2015年02月14日

☆完成しました!☆〜リフォームF


 約1ヶ月半前に着工しまして、ようやく

完成となりましたので、一部ですがご覧ください。


【トイレ】

 Before・・・大便器と小便器がそれぞれ仕切られて

使用されていましたが、広く一つで充分とのご希望。


DSCF0194.JPG


 ↓↓↓

 After

 扉は片引き戸としました。


DSC00771.JPG



 少し狭かったトイレもこれでゆったりですね☆


DSC00769.JPG





【お風呂】

 Before・・・タイルで冷たく、そして寒い。お掃除が大変。

        浴槽もステンレスで冷たく、狭い!とお困り。

        
DSCF0193.JPG


 ↓↓↓

 After  断熱パックされたユニットバス。

     床も畳ほどの柔らかさであたたかい肌触り。

    もちろん浴槽は、湯が冷めにくい魔法瓶使用☆


DSC00773.JPG



 給湯器も取り換えられましたよ☆


DSC00784.JPG




【和室続き間】

 Before・・・畳下の木材がシロアリに浸食されていて
       
       床が抜け落ちる寸前でした。

       建具まで被害に!!


DSCF0202.JPG



DSCF0201.JPG



 ↓↓↓

 After  床組から総入れ替えをし、シロアリ駆除

     をした後、さらに炭八で湿気対策!

     和紙畳で仕上げました☆


DSC00763.JPG



DSC00765.JPG




【和室⇒洋室×2間】

 Before 生活スタイルの変化で洋室をご希望。


DSC_0414.jpg



DSCF0191.JPG



 ↓↓↓

 After 落ち着いたシックな雰囲気に生まれ変わりました。


DSC00780.JPG



DSC00776.JPG



DSC00779.JPG



【キッチン床 張り換え】

 Before・・・表面が傷み、剥がれだしていました。



DSCF0196.JPG



 ↓↓↓

 After 明るい雰囲気となり、お手入れもラクラク♪


DSC00774.JPG



【蔵の外壁 張り換え】

 Before・・・トタンが錆びて雨水が侵入し

       シロアリの棲み家となっていました。


2014-12-03 13.08.24.jpg



 ↓↓↓

 After シロアリ駆除を施してから

    トタンを張り替えました。


DSC00785.JPG



【その他】

 
 傷んだ外壁(焼き杉)を張り替えました。


DSC00787.JPG




 濡れ縁を新設しました!


DSC00789.JPG




 今回もシロアリ被害が深刻でした。

せっかく手に入れたマイホームもメンテナンスを

怠ると雨水が侵入、又は内壁結露をおこして

シロアリが好む環境となってしまいます(涙)。


 そうならないよう、新築には徹底して対策しております。

築10年以上経ったお家は、無料でシロアリ点検しますので、

ぜひ定期的にプロの検査を受けて頂くことをお勧めします。

 私が伺いますのでぜひ気軽にご連絡くださいませ!(^^)!






posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

2015年02月12日

リフォームF〜ハウスクリーニング


 2/12 内装工事は全て完了しましたので、

お引渡し前に専門業者さんがクリーニングします。



2015-02-12 09.48.41.jpg



2015-02-12 09.49.00.jpg



2015-02-12 09.50.19.jpg








posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

2015年02月02日

リフォームF〜濡れ縁


 2/2 ズームアップして撮りました(^_^;)


2015-02-02 14.07.52.jpg




 1/31 少し遠目の写真ですが、完成しました。

春先の晴天時には解放的な空間を演出してくれますね。


2015-01-31 10.56.31.jpg




 1/26 和室の続き間の外側に濡れ縁を新設します。

天気の良い日にハキダシを開けると広く開放感が出ますよ。


2015-01-26 16.08.53.jpg



 床組の上に自然塗装を施した杉板を張り並べて

いきます。


2015-01-26 16.39.54.jpg



posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜キッチン床


 2/2 工事中に傷がつかないよう養生していたベニアを

取り除きました。後日一斉にハウスクリーニングする予定です。


2015-02-02 14.02.48.jpg



 従来の分電盤では電気容量が不足していたため、

容量アップのため電力メーターと分電盤を取り換えます。


2015-02-02 13.52.43.jpg



2015-02-02 13.58.37.jpg





 1/20 キッチンの床は他のお部屋に比べシロアリ被害も

少なく、根太も傷んでいないことと、ご予算の関係で

既存のフローリングの上に新たにフローリングを張る

カバー工法とします。


2015-01-20 11.37.48.jpg



2015-01-20 13.52.00.jpg



 専用の接着剤を使用します。


2015-01-20 13.51.45.jpg



2015-01-20 16.08.07.jpg




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜トイレ改修


 2/2 便器などの器具を取付けました。


2015-02-02 14.00.29.jpg



 1/31 仕上げ工事は完成しました。


2015-01-31 10.58.51.jpg



 便器などの器具取付けができるようになりました。




 1/28 床はお掃除ラクラクのクッションフロアを

貼るため、下地を均していきます。


2015-01-28 17.05.40.jpg




 1/27 トイレも仕上げのためのパテ処理を始めました。


2015-01-27 16.36.00.jpg



2015-01-27 17.17.33.jpg




 1/24 片引き戸の枠を取付けます。


2015-01-24 08.46.28.jpg



 完了後は壁の下地に耐水プラスターボードを

張っていきます。


2015-01-24 16.22.10.jpg





 1/22 開口枠を取付けて、天井下地に取り掛かります。


2015-01-22 13.30.21.jpg



2015-01-22 15.46.43.jpg



 天井裏に断熱材を敷きます。


2015-01-22 16.19.38.jpg





 1/21 床下空間を設けて、床組の根太を新設していきます。


2015-01-21 15.46.34.jpg




 1/15 新しく設置する便器に合わせて配管をやり直します。


2015-01-15 11.19.19.jpg



2015-01-15 11.29.55.jpg



 配管が完了したので、シロアリ防蟻・駆除剤を入念に

吹付けます。もちろん人体に無害な薬品を使用していますよ。


2015-01-15 15.34.13.jpg



2015-01-15 15.57.04.jpg





 1/13 小便器と大便器と分けて使用されていましたが、

その必要もなくなり、広く使われたいとのことで、

仕切りを取り除き、新たにお手入れしやすい

節水型のトイレへと生まれ変わります。


DSCF0195.JPG



DSCF0194.JPG



 ↓↓↓


 冷たくお手入れしにくいタイルから解体します。


2015-01-13 11.25.51.jpg



2015-01-13 11.30.10.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜和室⇒洋室×2部屋


 2/2 スイッチやコンセントなどの電気工事に

とりかかります。


2015-02-02 14.09.13.jpg



 扉も新しく取付け完了!


2015-02-02 14.03.30.jpg




 1/26 壁も貼り進めていきます。


2015-01-26 11.54.05.jpg



2015-01-26 14.52.37.jpg




 1/24 天井から機能性壁紙を貼っていきます。


2015-01-24 16.21.39.jpg




 1/23 廻縁を留めていきます。


2015-01-23 11.23.05.jpg



 以前は4枚の襖で間口4mの収納を仕切ってありましたが、

洋室へと生まれ変わるため、中央に桧の化粧柱を設けて

クローゼットとして半分に分けます。

荷物を支える強度も増して、折戸となり使い勝手も良くなります☆


2015-01-23 17.28.43.jpg





 1/22 パテ処理の仕上げとして、パテの凹凸を

平らに削り取ります。


2015-01-22 10.57.26.jpg





 1/21 引き続き、パテ処理を進めていきます。


2015-01-21 15.44.37.jpg




 1/20 壁と同時進行で機能性壁紙の下地パテ処理を

進めていきます。


2015-01-20 13.40.41.jpg



2015-01-20 13.55.12.jpg



2015-01-20 15.47.47.jpg





 1/19 壁下地となるハイクリーンボードも張っていきます。


2015-01-19 14.36.44.jpg



2015-01-19 10.53.19.jpg



2015-01-19 16.41.22.jpg





 1/15 もう一部屋の天井下地も張っていきます。


2015-01-15 11.00.25.jpg



 押入周りの額縁を取付けて、壁下地も進めていきます。


2015-01-15 13.14.25.jpg



2015-01-15 15.07.48.jpg



 一方のお部屋の床を仕上げていきます。


2015-01-15 16.02.25.jpg





 1/14 天井裏に敷かれていた25年前の断熱材は薄く

傷んでいてその機能を失っていたので、新しくグラスウールを

敷き詰めます。(屋根裏より撮影)


2015-01-14 11.21.15.jpg



 天井が終われば、床の仕上げへと移ります。


2015-01-14 13.09.23.jpg



 開口に額縁を入れながら、壁下地も進めていきます。


2015-01-14 16.11.15.jpg





 1/13 火打ち金物(斜材)で梁の水平力を補強します。

なんと!従来から取付けられていた火打ち(木材)には

釘留めのみで、耐震補強用ボルトは省かれていました。

地震が起きたら確実に抜け落ちるところです。

これが手抜き工事の実態です・・・


2015-01-14 09.56.54.jpg



2015-01-14 10.01.40.jpg



2015-01-14 11.07.23.jpg



 天井下地に取り掛かります。


2015-01-13 14.49.05.jpg



 下地材はもちろん体にやさしいハイクリーンボードを

使用します☆


2015-01-13 16.24.29.jpg



 一方で、ジュラク塗りの真壁から機能性壁紙の大壁へと

仕様変更していきます。


2015-01-13 16.20.35.jpg



2015-01-13 16.20.46.jpg





 1/10 和室の続き間と同様に、『炭八』を

床下に敷き並べ、新しい床組の木材にも防蟻剤(人体無害)

を吹き付けます。


2015-01-10 14.13.32.jpg




 小屋組みの後は、洋室(畳ではない)なので

床下の断熱材を入れて構造用合板を下地として張ります。


2015-01-10 15.35.22.jpg



2015-01-10 16.14.58.jpg



 床下地合板を張り終えた部屋から天井の解体を始めます。


2015-01-10 16.29.32.jpg



2015-01-10 17.15.37.jpg



 天井裏の小屋組みがあらわとなったところで、

屋根に問題がないか?雨漏りチェックをします。


2015-01-10 17.30.11.jpg



 「柱(右)の長さが足りていない」とか、

「全体的に梁が細く、火打ちも少なく水平力が弱い」

など社長の指摘がありました。


2015-01-10 17.30.42.jpg



 補強も必要です。




 1/9 もう一部屋の和室も洋室へ!

まずは解体から。


2015-01-09 10.52.01.jpg



2015-01-09 11.22.06.jpg



 シロアリ被害にも遭い、古く傷んだ床組を撤去して

根太を横に組み直します。


2015-01-09 17.20.54.jpg



 ここにも被害跡が・・・


2015-01-09 17.35.43.jpg





 1/8 以前は和室として利用されていましたが、

生活スタイルの変化から、洋室への改装をご希望されました。


2015-01-08 14.21.46.jpg



まずは解体作業です。続き間同様にパーティクルボードの腐食と

シロアリ被害を確認できました。


2015-01-08 16.23.56.jpg



 全て撤去し、新たに床組みを進めていきます。


2015-01-08 16.46.04.jpg



 フローリング仕上げとなるので、根太(桧6センチ角)

を30センチの間隔で取付けていきます。


2015-01-08 17.50.17.jpg






posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

2015年01月31日

リフォームF〜バスリフォーム


 1/31 既存の電気温水器の調子が悪くなっていたため、

施主様のご希望で取替えました。


2015-01-31 10.56.31.jpg




 1/26 脱衣室から入るユニットバスの新たな開口周りを

一面補修していきます。


2015-01-26 14.55.00.jpg




 1/24 ユニットバスを組み立てていきます。

断熱パック仕様なので、冬の一番風呂もあったかく

入れますよ☆


2015-01-24 09.03.15.jpg



2015-01-24 12.11.45.jpg





 1/15 解体後はユニットバスに合わせて配管をやり直し、

土間のコンクリートを打設する前に土壌や木部のシロアリ防蟻剤を

たっぷり撒きます。


2015-01-15 15.55.40.jpg





 1/14 浴槽を取り外し、床を解体して

ユニットバスが入るスペースを確保します。


2015-01-14 09.53.39.jpg



2015-01-14 11.03.53.jpg



2015-01-14 11.20.20.jpg



 床下には土が詰まっているので、

コンクリートを打設できるまで取り除きます。




 1/13 昔ながらのタイルのお風呂でしたが、

肌触りが冷たく、寒いということでユニットバスを

ご希望されました。お手入れも断然ラクになりますよ☆


DSC_0442.jpg



 ↓↓↓

 まずは天井を解体します。


2015-01-13 15.02.24.jpg



2015-01-13 15.49.46.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

リフォームF〜和室続き間


 1/31 ひびが入っていたジュラク壁の補修をして、

あとは湿気・カビ・シロアリに強い和紙畳を敷くだけとなりました。


2015-01-31 10.58.27.jpg




 1/9 床下の木材・土壌にはシロアリ用防蟻剤を散布しましたが、

さらに調湿・防虫効果の高い木炭を袋に詰めた『炭八』を

敷きます。これでカビなどの菌も防ぐことができて

健康的ですよ☆


2015-01-09 09.51.01.jpg



2015-01-09 09.51.11.jpg



 続き間の床は畳なので、パーティクルボードではなく

必ず杉の座板を張っていきます。


2015-01-09 17.21.49.jpg



 ちなみに断熱材は畳の中へ入っています。




 1/8 以前は束には木を使用しておりましたが、

シロアリ被害防止と強度を高め、調整もスムーズな

鋼製束を使用します。


2015-01-08 09.48.38.jpg



 畳の下地を張る前にシロアリの駆除と

防蟻剤を土壌と床組に吹き付けていきます。


2015-01-08 14.34.55.jpg



和室6帖と8帖の続き間の床組は完了!

防蟻剤が乾燥してから次の工程となります。


2015-01-08 14.47.59.jpg




 1/7 永年経過したことで地盤が不同沈下していたので、

レベル(水平)の墨を出し直して床組みを始めます。


2015-01-07 14.43.51.jpg



2015-01-07 15.48.02.jpg



 床組に使用する材料は

大引=9センチ角の桧(ひのき)

根太=6センチ角の桧

理由は杉より高価ですが、杉より約1.5倍の強度があり

シロアリに強い(シロアリが嫌がる匂いの成分がある)

からですよ。いわゆる適材適所☆


2015-01-07 16.28.07.jpg



2015-01-07 16.57.37.jpg





 1/6 まずは解体撤去していきます。


2015-01-06 17.21.56.jpg



 基礎コンクリートの立上り部分に縦に筋が見えて

いるのが、シロアリの通り道です・・・


2015-01-06 16.50.06.jpg



2015-01-06 16.49.14.jpg






 【2014年11月】 


 施主様より、他社さんで建てられた築25年のお家が

「畳がブヨブヨしていて気持ち悪い」とのご相談を受け、

畳をはぐってみると、畳の下地にはNGの!

パーティクルボードが張ってありました(+o+)



DSCF0200.JPG



DSCF0199.JPG



これは木片を接着剤で固めたもので、湿気に弱く

足が踏み抜ける程の危険な状態でした!

そして、嫌な予感も的中!!

床下だけではなく、ガラス戸の枠までシロアリの被害!


DSCF0201.JPG



 畳や床組みを解体処分して、シロアリ駆除後

新たに床を組み直すこととしました。




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

2015年01月22日

リフォームF〜外壁補修


 1/22 透湿防水シートを貼り、2回塗装処理済みの

耐候性の優れた焼き杉板を張っていきます。


2015-01-22 10.42.46.jpg



2015-01-22 13.14.24.jpg



2015-01-22 15.48.25.jpg





 1/21 雨樋が詰まって落ちる雨垂れが、外壁へとはね返り

焼き杉板が腐食していたので、新たに“焼いた杉板の上に2回塗装処理”

を施した焼き杉を張ります。


 まずは、既存の傷んだ外壁を剥がします。


2015-01-21 16.20.29.jpg



2015-01-21 15.47.33.jpg



posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF

2015年01月13日

リフォームF〜蔵の外壁張り替え



 1/13 何十年か前に貼られていた波トタンが錆びて

その機能を失っていましたので、補強して貼り換えを

します。


2014-12-03 13.08.24.jpg



 ↓↓↓


2015-01-13 11.34.59.jpg



2015-01-13 11.26.47.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォームF