2017年04月07日

屋根修繕工事


 2月に降り積もった記録的大雪の重みで

軒先部分の垂木が折れ曲がっていたため

修繕していきます。


2017-02-24 08.17.46.jpg



2017-02-24 08.17.15-1.jpg



2017-04-05 08.41.14.jpg






 4/7 一旦剥がしていた既存の瓦を葺き直します☆


2017-04-07 13.41.04.jpg



2017-04-07 17.30.46.jpg









 4/6 耐候性・耐久性の高い樋受け金具を用いて

新たに軒樋を取付けていきます☆


2017-04-06 11.45.47.jpg



2017-04-06 11.58.00.jpg










 4/5 折れたしまった垂木(タルキ)を交換する

ため、和瓦を一旦剥がして下地板を撤去します。


2017-04-05 09.20.53.jpg



2017-04-05 10.06.19.jpg



 剥がしてみると、十数年前?に屋根葺き替え工事が

された形跡があり、その際に添えられていた地松の垂木が

桁の上で折れ曲がっていました。


2017-04-05 10.49.56.jpg



 その垂木を全て撤去して、200年かけて強度が

増し、比較的耐候性に優れた桧”(ひのき)の垂木を

新たに取付けます☆


2017-04-05 11.56.25.jpg



2017-04-05 12.00.44.jpg



2017-04-05 14.21.05.jpg



 純和風の屋根は垂木と軒天などが、

そのまま化粧材(下から見える構造)となるので

軒天には水に強く木目が綺麗な杉の化粧板を張って、

その上の見えない部分には桧の野地板を張ります。


2017-04-05 14.49.36.jpg



2017-04-05 15.54.21.jpg



 その上には、伸縮性があり耐久性の高い

ゴムアスルーフィング防水シートを貼ります☆


2017-04-05 15.58.52.jpg











posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | H29 大雪被害復旧工事