2018年01月10日

喫茶店外部工事喫茶店


 1/10 内部・外部共にハウスクリーニングを

していきます☆


2018-01-10 12.03.46.jpg



2018-01-10 11.36.06.jpg















 1/6 当社はパナソニック製エコキュート370L

フルオート(通話リモコン)を標準仕様としております☆

浴室⇔LDKで会話ができるので、

小さなお子様をお風呂に入れて、迎えに呼んだり

「シャンプーが切れた!持ってきて!」なんてこともOK!

入浴中気分が悪くなった場合などの緊急時にも

すぐに助けを呼べるので安心・便利ですよ!(^^)!


2018-01-06 09.45.07.jpg














 12/20 基礎の外周立上りコンクリート部分には

仕上げ材として、上からモルタルを塗り刷毛引きします☆

乾燥後、エコキュート設置場所や勝手口土間に

モルタルをコテ押さえしていきます☆


2017-12-20 15.31.24.jpg



2017-12-20 15.27.31.jpg














 10/26 引き続き、コーキングを進めます☆


2017-10-26 13.37.14.jpg











 10/25 引き続き、コーキングを進めます☆


2017-10-25 14.00.45 HDR.jpg











 10/24 外壁を張り終えたジョイントやサッシ周りに

専用防水コーキングを詰めていきます☆


2017-10-24 16.07.13.jpg



2017-10-24 16.13.51.jpg













 10/18 引き続き、光セラ仕様のサイディングを

張り進めます☆


2017-10-18 11.55.14.jpg



2017-10-18 11.58.02.jpg













 10/17 U様のご希望で、2F部分はシンプルな

ホワイト系を張っていきます☆


2017-10-17 15.00.10 HDR.jpg











 10/14 引き続き、光セラ仕様の外壁を張り進めます☆


2017-10-14 13.48.57 HDR.jpg











 10/13 光セラ仕様の外壁を張り進めます☆


2017-10-13 14.39.01.jpg



2017-10-13 15.32.22.jpg











 10/11 周囲からの類焼被害を防止するために

防火不燃の破風板を取付けます☆


2017-10-11 09.34.23.jpg



2017-10-11 10.02.30.jpg



 U様のお気に入りの新色!防火サイディングを

外壁に張っていきます☆ 先ずは出隅から。


2017-10-11 17.18.38.jpg



 もちろんサイディングのグレードは

光セラミック”コーティング仕様ですよ!(^^)!


外壁標準 光セラ.png



2017-10-13 11.35.53.jpg













 10/10 軒天の下地を桧の板で組んでいきます☆


2017-10-10 16.21.21.jpg



2017-10-10 16.51.59.jpg



2017-10-10 16.48.13 HDR.jpg










 10/8 外壁内の結露を防ぐため、通気層確保として

透湿防水通気シートの上に胴縁を縦に留め付けます☆


2017-10-07 08.51.15.jpg



2017-10-07 17.44.26.jpg



2017-10-07 17.47.05.jpg













 10/7 外壁から垂れ落ちる雨水を基礎コンクリートに

伝わないよう水切りを取付けますが、ステンレス製しか

使いませんよ☆☆☆


2017-10-07 09.02.32.jpg



 その水切りと透湿防水シートとは、伸縮性の高い

専用両面テープで接着させて、土台を守ります☆


2017-10-07 08.50.39.jpg










 10/5 サッシの枠周りに専用防水両面テープを

貼り、透湿防水シートと接着します☆


2017-10-05 11.21.35.jpg










 9/28 上棟日に張った!伸縮性があり耐候性抜群の

ゴムアスファルトルーフィングの上に水抜きテープ(白)を縦に貼り

瓦の割り付け寸法で瓦桟を留めていきます☆



 ※万一、瓦が割れてしまったとしてもゴムアス防水シートで

雨漏りをさせないという重要な防水シートなので!

猛暑や極寒時の屋根材の熱変化に強い!!

ゴムアス強力型22s品(高いです!)が標準です(*^^)


2017-09-28 10.20.26.jpg



 棟には地震がおきてもずれ落ちない!

ステンレス製専用棟強化金具をしっかり留めて

その上に桟木を打ちつけます☆


2017-09-28 10.20.47.jpg



2017-09-28 10.20.59.jpg



 もちろん瓦は防災洋瓦で、周囲の瓦と噛み合うので

強風や地震で剥がれにくい構造ですよ☆

さらに一枚一枚をステンレス製のスクリュー釘

(抜けにくく錆びにくい!)を2本留めします☆


2017-09-28 12.01.00.jpg



 見えないところに差が出ます!


2017-09-28 11.58.22.jpg



2017-09-28 12.00.00.jpg



 棟金具に桟木を固定して漆喰を盛り押さえます☆


2017-09-28 14.39.22.jpg



2017-09-28 14.40.27.jpg



 地震でずれる原因となった、重量のある赤土や3段・5段積み重ねの

のし瓦を一切使用せず、冠瓦のみで軽量化しているのでご安心を!


2017-09-28 14.16.27.jpg











2018年01月08日

喫茶店内部工事喫茶店


 1/8 階段手すりを取付けます☆


2018-01-08 13.11.37.jpg












 12/26 照明器具や衛生器具を取付けていきます☆


2017-12-26 13.14.28.jpg



2017-12-26 14.36.05.jpg



2017-12-26 13.35.26.jpg












 12/25 内装建具を取付けていきます☆


2017-12-25 16.29.11.jpg



2017-12-25 13.59.12.jpg



 耐水性の高いクッションフロアを

トイレや脱衣室の床に貼っていきます☆


2017-12-25 13.46.17.jpg












 12/23 玄関・ポーチタイルを張っていきます☆


2017-12-23 08.58.43.jpg



2017-12-23 11.52.22.jpg



2017-12-23 16.32.18.jpg



 引き続き、機能性壁紙を貼っていきます☆


2017-12-23 11.54.08.jpg



2017-12-23 16.33.04.jpg



2017-12-23 16.48.09.jpg












 12/22 いよいよU様が選ばれた機能性壁紙を

順次貼っていきます!(^^)!


2017-12-22 17.16.27.jpg



2017-12-22 17.20.16.jpg












 12/21 ハイクリンボードのジョイントや

ビス穴を均すためパテ処理を2回します☆


2017-12-21 11.42.09.jpg



2017-12-21 15.02.18.jpg





 




 12/18 階段廻りもハイクリンボードを

張っていきます☆


2017-12-18 10.36.01.jpg



2017-12-18 15.01.46-1.jpg



2017-12-18 16.00.57-2.jpg













 12/16 システムキッチンを組み終えました☆


2017-12-16 11.26.47.jpg



 リビング階段の手すり壁を製作します☆


2017-12-16 13.39.19.jpg













 12/15 システムキッチンを組み立てる前に

油汚れもサッと一拭き☆”

不燃キッチンパネルを張っておきます☆


2017-12-15 15.59.40.jpg



2017-12-15 16.37.21.jpg



 パントリーの内部に無垢の杉板を張っておきます☆


2017-12-15 16.04.46.jpg



2017-12-15 17.05.57.jpg



 ハイクリンボードも張り進めます☆


2017-12-15 16.58.28.jpg










 12/14 洗面脱衣室に可動棚を製作していきます☆


2017-12-14 14.38.29.jpg



 1Fのハイクリンボードを張っていきます。


2017-12-14 15.40.33.jpg










 12/13 U様ご希望のPCカウンターを大工さんが

一から製作していきます☆


2017-12-13 17.19.36.jpg



 引き続き、巾木を取付けていきます☆


2017-12-13 17.33.59.jpg











 12/12 システムキッチンを組む前に

U様ご指定の高さで対面腰壁を製作していきます☆


2017-12-12 16.15.31.jpg



2017-12-12 17.15.43.jpg



 2Fでは廻縁・巾木を取り付けていきます☆


2017-12-12 16.49.08.jpg













 12/11 階段下を有効活用!

物入として杉板を張っていきます☆


2017-12-11 16.05.38.jpg



2017-12-11 17.21.40.jpg



2017-12-11 17.27.47.jpg













 12/8 1Fの内装ドア枠を水平・垂直正確に

取り付けます☆


2017-12-08 16.27.14.jpg












 12/5 引き続き、2Fの壁に

ハイクリンボードを張り進めます!


2017-12-05 14.04.17.jpg



2017-12-05 14.07.44.jpg












 11/4 2階の壁下地、桧板打ちが完了したので


2017-11-04 17.28.07.jpg



 体にやさしい石膏ボード!

ハイクリンボード12.5mm厚を張っていきます☆


無題.png



2017-11-04 17.32.32.jpg












 10/31 引き続き、収納内部を

仕上げていきます。


2017-10-31 15.50.22.jpg



 1Fの窓枠を取付けます。


2017-10-31 15.53.18.jpg










 10/30 収納内の壁には調湿性が高く!

過去10年以上、一度もカビが生えたことがない!

(当社で建てられた方の10年アフターサービス点検

で実証済み)

無垢の杉板を張ります☆


2017-10-30 15.51.56.jpg










 10/29 ウェリーハウスでは通例ではありますが、

U様に建築中の現場をご覧頂きながら社長と

造作棚や仕上げ材の最終決定をします☆

図面やパースだけではなく、実際の空間を

計りながらイメージできるので、完成後の満足感が

違いますよ!(^^)!


3.png













 10/27 引き続き、窓枠を取付けます。


2017-10-27 11.12.06 HDR.jpg



2017-10-27 11.07.14 HDR.jpg



 脱衣室やトイレなどの床仕上げは耐水性の高い

クッションフロアとするため、その下地材には

耐水コンパネを使用し、錆びに強いステンレス製の

スクリュー釘で留めていきます☆


2017-10-27 13.42.45.jpg



2017-10-27 13.45.41.jpg












 10/26 窓枠をカットして取付けていきます☆


2017-10-26 13.41.16.jpg



2017-10-26 14.54.18.jpg












 10/25 内装建具の枠を組み立てて、垂直・水平を

正確に取付けていきます☆


2017-10-25 13.45.29.jpg











 10/24 引き続き、フローリングを張り進めます。


2017-10-24 15.00.18.jpg











 10/23 1F2F共にフローリングを張り進めます☆


2017-10-23 14.47.33.jpg



2017-10-23 16.42.49.jpg



2017-10-23 14.54.01.jpg











 10/17 2Fのフローリングを張り進めます☆


2017-10-17 08.37.30.jpg



2017-10-17 14.58.07.jpg



 1Fの天井下地の桧板にハイクリンボードを

張っていきます。


2017-10-17 13.20.37.jpg



 U様が選ばれた仕様のユニットバスを

搬入して組み立てていきます☆


2017-10-17 08.41.36.jpg



2017-10-17 12.20.45.jpg



2017-10-17 12.22.36.jpg



 2Fのトイレ用の配管には上下水温と

室温の差で結露が起こらないよう保温材で

被覆します☆


2.png



2017-10-17 14.06.15.jpg



2017-10-17 14.11.08.jpg



 その後、1Fのトイレの天井に耐水ボードを

張っていきます☆


2017-10-17 14.54.44.jpg













 10/16 米松を加工した階段親板2枚を

柱に固定してタモの踏板を取付けていきます☆


2017-10-16 11.50.57.jpg




2017-10-16 14.09.52.jpg



 引き続き、LDKの天井下地を組んでいきます。


2017-10-16 11.49.24.jpg



2017-10-16 13.16.45.jpg



2017-10-16 14.04.39.jpg











 10/14 階段は既製品を使わず、大工さんが

無垢の木材を加工して一から製作していきますよ☆


2017-10-14 11.13.52.jpg



2017-10-14 11.50.53.jpg



2017-10-14 14.00.32.jpg



 1Fの天井下地も組んでいきます。


2017-10-14 11.22.52.jpg



 天井を張る前に電気配線も同時に進めます。

スイッチやコンセントの数、インターネット

TVアンテナなどの位置はU様と現場お打合せで

最終確認させて頂きました!(^^)!


2017-10-14 14.08.40.jpg












 10/13 桧板で天井下地を組み終えたら

体にやさしいハイクリンボード”を張っていきます☆


2017-10-13 14.42.36.jpg



2017-10-13 14.42.53 HDR.jpg



2017-10-13 17.09.24.jpg












 10/12 外周の壁内に充填断熱工事として

高性能グラスウールを隙間なく取付けます☆


2017-10-12 16.30.39.jpg



2017-10-12 16.33.50.jpg



 UA値0.6を軽くクリアするZEH基準適合で

BELS☆☆☆☆☆仕様の高断熱が標準ですよ!(^^)!


 引き続き天井下地を組んでいきます☆


2017-10-12 11.43.07.jpg



2017-10-12 14.20.36.jpg



2017-10-12 14.39.03.jpg



 壁下地にも桧板を使用します☆


2017-10-12 17.24.10-2.jpg














 10/6 2階から内部工事に移っていきます。


2017-10-06 11.26.09.jpg



2017-10-06 11.26.26.jpg



 内装ドアの枠を組み、天井の下地を進めていきます。


2017-10-06 13.30.50.jpg



2017-10-06 17.15.40.jpg



2017-10-06 17.21.21.jpg











2017年10月04日

喫茶店木造躯体工事喫茶店


 10/4 断熱玄関ドアや勝手口ドアも

取付けていきます☆


2017-10-04 11.10.31.jpg



2017-10-04 11.11.33 HDR.jpg



2017-10-04 12.54.12.jpg



2017-10-04 11.56.36 HDR.jpg



2017-10-04 10.48.28.jpg



2017-10-04 11.48.01.jpg



2017-10-04 11.49.14.jpg



 シロアリ防蟻剤を吹き付けた部分は

黄色く変色します。


2017-10-04 12.53.07.jpg



 透湿防水シートを貼っていきます☆


2017-10-04 15.35.16.jpg



2017-10-04 15.53.15.jpg



2017-10-04 17.23.30.jpg



 上棟日に木造躯体を雨風から守るために張っていた

ブルーシートはこの時、役目を終えます☆












 10/3 引き続き、サッシを取付けていきます。


2017-10-03 14.43.19.jpg



2017-10-03 15.35.12-1.jpg



2017-10-03 16.22.30.jpg



2017-10-03 15.37.56.jpg



 床下の木材に続き、外周の地盤から1m高さ部分の木材、

桧の柱や間柱・筋交いなどにも高級シロアリ防蟻剤!

人体無害のモクボーペネザーブ”を吹き付けていきます☆

躯体である土台や柱はシロアリが嫌う桧を使用しているので

鬼に金棒”ですよ(*^^)v &10年保証付き☆


2017-10-03 15.48.13.jpg



 吹付ける職人さんに注目!!!

手袋なしの素手!”

防護メガネなし!”

防護マスクなし!”

シロアリに厳しく!

人にやさしい証拠です!!


2017-10-03 15.55.07.jpg













 10/2 引き続き、間柱を取付けていきます。


2017-10-02 17.02.10.jpg











 9/30 引き続き、間柱を取付けながら

サッシをはめていきます☆


2017-09-30 10.52.36.jpg



2017-09-30 11.40.50.jpg



2017-09-30 11.44.27.jpg



2017-09-30 16.26.52.jpg



2017-09-30 16.28.06.jpg












 9/29 引き続き、筋交いを取付けながら

間柱も入れていきます☆


2017-09-29 13.59.35.jpg



2017-09-29 14.13.38.jpg



2017-09-29 15.38.26.jpg



 サッシ窓の枠を組んでいきます☆


2017-09-29 16.07.28 HDR.jpg











 9/28 耐力壁の要となる筋交い(斜材)を

採寸カットして取付けます☆


2017-09-28 11.52.08.jpg



2017-09-28 13.29.22.jpg



 同時に、基礎コンクリートに埋め込んでおいた

長さ70センチのホールアンカーボルトと桧の柱を

地震時の引き抜きの力に耐えるようボルト締めします☆


2017-09-28 10.47.59.jpg



2017-09-28 13.22.26.jpg











 9/27 いよいよ上棟です\(^o^)/

上棟の様子は『社長のブログ』をご覧ください!

 ↓ ↓ ↓


 http://werryhouse1.sblo.jp/








 9/26 作業場で加工した厚床合板28mm厚実付きを

敷いてビスや釘で留めます☆


2017-09-26 12.53.17.jpg



 雨や汚れから守るよう透明の養生シートを貼ります☆

使い切りのシートで手間もコストもかかりますが、

材料を守るためにはかかせません!!


2017-09-26 13.13.55.jpg



2017-09-26 13.33.13.jpg



 明日の上棟に備えて通し柱(1階〜2階まで6m長)と

台輪を組んでおきます☆


2017-09-26 13.43.19.jpg



2017-09-26 13.48.59.jpg



2017-09-26 15.37.35.jpg



 最後にブルーシートで養生します☆


2017-09-26 15.54.15.jpg











 9/25 床下の木材となる土台や大引き

根太全てに!体にやさしいシロアリ防蟻&防腐剤☆

モクボーペネザーブを隈なく吹付けていきます☆


2017-09-25 13.14.29.jpg



2017-09-25 13.19.46.jpg



2017-09-25 13.32.35.jpg



 床の水平を見ながら鋼製束を固定していきます☆


2017-09-25 14.31.32.jpg



2017-09-25 14.38.55.jpg



2017-09-25 15.09.07.jpg



 床下断熱としてウレタンフォームV種65mm厚☆

を隙間なくはめ込んでいきます☆


2017-09-25 15.59.49.jpg



2017-09-25 17.07.56.jpg



 当社は7年前からZEH&BELS☆☆☆☆☆の

断熱基準を全棟クリアしていますよ!(^^)!










 9/22 基礎工事前にトランシットで精密に基準を

示していた丁張りの墨を基礎コンクリートの天端に写します。


2017-09-22 11.13.48.jpg



 それを基に、桧の土台にアンカーボルトや

ホールアンカーの印をつけてドリルで穴をあけます。


2017-09-22 11.17.23.jpg



 外周には床下の湿気防止で風が隈なく通るよう

通気パッキンを固定しておきます☆


2017-09-22 16.37.41.jpg



 シロアリが嫌い強度の高い桧の土台を組んでいきます☆


2017-09-22 17.04.27.jpg



2017-09-22 17.21.06 HDR.jpg











 9/21 引き続き、厚床合板を加工していきます。


2017-09-21 09.21.31.jpg












 9/20 泊の加工場で剛床工法の要である

厚床28mm合板 実付 を図面に合わせて加工します☆

(実付=ジョイントに凸凹があるので、より強く狂いがない☆)


2017-09-20 11.34.45.jpg



2017-09-20 16.42.47.jpg










2017年09月21日

喫茶店仮設工事〜基礎工事喫茶店


 9/21 給水管を所定の位置へ固定しておきます。


2017-09-21 14.29.37.jpg



2017-09-21 14.30.24.jpg












 9/7 立上りの型枠を組み立てていきます☆


2017-09-07 09.08.41.jpg
2017-09-07 09.10.16.jpg



 雨がかからないよう養生しながら打設していきます☆


2017-09-07 13.44.10.jpg



2017-09-07 13.59.07.jpg











 9/6 生コン打設前に、鉄筋が図面通りの太さや

ピッチできちんと配筋されているか?

かぶり厚さは確保されているか?などを

第三者検査機関である鳥取県住宅検査センターに

検査してもらいます☆


2017-09-06 08.23.17.jpg



 当社は一定の施工基準をギリギリで

はなく、軽くクリアできる基準で施工しているので

ご安心ください(*^^)v


2017-09-06 08.24.01.jpg



2017-09-06 08.29.47.jpg



 検査に合格した後、生コンを打設していきます☆


2017-09-06 08.33.18.jpg



2017-09-06 08.43.47.jpg



 コンクリートの質で差が出る!!

生コン”といっても見た目は同じように見えて

セメントのグレード・砂利・砂などの配合によって

強度も値段も差が出ます!!見分けがつきにくい部分ですが

決してコストダウンしてはいけない『構造耐力上主要な部分』の

一つなので、ここも絶対に妥協できません!


呼び強度.png



 今の時期は呼び強度が最低21”が必要なところ

24”で打設しました☆


2017-09-06 10.11.33.jpg



2017-09-06 10.12.50.jpg



2017-09-06 10.48.11.jpg



2017-09-06 10.48.28.jpg













 9/5 外周に続き、内部もD13oΦの鉄筋を

200mmピッチの高い強度仕様で配筋していきます☆


2017-09-05 09.58.33.jpg



2017-09-05 10.00.59.jpg



2017-09-05 10.17.25.jpg



 外周の型枠を組んで、土間コン打設に備えます☆


2017-09-05 15.46.00.jpg



2017-09-05 15.46.22.jpg











 9/4 建物の中心となる付近の砕石の中に

地鎮祭でお預かりしていた『鎮め物』を

埋めて、無事完成と工事の安全を祈願します☆


2017-09-04 08.15.21.jpg



2017-09-04 08.15.25.jpg



 砕石の上に特殊なシロアリ防虫シートを

敷き詰めます☆

 これは土壌からの湿気やシロアリを完全に遮断する

ためで、シロアリ10年保証の施工基準となりますよ!(^^)!


2017-09-04 12.13.50.jpg



 そのシートを抑えるように外周部分に

捨てコンを打設して、硬化を待つ間に

外周のダブル配筋を組んでおきます☆


2017-09-04 13.48.01.jpg



 コンクリート硬化後にその鉄筋を

適所に設置していきます☆


2017-09-04 13.51.20.jpg



2017-09-04 13.54.42.jpg













 9/2 丁張りを基に、べた基礎にかかる部分まで

土を鋤き取っていきます。


2017-09-02 14.05.58.jpg



 その高さが地盤改良した柱状の上端となります☆


2017-09-02 14.08.59.jpg



2017-09-02 14.34.25.jpg



 砕石を搬入して転圧します☆


2017-09-02 14.38.30.jpg



2017-09-02 17.38.48 HDR.jpg









 8/24 基礎工事に入る前に、給排水の配管を

施工しておきます。


2017-08-24 10.00.49.jpg



2017-08-24 10.32.52.jpg













 8/19 地盤調査の結果、深さ2.5m部分までが軟弱で

不同沈下の恐れがあると判定されたので、26本の

柱状で支持出来るよう丁張の位置や高さを基に改良していきます。


2017-08-19 11.26.01.jpg



2017-08-19 11.09.17.jpg



2017-08-19 11.09.21.jpg



2017-08-19 11.11.56.jpg



2017-08-19 11.13.54.jpg



2017-08-19 11.17.03.jpg



2017-08-19 11.27.03.jpg



1.png



2017-08-19 11.28.14.jpg



2017-08-19 16.14.02.jpg












 8/18 建築確認の認可が下りたので

敷地の雑草を刈り取って丁張を組んでいきます☆


2017-08-18 09.27.24.jpg



2017-08-18 10.52.38.jpg



2017-08-18 11.33.29.jpg



2017-08-18 14.37.01.jpg



 この丁張が建物の高さや位置の基準となるので

完了後、必ず社長の厳しいチェックを受けます!









 8/4 建物の真下5ヶ所で地盤が軟弱かどうか?

建物の重量に耐えられるか?

地震が起きて液状化しないか?など

調査していきます☆


2017-08-04 08.57.23.jpg



2017-08-04 08.57.36.jpg



2017-08-04 09.05.16.jpg










 8/3 建築予定の位置に縄を張って

地盤調査に備えます☆


2017-08-03 13.52.38.jpg



2017-08-03 14.00.14.jpg



2017-08-03 14.11.54.jpg












 7/25 工事中の安全を確保するため、敷地に

仮囲いを設けます。


2017-07-25 17.00.54.jpg



2017-07-25 17.01.21.jpg