09-30 14.38.54.jpg



2014-09-30 16.03.43.jpg






 9/29 コーキングも天気に恵まれて、あと少し!です。


2014-09-29 13.28.58.jpg




 9/27 1Fに取り掛かります。


2014-09-27 16.11.05.jpg



 9/26 残りの軒天を貼り終えて、

サイディングの継ぎ目にコーキングをしていきます。


2014-09-26 11.20.36.jpg



2014-09-26 14.17.54.jpg



 9/20 外壁張りも終盤となり、軒天の部分の

取り合いに通気見切り(外壁内と屋根裏の風通しのため)

を取付けながら、軒天も張っていきます。


2014-09-20 17.11.51.jpg




 9/19 天気が良いのでとても捗ります!


2014-09-19 16.55.35.jpg



 9/18 2F部分に取り掛かりました!

1Fは黒、2Fは白のツートンでジャパニーズモダン

で落ち着いた外観になりますよ☆


2014-09-18 17.55.15.jpg






 9/16 次々と1F部分を張り進めていきます。


2014-09-16 11.36.37.jpg



 大工さんはその間に軒天の下地板を打ち付けます。


2014-09-16 13.14.21.jpg



 9/12 レベル(水平)を出してからサイディングの

スタータを取付けて、張り始めます!


2014-09-12 09.14.28.jpg



2014-09-12 17.27.08.jpg



 このサイディングと遮熱シートの間の

隙間が重要!!断熱や壁内結露防止に

効果を発揮しますよ☆




 9/8 引き続き外壁下地となる縦胴縁を

取付けます。今週は天候に恵まれて、

おかげさまでとても捗りそうです!


2014-09-08 11.26.15.jpg



2014-09-08 11.52.01.jpg



 9/5 遮熱式 透湿防水シートの上から

通気層確保のための、縦胴縁を大工さんが

取付けていきます。


2014-09-05 15.57.36.jpg



2014-09-05 16.44.37.jpg



 8/28 土台水切りから取付けていきます。

もちろん耐候性抜群のカラーステンレスです☆


2014-08-28 10.44.08.jpg



2014-08-28 09.54.29.jpg



 上棟日から約一週間、建物内が濡れないよう

雨を凌いできた、仮設のブルーシートはその役目を終え、

代わって、遮熱防水透湿シートが雨水の侵入を防ぎます。


2014-08-28 15.53.27.jpg



 夏の熱さも反射してくれるので、省エネも期待できますよ☆




2014年10月15日

□給排水工事


 10/15 外部足場が外されたので、雨水や

建物外周まで先行配管した上下水の配管から

本管へつないでいきます。


2014-10-15 09.42.40.jpg



2014-10-15 10.52.06.jpg



2014-10-15 14.33.04.jpg





 7/29 基礎工事を始める前に、給排水用の配管を

先行します。隣地との間隔が少ない場合、

掘削用重機が入らなくなるためです。


2014-07-29 09.58.05.jpg



2014-07-29 10.37.24.jpg



2014-07-29 13.41.44.jpg






2014年09月30日

□『幸せ運ぶ!地中ロケット』〜ジオパイプ


 9/30 断熱ダクトを壁で覆います。

2014-09-30 16.42.43.jpg



 9/26 その2Fに送られた空気を分配する

装置を屋根裏に設置します。


2014-09-26 13.29.08.jpg



 9/8 ジオパイプ内で熱交換された空気はぐり石層

を通った後に1Fの床から吹出しますが、一部の空気は

2Fの天井から吹出すので、そのために熱損失が少ない

断熱ダクトを予め通しておきます。


2014-09-08 11.54.57.jpg



 8/12 基礎工事が終わったので、床下地を張る前に

ジオパイプ内へ外気を送り込む“中パイプ”を通しておきます。


2014-08-12 10.04.57.jpg




 7/28 長さ5mもあるジオパイプが2本

到着しました!!


2014-07-28 08.24.59.jpg



DSC_0335.jpg



DSC_0334.jpg



 どこにでもある再生可能な自然エネルギー

“大地の恵み”を利用するために欠かせない

地中熱の熱交換用アルミパイプですよ☆


そしてこの日、さっそく埋め込み開始!


DSC00605.JPG



DSC00607.JPG



 1本目の掘削が終わり、ジオパイプを挿入します。


DSC00617.JPG



DSC00619.JPG



 砂とセメントを混ぜて埋戻しします。

この時、効率よくジオパイプが地中熱を吸い上げるよう

隙間なく締め固めていきますよ☆

DSC00625.JPG



 1本目が完了して2本目!


DSC00629.JPG



DSC00634.JPG



DSC00639.JPG



 無事2本の埋め込みを完了しました☆

この後、給排水配管工事・基礎工事へと進んでいきます!







2014年09月27日

□床張り



 9/27 2Fは防音材の上にフローリングを張っていきます。


2014-09-27 13.44.34.jpg



2014-09-27 13.45.20.jpg




 9/22 2Fの床から張っていきますが、

2Fの振動や音が1Fに騒音として響かないよう

まずは防音材を敷いていきます。


2014-09-22 17.21.44.jpg



2014年09月24日

□断熱工事


 9/24 その他細かい隙間にもしっかり詰めていきます!


2014-09-24 13.20.07.jpg


 
 9/22 外周の壁には、高性能グラスウール16s厚み90mm

を丁寧に留めていきます。


2014-09-22 11.18.01.jpg


 この工程は天井の下地をする前に必ず行います!

※天井より上の部分が留められなくなるので。


2014-09-22 16.15.12.jpg





 9/8 屋根裏の硬質ウレタンフォーム(ノンフロン)吹き付け

完了しました!

2014-09-16 11.08.40.jpg



2014-09-16 11.03.56.jpg



2014-09-16 11.16.37.jpg


 2020年省エネ基準に欠かせない仕様ですよ☆



 9/6 屋根断熱材、アクアフォームを吹き付けていきます!

2014-09-06 11.16.57.jpg



 8/30 ユニットバスが入る前に

予め壁に断熱材(高性能グラスウール)

を入れておきます。


2014-08-30 17.26.28.jpg




 8/29 ジオパワーシステムご採用の場合は

天井裏も空気が循環するため、

屋根断熱となります。

この場合、硬質ウレタンフォーム吹き付けを

するため、空気層を一度確保した上で、

吹き付けるため下地シートを貼ります。


2014-08-29 16.26.07.jpg



こうすることで、タルキ間を風が通るので、

直接屋根材からの熱伝導を防ぐことが出来、

高断熱効果が期待できますよ☆


2014-08-29 14.13.26.jpg








2014年09月22日

□天井下地


 9/22 壁の断熱材を入れながらパントリーや

縁側の天井を張っていきます!


2014-09-22 17.20.28.jpg



2014-09-22 17.31.57.jpg





 9/20 天井下地も終盤となりました☆


2014-09-20 17.28.32.jpg




 9/19 和室や寝室に取り掛かります。


2014-09-19 16.31.09.jpg



2014-09-19 11.38.30.jpg



 9/18 引き続き天井の下地工事です。


2014-09-18 14.06.25.jpg



2014-09-18 14.12.01.jpg






 9/16 屋根の断熱工事が終わったので天井の下地に

取り掛かりました!


2014-09-16 16.35.18.jpg



2014年09月04日

□躯体工事



 9/4 第三者機関の厳しい目で構造検査

に合格しました☆☆☆


2014-09-04 16.20.24.jpg



2014-09-04 16.19.20.jpg



ブログのアップ順が変わりましたので、

今後は新しい順でご覧くださいm(__)m



 8/8 床下地となる厚さ28oの合板に

社長が墨付けをして、カットしていきます。


2014-08-08 13.23.10.jpg



 8/19 基礎の立上り天端に基礎パッキンを敷いて

土台を組んでいきます。

 その土台は基礎コンクリートに予め埋め込んで

いるアンカーボルトでしっかり固定するので

ボルトの位置には穴をあけていきます。


2014-08-19 16.23.43.jpg



2014-08-19 16.23.30.jpg



8/22 耐震最高等級の技術!

地震時の柱の引き抜きを防ぐため

基礎コンクリートに埋め込まれた長さ70pの

ホールアンカーボルトを締めつけます。


2014-08-22 14.18.25.jpg



2014-08-22 16.47.19.jpg



 8/23 水平方向の垂直方向の揺れに耐えるよう

筋交い(斜めの木材)や補強金物もしっかり留めます。


2014-08-23 17.28.15.jpg



2014-08-23 11.41.31.jpg



 8/25 窓サッシを取付けていきます。

サッシは断熱性が高く、結露を抑える複合樹脂サッシです。


2014-08-25 16.06.14.jpg



2014-08-25 15.56.28.jpg



 8/26 引き続き、複合樹脂サッシを取付けます。


2014-08-26 17.06.18.jpg



2014-08-26 17.28.23.jpg



 8/27 引き続き、複合樹脂サッシを取付けます。


2014-08-27 13.33.42.jpg



 お次は断熱玄関引違い戸を取付けます。


2014-08-27 14.16.03.jpg



 【防腐・防蟻工事】


 1Fのサッシを取付けたら、地盤より1mの高さまで

外周の木材へ防蟻剤を吹き付けます。


2014-08-27 16.04.14.jpg



2014-08-27 16.17.16.jpg



 8/28 2Fのサッシも取付けました。


2014-08-28 11.33.59.jpg



 耐震最高等級3の補強金物もしっかり留めていきます。


2014-08-28 10.05.43.jpg



2014-08-28 13.14.36.jpg



2014-08-28 14.58.04.jpg



2014-08-28 13.17.26.jpg



2014-08-28 13.15.13.jpg



2014-08-28 13.57.07.jpg



 8/30 小屋裏にも耐震補強の筋交い(斜め部材)

をしっかり入れますよ!


2014-08-30 12.00.35.jpg



2014-08-30 17.23.52.jpg







2014年08月29日

□屋根工事


 8/22 防火仕様の鼻隠しを予め取付けます。


2014-08-22 09.43.52.jpg



 外観は和風モダンなので、柄は木目を採用!


2014-08-22 13.14.44.jpg



 そして防災平板瓦を葺いていきます。


2014-08-22 09.36.58.jpg



2014-08-22 09.38.19.jpg



 一枚一枚をしっかりステンレス釘で留めます。

瓦の構造上、周囲の瓦ともかみ合っているので

とても安心ですよ☆


2014-08-22 14.15.35.jpg



 8/26 下屋(1Fの屋根)は外観デザイン上緩い勾配

にしたいので、カラーステンレス立平葺きとしました。

屋根の軽量化することで、耐震にも有効ですよ。


2014-08-26 09.26.21.jpg



2014-08-26 09.42.55.jpg



2014-08-26 11.04.51.jpg
 


 8/29 壁との取り合い部分=葺き止め水切り

と棟包みを取付けます。

防水上ココが一番重要ですよ☆


2014-08-29 11.42.22.jpg



2014-08-29 13.45.02.jpg








2014年08月21日

□上棟式



8/21 本日はお陰様で良いお天気の中、上棟を迎えることができました。

朝礼にはN様をはじめご家族ご親戚の方々も大勢駆けつけて下さり、ありがとうございます。

スタッフ大工職人一同顔合わせをし、N様の夢を皆の日頃の匠の技と心で

精一杯形に!そして、『夢を叶えるお手伝い』を誓って作業を開始しました。


2014-08-21 08.23.06.jpg



まずは通し柱から起こして梁で繋げていきます。


2014-08-21 08.39.40.jpg



DSC00658.JPG



2014-08-21 11.46.11.jpg



気温は徐々に34℃まで上昇し、かなりの暑さでバテそうになりながらも、

水分補給で予定通りの工程まで完了し、お昼休憩☆

 施主様より、おいしい御馳走を頂きましたお蔭で、

お昼からも精が出ます!!


2014-08-21 13.28.14.jpg



 屋根下地を張り終え、その上に防水下地の

ゴムアスファルトルーフィングを敷きます。

熱による伸縮に耐え、耐候性が高いシートですよ。


2014-08-21 16.26.15.jpg



DSC00662.JPG



最後に、外壁部分には毎回必ずブルーシートで覆います!

これで、雨が降っても大丈夫ですよ☆

施主様を永年お守りする骨組みの構造木材を

出来る限り保護するためです。


CIMG0352.JPG



 本日の工程を無事完了しました!


休憩時間やお昼には、施主様より夏対策にたくさんの

お菓子やジュース、お土産などおもてなし頂き、

本当にありがとうございました。

 
 ※N様のご希望により、プライバシー保護のため
写真を制限させて頂いておりますm(__)m

2014年08月19日

□木材搬入&足場組立



 8/19 加工された木材たちを現場へ搬入しました!


DSC_0326.jpg



 足場屋さんの都合上、同じ日に足場を組み立てたため

一時、積み下ろしのトラックで混雑しましたが、

木材搬入と足場組立が無事完了☆


DSC_0327.jpg











2014年08月11日

□基礎工事〜ジオパワーシステム



 7/30 掘方から始めます!


2014-07-30 10.53.12.jpg



 規定の深さ(地盤を改良した柱状の上)まで掘った後、

 砕石を敷き詰めていきます。


2014-07-30 13.16.04.jpg



2014-07-30 14.35.12.jpg


 ジオパイプ付近もしっかりガッチリ☆

2014-07-30 14.48.51.jpg



 締め固めた後、防蟻剤を散布します。

これでシロアリを土からも寄せ詰めませんよ!!


2014-07-30 14.46.29.jpg



 地鎮祭で清めて頂いた“鎮め物”も中央に埋めて!

改めて工事の無事完成をお祈りします!


2014-07-30 14.47.31.jpg



 土から上がる湿気を建物内に侵入させないよう!

防湿シートでシャットアウトします。

2014-07-30 16.41.44.jpg



 外周部に型枠を乗せるための捨てコンクリートを

打設して、本日は終了しました!


 7/31 本日37℃超えです・・・

毎度お馴染みの“鉄筋の美”組み立てを開始しました☆


2014-07-31 09.02.35.jpg



 先日埋め込んだジオパイプ付近は風を送るファンや

換気と循環を切り替える制御システムなどの機械が入り、

それをメンテナンスできるよう深く、広い空間が必要と

なります。


2014-07-31 11.53.59.jpg



 暑い陽射しとの闘いでもあります(>_<)


2014-07-31 13.47.44.jpg



 作業員総動員で組み上げてもらいました!

べた基礎の真髄!太く間隔の狭い鉄筋が

コンクリートの中で、その強度を発揮し続けますよ!


2014-07-31 17.39.50.jpg



 8/1 第三者機関の厳しい配筋検査を受けて、

難なくクリアしましたよ!!


2014-08-01 09.05.35.jpg



2014-08-01 09.40.23.jpg



 検査で合格して初めてコンクリートを打設

できます☆☆☆


2014-08-01 13.47.29.jpg



2014-08-01 13.56.43.jpg



 8/2 土間コンに続き、立上り部分の型枠を組んで

コンクリートを流し込みます。


2014-08-02 10.44.08.jpg



2014-08-02 14.59.56.jpg



 8/4 立上り部分の天端の水平が正確にとれていないと

床の上でボールが転がるだけでなく、

建物自体の垂直も狂ってしまうため、

ここもかなり重要な工程となります☆


2014-08-04 13.52.50.jpg



2014-08-04 13.53.59.jpg




 この後、コンクリートが硬化するまでの間、

しばらく養生期間をとりますので、

しばし、現場日記も空きます。


 8/8 コンクリートが硬化する養生期間が過ぎたので

型枠を解体しました。


2014-08-08 14.08.08.jpg



 8/9 床下の空間は地中熱を蓄えておく“天然ぐり石層”

となります。ジオパイプを通って熱交換された空気は

そのぐり石層を通りながら室内へ吹出されます。

その通り道の確保と、外気の熱損失を抑えるため、

基礎断熱をして特殊なネトロンパイプを配管します。


2014-08-09 11.42.26.jpg



2014-08-09 11.03.13.jpg



 台風11号が直撃する予報なので、

対策をとって、無事通過を祈りました☆


 8/11 何事もなく台風は過ぎてくれて

良かったあ!!

 ということで、前述の“ぐり石層”に

とりかかりました!


2014-08-11 09.15.43.jpg



一つ一つ洗浄して立上り部分に詰めていきます。


2014-08-11 11.15.58.jpg



 ぐり石の大きさも空気が通りやすいよう!

適度に揃えて小さな石は入れません。


2014-08-11 11.23.50.jpg



 並べ終えると、コンクリートが石の間に流れ込まないようにと、

ぐり石層の気密確保のために防湿シートを被せて、

コンクリートの強度を保つためにワイヤーメッシュを敷きます。


2014-08-11 13.27.47.jpg



 そして、コンクリート打設!


2014-08-11 13.26.04.jpg



2014-08-11 13.41.41.jpg



 蓄熱や遠赤外線効果が期待できる“ぐり石層”ができて

基礎工事も完了です!


 お盆明けにはこ硬化して大工工事に取り掛かりますよ♫





2014年07月26日

□地盤改良工事



 地盤調査の結果、軟弱地盤の判定結果が出ましたので、

柱状改良という方法でしっかり改良していきます。

改良とは、建物の不同沈下を防ぎ、長年に渡り建物本来の

強度や機能を損なわないようにする目的ですので、

当然、建物を支えるべた基礎の真下、かつ耐力壁の真下に

柱状の杭を作っていく工事となります。

柱状のしくみはお隣のK様邸をご参照ください!


 7/24 機器を搬入して早速工事開始!!


2014-07-24 11.58.10.jpg



2014-07-24 12.01.09.jpg



2014-07-24 15.48.18.jpg



 7/25 引き続き改良をしていきます。


2014-07-25 15.45.52.jpg



2014-07-25 15.51.34.jpg



 7/26 本日が改良最終日です。

DSC_0331 (1).jpg



太さ50p、深さ5.25mの改良杭40本でお家を支えます!














2014年07月20日

□地鎮祭



 本日は、お陰様で快晴でしたが

陽射しがとても厳しく、暑いので

テントを張って、地鎮祭を執り行いました。


DSC00576.JPG



 施主様ご家族と当社スタッフとで工事の無事完成を祈願しました!

N様の夢を叶えるお手伝いをしっかりさせて頂きますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します!


2014年07月18日

□地縄と丁張りと仮囲い



 地鎮祭、着工前に建物の位置を出して(=地縄)


2014-07-18 14.16.27.jpg



 工事中お隣さんへご迷惑が掛からないよう

外周に仮囲いを設けます。


2014-07-18 16.15.58.jpg


 そして、建物の水平や直角を正確に出します。(=丁張り)

この丁張りを基に、地盤改良・ジオパイプ埋め込み・基礎工事

を行うので、お家の歪みを左右してしまう!!

とても重要な墨出し作業となりますよ!

2014-07-18 14.16.51.jpg



この作業は必ず!社長自ら厳しい目でチェックしながら

進めていきます☆

 そして、丁張りが完了!!


2014-07-18 16.15.51.jpg



2014-07-18 16.16.15.jpg



 来週25日から着工します!

工事中、近隣の皆様に騒音等で大変ご迷惑をお掛けしますが、

何卒、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げますm(__)m











2014年07月07日

□地盤調査



7/7 建物の真下5ヶ所+ジオパイプの埋め込み予定2ヶ所

の計7ヶ所の地盤の強度などを調査します。


2014-07-07 11.55.12.jpg



 偶然ですが、現在工事中のK様邸のお隣です。


2014-07-07 11.54.30.jpg