2017年12月22日

屋根修繕K


 経年劣化もあるかと思いますが、棟瓦の

面戸が剥がれてきているとのことで、

軽量化、耐震補強した工法で新たに葺き直します☆


2017-10-17 09.32.56.jpg



2017-10-17 09.40.18 HDR.jpg



2017-10-17 10.08.58.jpg














 12/22 耐久性に優れたスーパーなんばん”を

練って棟に盛っていきます☆


2017-12-22 08.41.14.jpg



2017-12-22 08.43.42.jpg



2017-12-22 08.48.51.jpg



 平瓦との隙間を無くすよう、コテで

押さえて整えます☆


2017-12-22 09.50.50.jpg



 新たに石州ののし瓦”をステンレス製の

番線で固定していきます☆


2017-12-22 09.57.22.jpg



2017-12-23 14.22.10.jpg



 その上に再度スーパーなんばん”を

詰めて桟木を棟木に到達する釘で固定します☆


2017-12-23 14.22.52.jpg



2017-12-23 14.22.23.jpg



2017-12-23 14.22.41.jpg



 最後にその桟木に向けて2本のステンレス製ビスで

冠瓦を固定します☆


2017-12-23 14.22.13.jpg



2017-12-23 14.22.24.jpg



2017-12-23 14.22.22.jpg



 工事完了です☆


2017-12-22 14.46.30.jpg



2017-12-22 14.47.33.jpg



 物置側はのしを使用せず、丸瓦を納めます☆


2017-12-22 14.46.40.jpg














 12/21 既存の棟瓦の下に盛られたいた重量の

ある赤土を撤去していきます☆


2017-12-21 16.39.07.jpg



2017-12-21 16.39.38.jpg



2017-12-21 16.41.14.jpg



2017-12-21 16.41.20.jpg



2017-12-21 16.49.44.jpg



 倉庫も同様に撤去します☆


2017-12-21 16.51.29.jpg



 新たに盛る土は耐久性・耐候性に優れた

スーパーなんばん”を使用します☆


2017-12-21 16.45.43.jpg



 赤土の表面仕上げに塗る漆喰では

また数年後剥がれる可能性があるので、

この特殊な練土が、従来の赤土+漆喰の

役割を同時に果たします☆


















posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部地震被害復旧工事

屋根瓦修繕J


 昨年の地震でずれた従来の棟納めの

工法を変えて軽量化・耐震補強しながら

修繕していきます☆


DSC_1519.JPG















 12/22 仮設足場を解体して工事完了です☆


2017-12-22 16.53.34.jpg



1.png














 12/20 大屋根の修繕は完了しました☆


2017-12-20 07.53.45.jpg



2017-12-20 07.59.12.jpg



 1Fの下屋根は損傷が少ないので工法を替えます☆

冠瓦を一旦剥がして、桟木を固定して強化漆喰を盛り

再び冠を元に納めます☆


2017-12-20 14.37.02.jpg







 




 12/19 現場を離れて写真が飛びましたが、

大屋根の下地に棟金具を取付け桟木を固定。

その両サイドに漆喰を盛り丸冠瓦を被せて

ステンレス製ビスで一枚一枚しっかり固定しました☆


2017-12-20 07.53.45.jpg











 12/18 仮設足場を組んで既存の

ずれた棟や赤土を撤去します☆


2017-12-18 11.10.04.jpg



2017-12-18 11.24.24.jpg



2017-12-18 11.28.53.jpg



2017-12-18 11.56.08.jpg



2017-12-18 11.56.26.jpg



2017-12-18 11.57.25.jpg















posted by こまさん at 00:00| 中部地震被害復旧工事

2017年11月15日

屋根瓦修繕I


 倉吉市伝統的建造物に指定された建物の

震災被害を受けた屋根部分を修繕していきます。


2017-10-13 09.32.12.jpg









 11/15 きまち色の防災和瓦を葺き終えました☆


2017-11-15 14.35.32 HDR.jpg



2017-11-15 14.33.42.jpg











 11/14 引き続き、瓦を葺きます☆


2017-11-14 10.40.47.jpg



 防災瓦一枚一枚にステンレス釘2本ずつ

留めていきます☆


2017-11-14 10.45.57.jpg













 11/13 ゴムアスルーフィングの上に水抜きテープを

貼り、瓦の割り付けに合わせて桟木を固定します☆


2017-11-13 12.49.09.jpg



 きまち色の瓦を配置します。


2017-11-13 13.01.39 HDR.jpg



 谷部分には板金水切りを取付けて瓦を葺き始めます☆


2017-11-13 13.06.40.jpg



2017-11-13 13.09.25.jpg












 11/8 ゴムアスルーフィングを貼ります☆


2017-11-08 10.44.01.jpg



 これで防水下地は完了です☆


2017-11-08 11.16.54.jpg













 11/7 下屋根も同様に腐食部分を交換・補強して

桧材で下地を組んでいきます☆


2017-11-07 09.49.36.jpg



2017-11-07 13.08.17.jpg



2017-11-07 13.08.21.jpg



2017-11-07 14.28.47.jpg



 ゴムアス防水シートを貼ります☆


2017-11-07 17.12.38.jpg














 11/6 先ず、道路側半分の腐食した垂木には

桧の垂木を添えて補強します☆

隙間を空けてあった既存の屋根地板を撤去しながら

新たに桧板を密に打ち付けていきます☆


2017-11-06 09.27.34.jpg



2017-11-06 09.27.26.jpg



2017-11-06 09.29.22.jpg



2017-11-06 09.47.29.jpg



 その反対側も同様に補強しながら

屋根地を進めます☆


2017-11-06 13.18.49.jpg



1.png



2017-11-06 15.31.31.jpg



 伸縮性に優れ耐久性が一般品より高い防水シート!

ゴムアスファルトルーフィングを敷いていきます☆☆☆


2017-11-06 15.33.22.jpg



2.png











 11/1 養生ブルーシートを剥がして

既存瓦を一枚一枚外していきます。


2017-11-01 09.53.40.jpg



 土葺きの赤土を撤去します。


2017-11-01 10.39.45 HDR.jpg



 腐食の激しい屋根地板も撤去します。


2017-11-01 13.04.49.jpg



2017-11-01 14.45.14.jpg









posted by こまさん at 00:00| 中部地震被害復旧工事

2017年09月16日

屋根棟瓦修繕H



 中部地震の被害で寄棟屋根の棟がずれてしまった

ので、修繕していきます。


2017-09-05 14.54.39.jpg



2017-09-05 14.54.44.jpg










 9/16 のし瓦の上にさらに漆喰を盛り

冠瓦一枚一枚を棟木に届く長さの専用ビスで

しっかり固定していきます☆☆☆


2017-09-19 08.24.31.jpg



2017-09-19 08.24.32.jpg



2017-09-19 08.24.33.jpg



 寄棟の取合い(接合)部分にも漆喰で隙間なく

綺麗に埋めて完了です☆


2017-09-19 08.24.39.jpg



2017-09-19 08.24.39-1.jpg



2017-09-19 08.24.40.jpg












 9/15 既存の瓦の色は廃番で製造してないので

再利用できるよう丁寧に剥がしておきます。


2017-09-15 08.34.45.jpg



2017-09-15 09.07.10.jpg



2017-09-15 09.07.43.jpg



 棟強化工法として棟金具を屋根下地に留めて

桟木を通します☆

面戸漆喰を盛り直して銅線で縛ったのし瓦を

納めていきます☆


2017-09-15 08.33.28.jpg












posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年06月24日

屋根棟瓦修繕G


 震災でずれてしまった棟瓦を修繕します☆


 6/24 重量のあった既存ののし瓦や棟瓦を

撤去して、専用棟金具を屋根木下地に固定!

その後、棟瓦を支える桟木を取付けます☆


2017-06-24 13.26.45.jpg



2017-06-24 13.38.42.jpg



 耐候性の高い漆喰を被せていきます☆


2017-06-24 13.26.26.jpg



2017-06-24 14.09.30.jpg












posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年05月15日

屋根 棟瓦修繕F


 中部地震で屋根の棟、葺き止め部分に被害がでたため

のし瓦を省き、防災瓦へと軽量化して葺き替えます。


2017-05-16 07.59.13.jpg



2017-05-16 07.59.12.jpg



2017-05-16 07.59.15.jpg



 既存瓦を撤去します。


2017-05-15 08.43.10.jpg



2017-05-15 08.43.45.jpg



2017-05-15 08.51.04.jpg



 棟金物を屋根下地へと固定して

桟木を取付けます☆


2017-05-15 10.50.00.jpg



 接着性・耐久性の高い混合土で桟木を覆い

漆喰で仕上げ、冠瓦を桟木にビス留めしていきます☆


2017-05-15 11.21.43.jpg


2017-05-15 11.24.08.jpg



2017-05-15 11.24.11.jpg



2017-05-15 14.55.49.jpg



2017-05-15 14.56.03.jpg



 下屋根も同様に施工していきます。


2017-05-15 15.04.30.jpg



2017-05-15 15.05.15.jpg



 完了です☆


2017-05-16 06.29.57.jpg



2017-05-16 06.29.50.jpg



 




posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年05月01日

屋根 棟瓦修繕E


 中部地震により、離れと本宅共に

棟瓦に被害が集中したため、修繕していきます。





 5/1 続いて、本宅の重量の重かった

棟瓦や赤土を撤去して離れと同様に

専用金具を取付け、防災の軽量冠瓦へと

葺き直します☆


2017-05-01 09.01.07.jpg



2017-05-01 09.14.14.jpg



2017-05-01 11.17.48.jpg



 葺き止め部分には捨て水切りを取付け

防水処理も強化しますよ☆


2017-05-01 15.00.20.jpg



 完了です☆


2017-05-01 15.12.39.jpg



2017-05-01 15.13.34.jpg










 4/28 先ずは、離れの棟被害を

修繕していきます。


2017-04-28 08.54.18.jpg



 太陽光パネルを傷つけないよう養生をして

棟を解体撤去します。


2017-04-28 08.56.13.jpg



2017-04-28 08.53.35.jpg



2017-04-28 08.55.20.jpg



2017-04-28 08.57.03.jpg



2017-04-28 09.19.40.jpg



 補強金物で桟木をしっかり固定します☆


2017-04-28 11.14.04.jpg



 接着性の高い土を盛り、棟の軽量化として

直接冠瓦をのせて固定します☆


2017-04-28 11.27.19.jpg



2017-04-28 14.23.40.jpg



 雪持ちパイプも傷んでいたので交換します。


2017-04-28 14.30.30.jpg



2017-04-28 15.32.37.jpg















 4/26 仮設足場を組みます。


2017-04-26 12.45.51.jpg











posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年04月27日

屋根 棟瓦修繕D


 中部地震の震災で棟瓦、小庇ののし瓦が

壁から離脱する被害が出ました。


2017-02-28 13.41.15.jpg



2017-02-28 14.17.11.jpg



2017-02-28 13.53.50.jpg



2017-02-28 13.55.16.jpg



2017-02-28 13.58.57.jpg



2017-02-28 14.04.47.jpg






 4/27 冠瓦を一旦取り外して赤土を撤去します。


2017-04-27 08.58.12.jpg



2017-04-27 09.30.58.jpg



 赤土の弱点を大幅に改善し、耐久性・接着性の

強い加工粘土を詰めて、桟木を棟に到達する釘で固定☆


2017-04-27 09.35.41.jpg



2017-04-27 09.46.13.jpg



2017-04-27 09.40.04.jpg



2017-04-27 09.43.08.jpg



2017-04-27 09.44.41.jpg



2017-04-27 09.49.39.jpg



 桟木の上にもう一度加工粘土を盛り、冠瓦を

被せてステンレス番線で固定します☆


2017-04-27 09.53.43.jpg



2017-04-27 09.56.04.jpg



2017-04-27 09.59.55.jpg



2017-04-27 10.05.32.jpg



 本宅の修繕工事完了です☆


2017-04-27 17.02.30.jpg



 念には念をで棟全体をステンレス番線で

一体化させて、揺れに対し強くしました☆


2017-04-27 17.02.17.jpg



2017-04-27 17.01.16.jpg



2017-04-27 16.59.15 HDR.jpg



2017-04-27 16.59.06 HDR.jpg



2017-04-27 17.04.16.jpg



2017-04-27 17.00.25.jpg




 工事予定にはありませんでしたが、

倉庫の鬼棟もずれていたので、サービスで

修繕させて頂きました!(^^)!


2017-04-27 16.57.13.jpg



 冠瓦のジョイントも接着シーリングで

強化します☆


2017-04-27 16.53.43.jpg












posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年03月18日

屋根 棟瓦修繕C


 3/18 ずれた棟瓦を撤去処分して

桟木を補強☆新たに漆喰を詰めて

ステンレスビスで一枚一枚固定していきます☆


2017-03-21 16.12.50.jpg



2017-03-21 16.12.50-1.jpg



2017-03-21 16.12.51.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

屋根 棟瓦修繕B


 3/17 ずれた既存ののし瓦や棟瓦・赤土を撤去します。

冠瓦の下部の盛り土が不足して空洞だったことが原因と

判断しました。


2017-03-17 11.50.25.jpg



2017-03-17 11.55.17.jpg



 巴瓦と鬼瓦、下地の桟木は再利用します☆

桟木の上にもしっかり漆喰を詰めた上に

新たにのし瓦と冠瓦をのせて専用ステンレスビスで

しっかり固定していきます☆


2017-03-21 16.12.16.jpg



2017-03-21 16.12.18.jpg



2017-03-21 16.12.26.jpg



2017-03-17 15.49.58.jpg



2017-03-17 15.55.06.jpg



2017-03-17 15.57.01.jpg













posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年03月14日

玄関修繕


 震災で玄関の躯体がずれて内外壁の

破損した部分を修繕します。


2017-03-02 10.57.19.jpg



2017-03-02 10.58.17.jpg



2017-03-02 11.02.53.jpg








 3/15 内装のジュラクも塗り直して

完成です☆


完成外.png



2017-03-14 15.42.53.jpg









 3/13 腰タイルの上部に張ったサイディングを

既存の外壁色に合わせて塗装します☆


2017-03-13 14.21.43.jpg



2017-03-13 14.25.19.jpg









 3/9 外壁の腰部分には新たに石タイルを

張っていきます☆


2017-03-09 11.36.27.jpg



2017-03-09 11.38.29.jpg



2017-03-09 11.50.14.jpg









 3/8 外壁のサイディング部分を塗装する前に

瓦やアルミサッシ窓との取り合い部分に

防水処理としてコーキングしておきます☆


2017-03-08 10.56.07.jpg



2017-03-08 11.03.03.jpg










 3/6 タイル下地を平らに調整します☆


2017-03-06 11.57.48.jpg



2017-03-06 13.59.42.jpg










 3/4 通気シートの上に横胴縁を留めて

サイディングを張っていきます。


2017-03-04 14.55.51.jpg



2017-03-04 17.24.48.jpg



 内装も断熱し直した後、ニューラスボードを

下地に張っていきます。


2017-03-04 11.45.11.jpg



2017-03-04 13.26.59.jpg



2017-03-04 13.27.04.jpg










 3/3 土台と柱の仕口に耐震ボルトで

接合させて補強します☆


2017-03-03 10.47.10.jpg



 玄関サッシ周りに防水テープを貼り

通気シートを貼り直します。


2017-03-03 15.42.20.jpg



 タイル下地にはラスを打ち直して

モルタルを塗ります☆


玄関.png



 壁内の断熱材は高性能グラスウールに

取り替えます☆


玄関2.png









 3/2 構造躯体から補強するため、

外壁のタイルやモルタルを剥がしていきます。


2017-03-02 11.10.58.jpg



2017-03-02 13.13.40.jpg



2017-03-02 16.26.08.jpg















posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年03月08日

外構修繕(公共)


 地盤が歪んで擁壁やタイル舗装に亀裂が

入ってしまった箇所を修繕します。


1.png



2.png









 3/8 犬走りに続き、U字溝の底盤のクラックも

モルタルを押さえて修繕しました☆


2017-03-08 16.13.40.jpg



2017-03-08 16.17.02.jpg










 3/6 割れた犬走りの上に、新たに生モルを盛り

コテで押さえて仕上げていきます☆


2017-03-06 08.58.10.jpg



2017-03-06 09.54.20.jpg



2017-03-06 09.58.00.jpg












 3/4 反対側のスロープも同様に斫って

モルタルを詰めていきます。


2017-03-04 09.10.35.jpg



2017-03-04 09.37.11.jpg



2017-03-04 09.48.43.jpg









 2/28 斫った部分に専用プライマーを塗り

モルタルを詰めて刷毛引き仕上げします☆


2017-02-28 08.49.02.jpg



2017-02-28 09.03.27.jpg








 2/27 階段部分の割れてしまったタイルも

綺麗に斫って撤去します。


3.png



4.png








 2/21 擁壁のクラック部分を一旦削り取ります。


2017-02-21 15.02.16.jpg





posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年03月02日

バスリフォーム



 震災で浴室の壁にクラックが入ったので

これを機にユニットバスにリフォームされます☆


DSC_0998.JPG



2017-02-14 16.00.59.jpg



2017-02-14 16.01.03.jpg










 3/2 完了です☆


2017-03-02 17.44.28.jpg



2017-02-24 15.11.20.jpg



2017-02-24 15.10.24.jpg






 3/1 脱衣室の内装を仕上げた後、

既存の洗面台を設置し直します。


2017-03-01 10.04.55.jpg








 2/28 耐水ボードをパテ処理して

湿気に強くカビが生えにくい機能性壁紙を

貼っていきます☆


2017-02-28 10.58.57.jpg



2017-02-28 11.15.09.jpg



2017-02-28 16.57.56.jpg



 次に耐水性抜群のクッションフロアを

耐水コンパネ下地の上に貼って仕上げます☆

 いずれも、施主様のお好みの柄でコーディネート

出来ますよ!(^^)!


2017-02-28 17.10.56.jpg



2017-02-28 17.30.16.jpg











 2/23 真壁だった脱衣室を大壁にして

湿気対策をとります☆


2017-02-23 10.43.14.jpg



2017-02-23 15.54.19.jpg







 2/22 腐食した土台を撤去して、脱衣室の

床組を桧で組み直し、補強します☆


2017-02-22 16.49.08.jpg








 2/21 土間コンが固まったので、土台の腐食部分を

取り除いた後、TOTO製高機能ユニットバスを組み立てて

いきます。


2017-02-21 08.50.03.jpg



2017-02-21 09.44.39.jpg



2017-02-21 10.30.39.jpg



2017-02-21 11.17.54.jpg



2017-02-21 11.56.39.jpg









 2/17 配管後、土間に砕石を敷き転圧してから

ワイヤーメッシュを入れて生コンを10センチ厚で

打設していきます☆


2017-02-17 09.13.02.jpg



2017-02-17 10.55.44.jpg








 2/16 解体は完了したので、新設するユニットバスに

合わせて給湯・給水・循環、排水を配管し直します☆


2017-02-16 10.03.43.jpg



2017-02-16 14.26.33.jpg








 2/15 浴室の内装や浴槽を解体していきます。


2017-02-15 10.49.01.jpg



2017-02-15 13.00.08.jpg








posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年02月28日

屋根 棟瓦修繕A



 震災でずれてしまった棟瓦を

修繕します☆


2016-10-26 11.45.32.jpg



2016-10-26 11.45.56.jpg







 2/28 既存のし瓦、冠瓦を解体撤去します。


2017-02-28 09.30.23.jpg



2017-02-28 09.44.45.jpg



 防災用の棟金具を取付けて桟木を留めます。


2017-02-28 09.58.31.jpg



 面戸漆喰を塗り上げて新たに冠瓦をステンビスで

しっかり留め付けて完了です☆


2017-02-28 14.00.47.jpg



2017-02-28 15.40.54.jpg




 







posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年02月06日

不動滝公衆トイレ修繕



 湯梨浜町の観光施設の一つ、不動滝の公衆トイレも

中部地震で屋根の棟瓦が被災しましたので、

修繕工事に取り掛かります。



2017-02-03 16.43.41.jpg





 2/6 今後棟がズレることがないよう!

耐震専用ボルトを屋根木下地に向けて取付けます☆


2017-02-04 13.42.03-2.jpg



2017-02-04 13.46.07.jpg



 既存の瓦を再利用して葺き直し、

桟木にステンヒビスで固定します☆


2017-02-04 14.15.57.jpg



2017-02-04 14.15.50.jpg



 棟も真っ直ぐとなり、 耐震補強完了です☆


2017-02-04 15.10.37.jpg



2017-02-04 15.21.29-2.jpg









 2/4 既存の冠瓦とのし瓦を一旦解体して、

 新たに藁を混ぜた赤土を盛り、

通常漆喰を塗る部分には予め白く焼いた面戸瓦を

並べていきます!



2017-02-04 10.16.22.jpg



 こうすることで、面戸の漆喰が経年劣化で剥がれ落ちる

心配はありません☆



2017-02-04 10.19.05.jpg

















posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2017年02月01日

屋根 棟瓦修繕


 震災により棟瓦がズレてしまっていたため

既存の棟瓦を撤去して、のし瓦を使用しない

防災瓦で新たに葺き替えします☆


2017-01-31 08.28.15.jpg



2017-01-31 08.28.26.jpg



2017-01-31 08.31.14.jpg



2017-01-31 08.29.06.jpg



2017-01-31 08.31.52.jpg



 2/1 新たに棟瓦を被せてステンレス製ビスで

桟木に固定して完了です☆


2017-02-01 12.18.17.jpg



2017-02-01 12.19.01.jpg



2017-02-01 12.20.11.jpg










 1/31 重厚感があった分、その重みが揺れで

仇となったしまった既存の棟瓦やのし瓦、赤土を

撤去して軽量化と同時に、耐震化を増強していきます☆


2017-01-31 13.46.42.jpg



 新たに棟金具を屋根地にビスでしっかり留めて

桟木を取付けます☆


2017-01-31 13.48.09.jpg



 桟木と平瓦の隙間には耐久性・防水性の優れた

シルガードで埋めていきます☆


2017-01-31 13.52.15.jpg



2017-01-31 14.08.58.jpg



 当社で行う近年の新築工事では、防災瓦の基本工法

としております。








 1/18 太陽光発電パネルを一部外す必要があるので

仮設足場を組みます。


2017-01-18 09.52.47.jpg














posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事

2016年12月08日

屋根葺き替え工事


 棟瓦がずれて落ちかかっていた屋根の養生ブルーシートを

はがして、既存の瓦と赤土をキレイに撤去します。


2016-12-05 10.06.37.jpg



2016-12-05 11.49.03.jpg



 屋根下地の不陸を調整して耐水ベニアを留めつけ

ゴムアスファルトルーフィングで防水します。

瓦の爪を引っ掛ける桟木の下に水抜きテープを貼り

防災石州和瓦を葺いていきます☆


2016-12-06 09.54.32.jpg



 瓦同士が頑強に噛み合う上に、瓦一枚に対して

ステンレス釘を2本で固定するので

地震の揺れや台風などの強風時にも安心できます☆


2016-12-06 09.51.34.jpg



 肝心な棟瓦ものし瓦を使用せず軽量化し、

金物と桟木をビス留めでしっかり固定します☆


2016-12-06 11.45.39.jpg



2016-12-07 13.03.13.jpg



2016-12-07 13.05.43.jpg









posted by こまさん at 09:38| Comment(0) | 中部地震被害復旧工事