2015年05月01日

♡内装 木工事


 5/1 最後の建具を取付けて完了です☆

残るはオーダーメイドの神棚のみ。

社長にお願いしました!


2015-05-01 17.39.06.jpg





 4/30 施主様のご希望サイズや機能をお聞きし

一から大工さんと建具屋さんが造ります。

建具を取付ければ完成です☆


2015-04-30 14.00.35.jpg



 ドアを取付けます。


2015-04-30 16.48.29.jpg



2015-04-30 16.52.12.jpg



 階段手すりを取付けます。


2015-04-30 14.01.55.jpg



2015-04-30 17.00.26.jpg






 4/28 内装に電気・設備器具の取付が完了しましたので、

床の養生(傷をつけないため)を剥がして内装建具を

取付け、掃除をします☆


2015-04-28 10.56.18.jpg



 29日は賀露町のお祭りだそうで、前日の今日は

麒麟獅子舞が練り歩いて来られました。

以前当社が家づくりのお手伝いをさせて頂いたご親族

ということもあってか、職人全員の健康と頭が良くなるよう

獅子舞に頭をかじって頂きました!(^^)!


2015-04-28 16.25.23.jpg



2015-04-28 16.25.01.jpg





 4/13 造り付けの食器棚にはサイレントレール付きの

引き出しを設けます。キッチンスペースには欠かせない

存在ですね☆


2015-04-13 13.33.58.jpg



2015-04-13 14.48.36.jpg




 4/8 玄関ポストキャビネットを組立て、

自然塗料で仕上げたので、取付けていきます。


2015-04-08 09.15.51.jpg



 郵便ポストに新聞が挟まった状態では、

風や虫が入り込むという点と、

防犯上、外からのぞき込まれる点を

改善できて、見た目もスッキリオシャレに

なりますよ☆ 下部の木製パイプには傘も

掛けられます。


2015-04-08 14.24.18.jpg



 収納内の可動棚レールを取付けます。


2015-04-08 16.44.23.jpg





 4/7 玄関ポストキャビネットを

オーダーの通り大工さんが造ります。


2015-04-07 14.37.20.jpg



2015-04-07 16.46.28.jpg



2015-04-07 16.50.57.jpg



 内装建具枠のケーシングを取付けて、

巾木や廻縁を留めていきます。


2015-04-07 11.43.58.jpg



2015-04-07 16.17.20.jpg



2015-04-07 14.40.45.jpg





 4/6 ハイクリンボードを張り終えたお部屋から

ドアや引き戸の枠のケーシング(額縁)を取付けていきます。


2015-04-06 11.14.32.jpg



2015-04-06 16.32.25.jpg



 階段の壁下地は斜めに丁寧に張り付けていきます。


2015-04-06 16.29.30.jpg





 4/3 現在住まわれているお家の欄間を

思い出として、仏壇の上に再利用します。


2015-04-03 16.10.37.jpg



 壁下地のハイクリーン石膏ボードを

張り進めていきます。あと少しとなりましたよ☆


2015-04-03 16.46.33.jpg





 4/1 本日より大工職人として新入社員の大嶋さんが

仲間入りしました♫ 先輩大工さんの指導で

軽作業から徐々に仕事を覚えてもらいます。


2015-04-01 15.50.27.jpg



2015-04-01 16.58.53.jpg



2015-04-01 16.59.21.jpg



 女性の大工さんですが、男性に負けない位の

大工さんになってもらえたら嬉しいですね☆

※詳しくは『社長ブログ』をご覧ください!




 オーダーメイドの食器棚を組み、

壁に取付けていきます。


2015-04-01 10.41.35.jpg



2015-04-01 11.05.45.jpg



2015-04-01 13.23.15.jpg





 3/31 施主様のオーダーの寸法で食器棚の

製作に取り掛かりました。



2015-03-31 16.22.30.jpg



 市販のものと違い、食器の大きさや量、

デザインを含め毎日のお料理にとても大活躍する

こと間違いなし!!



 仏壇下部収納のトップカウンターを

取付けます。


2015-03-31 09.27.49.jpg



 2Fの壁下地ハイクリンボードを張り進めます。


2015-03-31 11.13.02.jpg



2015-03-31 16.17.45.jpg






 3/30 仏壇下部収納の枠を取付けます。


2015-03-30 14.07.31.jpg



 キッチン背面のパントリー(階段下利用)の壁に

調湿機能に優れた杉板を張っていきます。


2015-03-30 16.09.30.jpg



 2Fからいよいよハイクリンボードを

本格的に張っていきます。


2015-03-30 16.53.40.jpg


 


 3/28 LDKの壁下地を張り進めていきます。


2015-03-28 11.40.55.jpg



 一部の壁にはハイクリーン石膏ボードを張り始めました。


2015-03-28 11.21.46.jpg



 仏壇下部収納を造っていきます。


2015-03-28 15.58.50.jpg



 土間収納の壁を張り進めます。


2015-03-28 17.34.56.jpg





 3/26 1Fの開口枠を取付けていきます。

玄関横のシューズクロークですよ☆


2015-03-26 13.37.51.jpg



 土間にも杉板を張り、引き戸の枠を取付けていきます。


2015-03-26 09.42.47.jpg



2015-03-26 14.05.00.jpg



 リビングの壁下地を張り進めます。


2015-03-26 10.39.11.jpg






 3/25 大きな開口となる3枚引き戸の枠を取付けます。


2015-03-25 10.05.59.jpg



2015-03-25 17.04.57.jpg



 パソコンカウンターの表面を仕上げます。


2015-03-25 14.23.14.jpg



 2Fの壁下地板張りも終盤です。


2015-03-25 14.10.29.jpg





 3/24 1Fのドア枠や引き戸枠を取付けていきます。


2015-03-24 09.26.25.jpg



2015-03-24 11.45.52.jpg



2015-03-24 11.47.57.jpg



 畳寄せを取付けます。


2015-03-24 12.04.47.jpg





 3/23 押入内の壁に杉板を張っていきます。


2015-03-23 13.30.44.jpg



2015-03-23 13.46.25.jpg



 1Fのドアの枠を取付けていきます。


2015-03-23 14.03.45.jpg



2015-03-23 15.00.37.jpg



2015-03-23 16.51.50.jpg





 3/20 パソコンカウンターを取付けていきます。

まずは、水平の墨だし。


2015-03-20 11.06.46.jpg



2015-03-20 14.12.15.jpg



2015-03-20 14.12.42.jpg



 玄関框を取付けます。


2015-03-20 13.19.36.jpg



 キッチンの対面カウンターを造っていきます。


2015-03-20 16.14.57.jpg



 和室の畳寄せを取付けて、押入の床を張ります。


2015-03-20 16.15.45.jpg



2015-03-20 17.00.05.jpg



 ユニットバスの入口の枠を取付けます。


2015-03-20 16.57.09.jpg




 3/19 2Fの壁下地に桧の板を打ち付けていきます。


2015-03-19 15.59.00.jpg



2015-03-19 17.15.00.jpg




 3/18 1Fリビングの床張りに取り掛かりました。


2015-03-18 13.17.10.jpg



2015-03-18 14.37.02.jpg



2015-03-18 17.11.36.jpg



 2F収納内の棚を取付けていきます。

その設置部分には、予め下地を入れております☆


2015-03-18 13.12.43.jpg



2015-03-18 15.53.04.jpg



 2Fの壁下地も詰めていきます。


2015-03-18 17.12.24.jpg



2015-03-18 17.14.45.jpg



 エアコンの下地や後付けの棚のためにも

桧の野地板打ちは当社では欠かせません☆




 3/17 2Fの収納の壁には引き続き

杉板を張っていきます。


2015-03-17 09.31.52.jpg



 天井には将来のメンテナンスに備え、

点検口を設けます。


2015-03-17 15.56.38.jpg



 2F最後のトイレ用ドア枠を取付けます。


2015-03-17 14.52.34.jpg



2015-03-17 15.58.34.jpg



 階段を取付けたので、その下の天井を

張り納めます。


2015-03-17 17.20.24.jpg





 3/16 2Fから内装建具の枠を取付けていきます。


2015-03-16 11.51.54.jpg



2015-03-16 13.05.58.jpg



2015-03-16 13.45.59.jpg



 クローゼット内の壁は杉板を張っていきます。

湿気がこもり、カビが生えやすい場所なので、

収納内は全て調湿性の高い無垢材を張ります☆


2015-03-16 09.19.18.jpg



 4枚折れ戸の枠を取付けます。


2015-03-16 14.19.17.jpg



 サンルームの床は防湿・防水のクッションフロア

となるので、耐水コンパネを下地に張ります。


2015-03-16 14.18.54.jpg






 3/14 内装建具の枠を取付ける準備に入りました。


2015-03-14 11.03.23.jpg





 3/13 2Fの床も終盤です。


2015-03-13 11.32.55.jpg





 3/12 引き続き2Fのフローリングを張り進めます。


2015-03-12 13.10.05.jpg



2015-03-12 14.46.41.jpg




 3/11 こちらのお部屋は明るくナチュラルな雰囲気です。


2015-03-11 09.47.07.jpg



2015-03-11 11.09.27.jpg



2015-03-11 13.45.25.jpg





 3/9 2階のフローリング張りに取り掛かりました。

カラーは施主様ご家族がそれぞれお部屋毎にお好みを

選ばれました☆


2015-03-09 13.56.54.jpg



 1階に物音が響かないように吸音板の上に

3重張りとなります。床厚合計50oですよ☆


2015-03-09 16.08.44.jpg





 3/7 断熱材で隠れる前におさらいです。

木造軸組工法の耐力壁(=地震の揺れによる倒壊を防ぐ壁)

についてです。斜材を☓状に設置することは一般的ですが、


2015-03-07 09.36.03.jpg




ひとたび揺れが起きると壁は面材のように強靭なため

その両端の柱が土台・梁から抜け離れようとする力が加わります。

当然鉛直荷重を支える柱の足元が抜けてしまうと倒壊するので

それを防ぎ耐える補強金物が必要となります。


2015-03-07 09.36.11.jpg



 基礎コンクリートに埋め込まれたホールアンカーボルト

引き抜きを抑えます。


2015-03-07 09.36.21.jpg



 ただ、筋交い(斜材)を多く取付ければ良いという

わけでなく、こうした専用金物による補強や設置バランスも

高耐震には欠かせない条件となっていますよ☆




 さて、工事に戻ります。


1階の天井下地にハイクリンボードを張っていきます。


2015-03-07 11.25.07.jpg



2015-03-07 16.01.13.jpg



2015-03-07 16.10.03.jpg






 2/24 今週末が構造見学会開催予定で1階は展示スペースのため、

2階を先行して壁の下地を進めていきます。


2015-02-24 11.09.58.jpg



2015-02-24 11.39.53.jpg





 2/23 2階の床の音は1階に響きやすいことから、

フローリングを張る前に吸音ボードを敷き詰めます。

剛床厚床合板を含め3層構造となりますよ☆


2015-02-23 11.56.17.jpg



2015-02-23 16.02.52.jpg



2015-02-23 16.55.27.jpg



 複合樹脂サッシは室内側が断熱や結露防止のために

樹脂製となっています。お部屋毎に樹脂の色を

変えられる所も魅力の一つ。その色に合わせて

それぞれ窓枠も取付けていきます。


2015-02-23 14.20.00.jpg



2015-02-23 16.00.24.jpg



2015-02-23 16.55.42.jpg






 2/21 引き続き2階のハイクリーン石膏ボードを

張っていきます。


2015-02-21 13.55.59.jpg



2015-02-21 14.04.19.jpg



2015-02-21 17.09.22.jpg





 2/20 2階の天井には体にやさしいハイクリーン

石膏ボードを張っていきます。


2015-02-20 16.05.06.jpg



2015-02-20 17.23.06.jpg





 2/19 引き続き1階の天井木下地を進めます。


2015-02-19 13.15.50.jpg



2015-02-19 13.37.15.jpg



 和室や廊下に移ります。


2015-02-19 17.26.25.jpg



2015-02-19 16.19.51.jpg





 2/18 天井はしご本体の取付けます。

2015-02-18 11.23.57.jpg



2015-02-18 13.29.04.jpg



2015-02-18 13.36.15.jpg



 2階の天井下地は完了しました。


2015-02-18 13.54.07.jpg



 1階のLDKの天井に取り掛かるため、

開口部の下地枠と外周の断熱材を取付けていきます。


2015-02-18 11.30.53.jpg



2015-02-18 16.03.01.jpg



 そして天井下地に取り掛かります。


2015-02-18 17.22.20.jpg





 2/17 2階の天井裏に登れるよう、天井はしごの

補強材を取付けていきます。


2015-02-17 17.08.40.jpg



 1階では内装ドアの下地枠を取付けて、

天井を張る前の下準備をします。


2015-02-17 10.49.33.jpg





 2/13 2階の天井の下地工事を続けます。


2015-02-13 15.45.43.jpg



2015-02-13 16.31.56.jpg




 2/10 2階の天井を張る前に内装ドアの

下地の枠を取付けます。


2015-02-10 14.59.31.jpg



2015-02-10 16.01.37.jpg



 2階の梁まで断熱材(高性能グラスウール)を

壁内に留め付けた上で、天井の下地を始めます。


2015-02-10 16.03.36.jpg



 野縁に桧の地板を打ち付けていきます。


2015-02-10 16.18.36.jpg












2015年04月28日

♡外装工事


 4/28 室内土間を仕上げます。


2015-04-28 10.53.03.jpg



2015-04-28 15.47.57.jpg



 外周には雨水の泥はねと、防犯の目的で

いつものように砕石を敷き並べます。


2015-04-28 17.11.00.jpg



 エコキュートを据え付けて、給水・給湯・循環(追い炊き)

の配管を接続します。


2015-04-28 13.57.56.jpg



2015-04-28 13.57.05.jpg





 4/24 左官さんが基礎立上り部分を

モルタル刷毛引き仕上げ、

エコキュート設置場所・室内土間をコテ抑え仕上げします。


2015-04-24 13.22.14.jpg



2015-04-24 14.18.51.jpg





 4/22 玄関・ポーチの床にタイルを貼っていきます。


2015-04-22 11.47.05.jpg



2015-04-22 12.01.56.jpg




 4/8 天候も徐々に良くなってきたので、

5工程の仕上げを続けていきます。


2015-04-08 11.43.08.jpg



2015-04-08 12.09.33.jpg





 4/3 4・5工程ではシリコン系仕上げ材をローラーで

2回重ねて塗り仕上げます。


2015-04-03 10.28.04.jpg



2015-04-03 11.40.27.jpg




 3/31 3工程目は玉吹きといって模様を付けていきます。

塗装の顔となりますので、職人技が光る工程ですよ☆


2015-03-31 10.03.17.jpg



2015-03-31 16.28.38.jpg



2015-03-31 15.26.03.jpg





 3/30 シーラーの次はベースを吹き付けていきます。

全5工程(塗装)の2工程目となります。

一般的な弾性リシン吹付けより耐候性・耐久性

共にUPしますよ☆


2015-03-30 15.40.12.jpg



2015-03-30 15.41.47.jpg



2015-03-30 15.40.46.jpg





 3/26 窓や水切り(ステン)に塗料が付かないよう

養生して、塗料が剥がれないようシーラーを塗って

いきます。


2015-03-26 11.04.51.jpg



2015-03-26 11.10.28.jpg




 3/23 天候も暖かくなったので、塗装工事を

始めます。まずは、専用パテ処理をし表面を平らに

していきます。


2015-03-23 16.24.47.jpg





 2/27 ポーチにはアクセントとして化粧サイディングを

張ります。その他の吹付け塗装と質感を変えることで

衣装性が増しますよ☆


横張りの場合も、外壁内通気も確保しています。


2015-02-27 17.02.48.jpg





 2/26 2階部分も張り終えたら、1階のジョイント同様に

捨てコーキング+ステン水切りを取付けます。


2015-02-26 16.57.35.jpg



2015-02-26 17.17.04.jpg



 そして三角形の屋切り部分を張り進めます。


2015-02-26 16.50.37.jpg





 2/25 1階部分のサイディングを張り終えたら

2階を張る前に必ずジョイント水切り(ステンレス製ホワイト)

を取付けます。

 ※コーキングだけでは、雨水が横に伝うので

コーキングが割れるとサイディング自体に水が染み込み

耐久性が大幅に損なわれます。外観からは気がつきにくい部分なので

最悪の場合はシロアリ被害の可能性も・・・


2015-02-25 14.04.41.jpg



 その水切りの内側には捨てコーキングでサイディング

との隙間を塞ぎます。これは強風時の吹き上げによる雨水の

侵入を防ぐためです☆  見えない所もきっちりプロ施工!

そして念には念を!ですね。


2015-02-25 14.08.16.jpg



2015-02-25 14.29.44.jpg



2015-02-25 14.38.06.jpg



 工事中にも無塗装のサイディングが傷まないよう

軒樋は先行して取付けます。こうしないと

雨の日に雨垂れが足場や地盤の土に当たって

はねるんですよ。(>_<)


2015-02-25 14.10.22.jpg




 2/24 軒天を張り進めていきます。


2015-02-24 11.10.57.jpg




 2/23 1階部分は張り終えました。


2015-02-23 17.15.00 HDR.jpg




 2/20 天気が良い日はサイディングを

張り進めていきます。


2015-02-20 11.09.10 HDR.jpg





 2/18 ポーチ天井の下地の完成です。


2015-02-18 17.25.12.jpg



 軒天と外壁の取り合い部分には、

土台水切りからサイディング裏を空気が

通って軒裏から抜けるよう、通気見切りを

取付けます。強風時にはダンパーが閉じるしくみで

優れものですよ☆


2015-02-18 11.04.42 HDR.jpg






 2/17 ポーチの天井の下地をします。

この場合は、天井が外気に面するため、

天井裏と下がり壁の部分にもしっかり断熱材を

取付けます。


2015-02-17 16.25.03 HDR.jpg



2015-02-17 16.24.06.jpg



 そして、南面・西面の一階部分に無塗装の

サイディングを張っていきます。

※今回は標準仕様とは異なり、吹付け塗装仕上げです。


2015-02-17 13.55.39.jpg



2015-02-17 16.53.34.jpg



2015-02-17 16.57.59.jpg





 2/16 外壁下地の胴縁を取付けた所から

軒天下地に取り掛かります。


2015-02-16 14.13.41.jpg



2015-02-16 15.48.00.jpg



 ほぼ完了しました!


2015-02-14 16.39.18.jpg






 2/14 引き続き、横胴縁を留めていきます。


2015-02-13 14.41.07.jpg



2015-02-14 11.14.29 HDR.jpg



2015-02-14 11.49.47.jpg



2015-02-14 14.12.29.jpg



 外壁の下地はほぼ完了しました☆


2015-02-14 16.39.18.jpg





 2/12 外壁から伝い落ちる雨水が基礎部分にかからないよう

土台水切り(ステンレス製)を板金加工して取付けます。


2015-02-12 13.47.36.jpg



透湿防水シート貼りの全貌です。


2015-02-12 13.19.46.jpg



2015-02-12 13.21.01.jpg



 吸気口や換気扇などが取り付く部分も雨漏りの可能性が

あるので、しっかり防水施工します。見えない所まで

手間ひまかけるのが、ウェリーハウスですよ☆


2015-02-12 15.52.56.jpg



 こちらのお家は縦張りの外壁ですので、

胴縁は横に留めていきます。

この場合でも、外壁通気工法なので外壁内の通気を

(土台水切り〜軒天までの空気の通り道)

確保します。これは外壁の内部結露防止のためです。


2015-02-12 14.09.00.jpg



2015-02-12 16.18.13 HDR.jpg



2015-02-12 16.55.32.jpg






 2/10 サッシが取付けられるまで建物を養生していた

ブルーシートを取り外した状態で、防蟻剤を外周木部に

吹付けていきます。もちろんこれも人体に無害な薬品なので

一般に市販されているものより高級品ですが

施主様の健康が第一です。


2015-02-10 10.30.02.jpg



2015-02-10 10.30.22.jpg



 吹付け完了後、透湿防水シートを貼っていきます。

壁内の湿気を逃がしながら、水は通さないという機能を

もっています。


2015-02-10 11.15.49.jpg



 サッシ周りや換気扇などの開口には必ず、

防水テープで水の侵入を防ぎます。


2015-02-10 15.46.22.jpg



2015-02-10 14.06.28.jpg






2015年04月15日

♡内装工事



 大工工事もほぼ完了したので、

内装屋さんが壁紙を貼る工程に移ります。



 4/15 天井・壁の機能性壁紙貼りは

完成となります。


2015-04-15 16.35.39.jpg



2015-04-15 16.46.33.jpg





 4/14 1Fも貼り進めていきます。


2015-04-14 10.35.00.jpg



2015-04-14 11.24.36.jpg



2015-04-14 11.54.23.jpg





 4/13 パテ処理を終えたお部屋から機能性壁紙を

貼り進めていきます。もちろんお施主ご家族さんが

それぞれのお好みでコーディネートされました。


2015-04-13 10.33.17.jpg



2015-04-13 11.24.25.jpg



2015-04-13 13.35.30.jpg



2015-04-13 16.25.00.jpg



 一面アクセントとされて、高級感も演出できますね☆


2015-04-13 17.34.50.jpg






 4/10 まずは石膏ボードのジョイントやビス穴

をパテ処理していきます。


2015-04-10 08.34.26.jpg



2015-04-10 15.34.52.jpg



2015-04-10 16.27.42.jpg





 

2015年03月14日

♡階段


 3/14 2階まで到達しましたよ☆


2015-03-14 10.13.48.jpg



2015-03-14 11.50.07.jpg





 3/13 仮組み完了後は本留めしていきます。


2015-03-13 13.50.40.jpg



2015-03-13 16.30.34.jpg



2015-03-13 16.54.14.jpg



2015-03-13 17.40.30.jpg



2015-03-13 17.39.27.jpg





 3/12 仮組みが終わりました。


2015-03-12 18.13.41.jpg




 3/11 上部の廻り階段にも取り掛かります。


2015-03-11 16.52.59.jpg




 3/10 K様邸はBasic仕様なので、オーダーで

プレカットした階段となりますが、現場加工は

欠かせません。


2015-03-10 10.07.54.jpg



 廻り階段部分は手間が掛かります。


2015-03-10 13.29.39.jpg



 1段ずつ柱を欠きこんで強度を確保します。


2015-03-10 14.49.20.jpg



2015-03-10 15.12.32.jpg



 仮組みをします。


2015-03-10 17.07.15.jpg



 上がり部分にも廻り階段となりますよ。






2015年02月21日

♡水廻り


 2/21 ユニットバスを組立・設置していきます。


2015-02-21 13.43.42.jpg



 オプションですが、浴槽に入る時につかまる

L型手すりも取付けたので、安心ですね☆


2015-02-21 15.50.35.jpg




 2/13 2階のトイレの排水を天井を張る前に

予め配管しておきます。


2015-02-13 13.05.03.jpg



2015-02-13 13.41.59.jpg





 2/10 ユニットバスが取付けられる場所には、

予め、断熱材(高性能グラスウール)を取付けて

おきます。※組立後には隙間がなく、断熱ができないため


2015-02-10 14.05.25.jpg



2015年02月14日

♡電気工事


 2/14 天井の照明はダウンライトがメインなので

天井下地に位置を出して、下地を補強します。


2015-02-14 16.51.35.jpg



2015-02-14 17.31.48.jpg





 2/7 天井裏の電気配線に取り掛かりました。

照明やスイッチ、TV、電話、換気扇ダクトなど

を予め配線しておきます。


2015-02-07 14.52.59.jpg



2015-02-07 16.26.49.jpg



2015-02-07 11.08.34.jpg




2015年02月12日

♡躯体木工事


 2/12 構造躯体や耐震補強が図面通りに施工されているか?

第三者機関である建築検査センターさんに厳しくチェックして

頂きます。


2015-02-12 16.25.11.jpg



2015-02-12 16.28.53.jpg





 2/10 サッシを全て取付けたので、

建物が濡れないように養生していたブルーシートを

ようやく取り外す時が来ました!

骨組みの全貌です☆


2015-02-10 10.26.30.jpg



 地震時に1階と2階の木材の引き抜きを

抑止するT型の耐震金物もしっかり固定。


2015-02-10 10.48.18.jpg



2015-02-10 10.45.04.jpg



2015-02-10 10.27.14.jpg



 屋根の小屋組みです。


2015-02-10 10.46.18.jpg




 2/9 残りのサッシを取付けて、間仕切りの

間柱を留め付けていきます。


2015-02-09 16.18.17.jpg



2015-02-09 17.24.11.jpg



2015-02-09 16.26.18.jpg



 これで外壁下地となる防水シート貼りの準備は整いました。




 2/7 玄関ドアサッシや勝手口ドアサッシも

水平・垂直を正確に取付けていきます。


2015-02-07 13.23.01.jpg



2015-02-07 14.43.33.jpg



2015-02-07 10.41.54.jpg



2015-02-07 15.48.13.jpg





 2/6 間柱を留めながら、複合樹脂サッシを

取付けていきます。


2015-02-06 17.10.52.jpg



2015-02-06 13.22.32.jpg



2015-02-06 13.34.30.jpg



2015-02-06 16.35.23.jpg





 2/5 耐震補強材の筋交いを全て取付け、

外周の間柱を加工・取付けしていきます。

外壁・内壁共に真っ直ぐとなるよう丁寧に取付けます。


2015-02-05 13.09.46.jpg



2015-02-05 12.00.34.jpg



2015-02-05 15.51.38.jpg





 2/4 天気予報は外れて、良い天気にめぐまれました太陽

耐震用の筋交い(斜め材)を取付けていきます。


2015-02-04 16.08.59.jpg



2015-02-04 15.04.28.jpg



 2階の床下地となる厚さ28oの厚床合板を留めていきます。

剛床工法なので、水平耐力も抜群ですよ☆


2015-02-04 16.01.42.jpg






 2/3 【上棟式】


 いよいよ上棟の日を無事に迎えることが出来ました。

晴天とはなりませんでしたが、西風が強く雪がちらつく

冬独特の天候はおかげさまで和らぎ、絶好の上棟日和となりました。


 木材が雨に濡れないようかけていたシートをはがします。


DSC00676.JPG



 工事の安全と無事完成を祈り、建物の四隅を塩・お神酒などで

清めます。


DSC00685.JPG



 施主様にごあいさつをして、作業員へ工程や注意点などを

綿密に説明します。


DSC00680.JPG



 そして安全第一に作業開始!!


DSC00691.JPG



 一本一本の木材を丁寧に心を込めて組み上げていきます!


DSC00700.JPG



DSC00703.JPG



 AM9:00 2階の床組は組み終わりました。


DSC00707.JPG



 明日から天気が崩れる予報なので、木材が濡れて傷まないよう

特に西側は早めにシートを張っておきます。


DSC00708.JPG



 そして2階の梁(はり)や桁(けた)も次々と納めて

いきます。


DSC00713.JPG



DSC00714.JPG



 3階部分には将来収納スペースとして利用できるよう

根太までは大工さんが取付けます。


DSC00719.JPG



 束を立てて、母屋(もや)を組んでいきます。


DSC00725.JPG



 午前中の最後には、施主様にお家のてっぺんとなる

棟木を納めていただきました。


DSC00730.JPG



DSC00737.JPG



 お昼にはK様のご厚意で、マイクロバスをチャーターして

頂いたおかげで、暖かい中おいしくお弁当を頂くことができました☆

ありがとうございましたm(__)m お昼から作業も精が出ます!


DSC00739.JPG



 お昼からは屋根の垂木(タルキ)を打ち付けて

屋根下地を張っていきます。


DSC00740.JPG



DSC00741.JPG



 空かさず防水ゴムアスルーフィングを貼っていきます。


DSC00745.JPG



 本日の工程は3時前には完了しましたので、

耐震補強金物や斜めの筋交いを取付けていきます。


DSC00747.JPG



DSC00748.JPG



DSC00749.JPG



 屋根工事も開始しました。

防災洋瓦用の桟木を留めていきます。


DSC00750.JPG



 完了したので明朝から瓦を葺いていきます。


DSC00751.JPG



 建物が雨に濡れないよう、壁一面ブルーシートで覆い

養生します。施主様の大切な木材や合板などを濡らさない

ようにすることが当たり前のこととやってきましたが、

意外と他の現場ではされていないようです(+o+)


20150203_170042.jpg



最後に、無事上棟を終了して目標の工程を大幅に

捗ったことを讃えて社長があいさつし、

全員で記念撮影しました☆

K様も一日ご参加頂きまして、ありがとうございました!

そして、大工さん達もお疲れ様でした!


DSC00754.JPG





 2/2 明日の上棟に先行して足場を組み立てました。


2015-02-02 16.39.40.jpg




 1/30 全ての鋼製束をコンクリートボンドとコンクリート釘

でしっかり固定し、床が水平になるよう調整します。


2015-01-30 10.29.40.jpg



 床組の間には、床下断熱材をはめていきます。


2015-01-30 10.41.42.jpg



 もちろん省エネ最高等級仕様ですよ☆


2015-01-30 14.14.46.jpg



2015-01-30 13.37.06.jpg



 次に泊の作業場で加工した厚床構造用合板を留めていきます。


2015-01-30 14.08.33.jpg



2015-01-30 15.38.59.jpg



2015-01-30 16.37.26.jpg



 雨に濡れないよう養生シートを被せます。

これも重要な工程ですよ!!


2015-01-30 16.58.53.jpg




 1/29 基礎に既定の寸法の墨を出して、

シロアリにも強い“桧”の土台を据えていきます。

 まず予め基礎コンクリートに埋め込んでいた、

土台を固定するためのアンカーボルトや

基礎と主要な柱を固定するホールアンカーボルトの位置に

穴をあける墨を土台に付けます


2015-01-29 10.10.48.jpg



 その位置にドリルで穴をあけます。


2015-01-29 11.01.12.jpg



 基礎の外周には、床下通気のための通気パッキンを

取付けていきます。一般的には基礎を数か所四角に空洞を設けて

通気をとっていますが、その分基礎が弱くなり風通しも

偏ってしまいます。土台の腐食防止やシロアリ対策の点でも

基礎パッキン工法は耐久性抜群ですよ☆


2015-01-29 12.05.54.jpg



 土台を組み立てて固定していきます。


2015-01-29 15.17.08.jpg



 お馴染みの体に無害なシロアリ防蟻剤を

入念に吹き付けていきます。


2015-01-29 15.30.26.jpg



2015-01-29 15.43.57.jpg



 シロアリも食べない鋼製の束で床をしっかり支えます。


2015-01-29 17.10.20.jpg



2015-01-29 17.10.56.jpg





 1/15 作業場では水平耐力用の剛床板28o厚の

墨付けを始めました。1・2階の床下地にもなります。


2015-01-15 10.36.10.jpg




2015年02月05日

♡屋根工事


 2/5 棟も葺き終わりました。

屋根からも日本海が一望できます。


2015-02-05 15.45.01.jpg



2015-02-05 15.45.51.jpg



 


 2/4 朝から天気も良いので、防災洋瓦を葺いていきます。


2015-02-04 13.48.49.jpg



 瓦一枚に錆びない2本のステンレス釘でしっかり

留めていきます。海風が強くても瓦がずれることは

ありませんよ☆


2015-02-04 13.50.21.jpg



2015-02-04 13.53.18.jpg



 平瓦は葺き終わり、残すは棟瓦。


2015-02-04 16.25.22.jpg



雨水の侵入を防ぐ漆喰を予め盛り均します。


2015-02-04 17.09.23.jpg



2015-02-04 17.08.07.jpg



2015-02-04 16.18.27.jpg





 2/3 上棟日の午後にはゴムアスルーフィングと

瓦の桟木まで完了しました。


DSC00750.JPG






2015年01月23日

♡基礎工事


 1/23 立上りの養生期間を終えて、型枠を解体しました。

着工後は雪も少なく、天候に恵まれたおかげで順調に進み

基礎工事もほぼ完了となりました。


DSC_0492.jpg



DSC_0493.jpg





 1/16 立上り部分の型枠を組み、コンクリートを

流し込んでいきます。その後、土台(桧)と基礎が

離れないようにアンカーボルトを、

地震時に柱と基礎が離れないようにホールアンカーボルトを

私がそれぞれ適所に埋め込みます。


2015-01-16 14.42.02.jpg



2015-01-16 15.18.00.jpg





 1/13 第三者検査機関より配筋が図面の通り正しく、

規定の間隔で配筋されているか?厳しい目でチェック

して頂きます。⇒問題なくクリアしました☆☆☆


2015-01-13 08.36.40.jpg



 天気予報の通り、天候にも恵まれましたので

予定通り、生コンを打設していきます。


2015-01-13 09.11.34.jpg



 鉄筋の下にも丁寧に流し込み、抑えていきます。


2015-01-13 09.24.11.jpg



2015-01-13 09.46.46.jpg



 固まるまで、養生期間を置きます。




 1/9 捨てコンが固まったので鉄筋を組んでいきます。


2015-01-09 13.30.33.jpg



2015-01-09 13.50.15.jpg



 キレイに整列された20センチ間隔の鉄筋

はやっぱり美しいですね☆

配筋の後は外周の型枠を組み立てていきます。

建物の外周は耐震の役割が大きいので

ウェリーハウスではダブル(二重)配筋が鉄則ですよ☆


2015-01-09 15.47.45.jpg



2015-01-09 15.49.01.jpg



 連休雪マークが出ていたので、鉄筋に雪が積もらないよう

養生ブルーシートで覆います。こういった見えないプロ意識も

施主様のために!ウェリーハウスが建てるお家の長寿命の秘訣☆


20150111_162004.jpg



 連休明けは太陽が続くので、配筋検査を受けて

いよいよ生コンを打設する予定です。



 1/6 いよいよ基礎工事を開始します。

べた基礎の深さまで掘り出し、砕石をしっかり転圧します。


地鎮祭で授かった鎮め物を砕石の中へ埋めます。


2015-01-06 12.49.34.jpg



 予め水廻りの配管を通しておきます。


2015-01-06 12.57.22.jpg



 今回からシロアリ対策の防蟻剤は土壌に撒かず

耐久性の高い特殊な防蟻・防水シートでシャットアウトします。

これでシロアリ10年保証の仕様となります。


2015-01-06 13.16.53.jpg



 外周にはシートを抑え、型枠を水平に並べられるための

捨てコンクリートを打設し、養生期間で2日空けます。


2015-01-06 13.06.31.jpg



2015-01-06 13.24.55.jpg



2015-01-06 13.35.17.jpg





 1/5 今日から仕事初めです。お隣との境界が狭いため

基礎工事に先行して設備屋さんが雨水や汚水の配管を

埋め込みました。



 12/26 午後より大工さんが基礎工事の基準となる

丁張をかけました。 

2015年01月21日

♡屋外給排水工事


 1/21 基礎工事の前に予め配管を所定の位置に通していたので、

建物の外側から本管へ繋いでいきます。


2015-01-21 10.19.30.jpg



 それと同時に、雨水の配管や桝を設置します。


2015-01-21 10.31.57.jpg






2014年12月24日

♡地鎮祭


 本日はお天気に恵まれ、無事K様邸の地鎮祭を

執り行いました太陽


DSCF0148.JPG



DSCF0155.JPG




 来年より工事を開始します。

何事もなく安全に!立派なお家となりますよう!

工事をさせて頂きます。


 余談ですが、今日はクリスマスイブですね☆



2014年12月16日

♡地盤調査


 12/16 雪がチラつくとても寒い日でしたが、

お家を支える地盤がしっかりしているのか?

建物の真下5ヶ所で調査しました。


2014-12-16 15.12.34.jpg



2014-12-16 14.36.58.jpg