2017年06月27日

外壁・バスリフォーム


築30年弱ですが、中部地震により

外壁にクラックが入り、浴室も傷んできた

ことから外壁修繕とバスリフォームをします☆


2017-05-16 09.39.50.jpg







 6/27 清掃して工事完了です☆

床がやわらかく冷たくない!ほっカラリ床”

冬でもお湯が冷めにくい!高断熱浴槽など・・・


今晩から快適におくつろぎください(^O^)/


2017-06-27 13.30.40.jpg



2017-06-27 13.31.43.jpg










 6/26 パテ処理をした後、湿気やカビに強い!

機能性壁紙で仕上げてスイッチやリモコンを取付けます☆


2017-06-26 10.23.32.jpg



2017-06-26 17.47.32.jpg











 6/23 脱衣室の壁下地には湿気に強い

耐水石膏ボードを張ります☆


2017-06-23 11.10.30.jpg



2017-06-23 14.29.55.jpg



2017-06-23 14.30.22 HDR.jpg












 6/22 間仕切り壁の下地を調整して

組み直していきます☆


2017-06-22 14.10.38.jpg









 6/21 脱衣室の床下地に耐水コンパネを

張り、ユニットバス入口に枠材を取付けます。


2017-06-21 15.31.09.jpg



2017-06-21 17.19.35.jpg












 6/20 施主様のご希望の仕様でユニットバスを

組んでいきます☆


2017-06-20 09.29.43.jpg



2017-06-20 15.19.07.jpg













 6/16 浴室の大きな窓を断熱性の高い樹脂サッシに!

プライバシー確保のため小さめの窓で防犯上対策で

格子ありを採用します☆


2017-06-16 11.35.33 HDR.jpg



2017-06-16 16.35.58.jpg



2017-06-16 17.52.02 HDR.jpg



 腐食した外壁にはシロアリ防蟻剤を吹き付けた後

下地の木材を補強して防水シートを張ります☆


2017-06-16 14.02.57.jpg



 もちろん、雨水が侵入していた屋根の防水措置も

バッチリです!(^^)!


2017-06-16 15.22.30.jpg



2017-06-16 15.28.50.jpg



 ユニットバスの仕様に合わせて予め

給水・給湯の配管を繋いでおきます☆


2017-06-16 14.33.40.jpg













 6/15 既存の浴室を解体後、新たなユニットバス用の

給排水配管をやり替えて、砕石を均し転圧します☆


2017-06-15 11.36.18.jpg



2017-06-15 13.58.10.jpg



 ユニットバスを支える基礎をつくるため

土間コンを打設します☆


2017-06-15 17.48.16.jpg










 6/14 地震でひび割れた浴室のタイルを

剥がしていきます。


2017-06-14 08.13.53.jpg



2017-06-14 09.01.14.jpg



2017-06-14 10.40.42.jpg



2017-06-14 16.05.23 HDR.jpg



2017-06-14 16.26.13.jpg










 6/13 クラック(ひび割れ)大きく縦に入った

モルタル壁を剥がしていきます。


2017-06-13 10.45.52.jpg



2017-06-13 11.27.16.jpg



 すると外観ではわからなかった事実!!

下屋根の葺き止め部分から雨漏りしていたことが

発覚しました。写真の通り、長年続いていたと

思われます。原因は当時新築工事を請けられた業者

の防水施工に問題があったと思われます・・・


外壁腐食.png



 ラス地の板は雨水により腐食して

そのことでシロアリの住み家となり

柱までも食べられていました。

当時の断熱材で主流のグラスウールも

水を吸い込んでいたので撤去します。


2017-06-13 15.59.07.jpg









posted by こまさん at 00:00| Comment(0) | リフォーム27