2018年01月19日

わーい(嬉しい顔) 外部工事わーい(嬉しい顔)


 1/19 1F部分の外壁を張り終えたら

2Fとの張り分け部分に防水措置として

土台水切りと同様にステンレス製の水切りを

取付けます☆


2018-01-19 13.59.29.jpg



 暴風雨でも雨水が侵入しないよう!

水切りの裏面とサイディングを

防水コーキングで密着させます☆


2018-01-19 13.54.57.jpg



 この場合でも、壁内結露を防ぐため

土台から小屋裏までの通気を胴縁の

空きで確保してありますよ!(^^)!











 1/18 引き続き、光セラ”サイディングを

張り進めます☆


2018-01-18 16.03.12.jpg













 1/11 外壁のサイディングを張る前に

下地の胴縁に高級防蟻剤モクボーペネザーブ”を

吹付けておきます☆ 土壌処理、床下・外周の躯体や

下地の木部全ての防腐・防蟻処理は完了し

10年保証が付きます☆


2018-01-11 08.19.05.jpg



 軒天の下地を組んでいきます☆


2018-01-11 11.33.48.jpg



2018-01-11 15.02.20.jpg



2018-01-11 16.37.43.jpg



2018-01-11 17.26.49.jpg



 M様のご希望により1階のサイディングは

縦に張っていきます!2階は横に張っていきます☆


2018-01-11 10.42.16.jpg



2018-01-11 13.14.42.jpg



 当社標では外壁材光セラミック”が標準です☆


2018-01-11 13.29.48.jpg



2018-01-11 13.29.55.jpg



 光セラミック”とは・・・


外壁標準 光セラ.png



2018-01-11 14.37.54.jpg



2018-01-11 16.40.17.jpg

















 1/10 引き続き、外壁胴縁を留めて

いきます☆


2018-01-10 11.08.47.jpg













 1/9 2F部分の外壁は横張となるので

1Fからの通気が屋根裏で抜けるよう

空きを確保しつつ縦に胴縁を留めていきます☆


2018-01-09 09.24.06.jpg



2018-01-09 15.38.42.jpg



2018-01-09 16.43.44.jpg



2018-01-09 17.17.05.jpg
















 1/8 引き続き、通気胴縁を取付けていきます☆


2018-01-08 16.25.32.jpg












 12/29 天気に左右されながらですが

引き続き、通気胴縁を取付けていきます☆


2017-12-29 10.58.28.jpg














 12/28 外壁の化粧サイディングの下地として

1Fは縦張りなので、胴縁を横に取付けていきます☆


2017-12-28 10.24.46.jpg



 外壁内結露を防ぐための通気は欠かせない

ので通気が縦に抜けるよう胴縁は離して

取付けますよ!(^^)!


2017-12-28 14.10.42.jpg



2017-12-28 15.51.30.jpg












 12/23 玄関の庇屋根も同様にの葺き止め部分に

ゴムアスルーフィング007でしっかり防水措置を

施したう上で葺き止め板を留めます☆


2017-12-23 14.59.24.jpg



2017-12-23 14.08.09.jpg



 防水性に優れた!高級耐力面材ハイベストウッド”

を覆うようにステンレス製の土台水切りと透湿・防水シートを

密着させて雨水の侵入を下地から完全に防ぐよう、

専用の防水両面テープでしっかり貼ります☆


2017-12-23 14.20.33.jpg



2017-12-23 15.06.39.jpg



2017-12-23 15.06.09.jpg














 12/21 下屋根の葺き止め部分は

永年の経験上、雨漏りしやすい部分なので

ゴムアスルーフィングでしっかり防水措置を

施したう上で葺き止め板を留めます☆


2017-12-20 09.51.58.jpg



 ちなみに、ゴムアスと言ってもグレードは

たくさん。当社は最高級グレード007”が標準です☆


サンルーフ007 他.png



 最高級グレードなので、タッカー釘や瓦桟木のステン釘の

穴も密着してくれて、釘穴からの雨水の侵入さえも

防いでくれますよ☆


サンルーフ007特徴.png



 ハイベストウッドの上に防水・透湿シートを

張っていきます☆

土台水切りやサッシ周りには専用の防水両面テープで

密着させます☆


2017-12-21 16.29.18.jpg














 12/20 土台水切りを取付けます☆

当社は安価で錆びやすいGL(ガルバリウム鋼板=鉄)を

使わず! 

錆びに強く耐久性に優れた!カラーステン(ステンレス鋼板)

0.35mm厚を必ず標準として採用しています☆☆☆

磁石がひっつきません(*^^)v


2017-12-20 09.34.21.jpg



2017-12-20 09.45.27.jpg










 12/16 ケラバの三角部分にもハイベストウッドを

張った後、防水透湿シートを貼る下準備として

玄関庇や1F屋根の取合い部分にゴムアスルーフィングを

張っておきます☆☆☆


2017-12-16 15.04.02.jpg



2017-12-16 10.47.13.jpg



2017-12-16 15.40.10-2.jpg



 防火破風板を取付けます☆


2017-12-16 10.17.04.jpg










 12/15 引き続き、ハイベストウッドを張って

複合樹脂サッシをその上から取付けていきます☆


2017-12-15 10.36.06.jpg



2017-12-15 10.36.19.jpg



2017-12-15 10.33.52.jpg



2017-12-15 10.53.18.jpg




 高耐久!!スーパー耐力壁面材!!


 ハイベストウッド”の解説はコチラ↓↓↓


HB1.png



HB2.png



HB3.png



HB4.png



HB5.png



HB6.png



HB7.png












 12/14 高耐久!耐力面材ハイベストウッド”を

張っていきます☆


2017-12-14 09.19.12.jpg



2017-12-14 09.35.54.jpg



2017-12-14 16.22.11.jpg













 11/21 防災洋瓦を葺き終えました☆


2017-11-21 15.42.43.jpg



2017-11-21 15.44.56.jpg



 下屋根↓↓↓


2017-11-21 15.39.05.jpg



2017-11-21 16.00.27.jpg



 瓦の荷重が木造躯体に加わって、程良く骨組みが

締まった状態で後日、躯体工事に取り掛かります☆












 11/20 防災洋瓦を屋根に上げて葺いていきます☆


2017-11-20 10.00.27.jpg



2017-11-20 09.33.55.jpg



2017-11-20 09.34.57.jpg



 瓦のピッチで留めた桟木に瓦の爪を引っ掛けた上に

一枚一枚に対し、ステンレス製スクリュー釘65mmを

2本ずつ打って留めるので、地震や台風でずれる心配は

ほとんどありません☆


2017-11-20 14.31.08.jpg



2017-11-20 14.31.14.jpg



 棟金具を屋根地に固定して、それに桟木を取り付け

漆喰を盛りコテで均します。


2017-11-20 14.32.35.jpg



 下屋根も同様に葺いていきます☆


2017-11-20 14.28.20.jpg



 雪止め瓦ももちろん使用しますよ☆


2017-11-20 14.29.31.jpg



2017-11-20 14.40.31.jpg



2017-11-20 14.42.40.jpg






 





 11/18 防災洋瓦の唐草の下には面戸を予め

取付けます☆


2017-11-18 09.11.03.jpg



2017-11-18 09.12.44.jpg











2018年01月13日

わーい(嬉しい顔)内部工事わーい(嬉しい顔)


 1/19 2Fからフローリングを張り進めます☆


2018-01-19 09.12.24.jpg












 1/13 2階から窓枠を組んで取付けていきます☆

2018-01-13 09.48.23.jpg



2018-01-13 09.42.11.jpg



 1階では引き続き天井下地を組みます☆


2018-01-13 16.59.30.jpg











 1/12 引き続き、2階の床下地に

吸音用ボードを張ります☆


2018-01-12 09.37.51.jpg



 1階の外周にも高性能グラスウールを

張って天井下地を組んでいきます☆


2018-01-12 14.52.05.jpg



2018-01-12 17.32.17.jpg



2018-01-12 17.35.33.jpg












 1/11 1階の天井下地を組む前に、

打合せの通りに電気配線をお仕込んでいきます☆


2018-01-11 11.38.26.jpg













 1/10 2階の床下地には1階へ生活音が

響かないよう、吸音用ボードを張ります☆

厚床合板28mm厚に加えて9mm厚のボード

フローリング12mm厚なので約5センチ厚の

三層構造となります☆


2018-01-10 17.46.20.jpg















 1/9 階段は終盤です☆


2018-01-09 09.27.18.jpg










 1/8 階段を固定していきます☆


2018-01-08 14.46.53.jpg



2018-01-08 17.26.50.jpg














 12/29 引き続き、一から階段を製作していきます☆


2017-12-29 09.21.58.jpg



2017-12-29 09.59.18.jpg



2017-12-29 16.51.39.jpg



2017-12-29 17.38.00.jpg



2017-12-29 17.38.32.jpg



 天井にハイクリンボードを張る前に

155mm厚の高性能グラスウールを

敷き並べます☆

【 重 要 】

一般的に見落としがちな間仕切り壁の上部の隙間も

しっかり塞ぎますよ☆☆☆


2017-12-29 09.06.28.jpg



 断熱工事の施工状況を施主様にもご確認

頂きました!(^^)!

M様あったかいお差し入れありがとうございましたm(__)m


9.png



 天井下地にハイクリンボードを張っていきます☆


2017-12-29 09.08.19.jpg



2017-12-29 16.55.02.jpg



 普通石膏ボードに比べ有害物質が少なく

下地から健康な住環境をつくっていきます☆


無題.png













 12/28 階段の親板には無垢の一枚板を

使用し、一から加工して取付けます☆


2017-12-28 16.40.21.jpg



2017-12-28 17.16.46.jpg



2017-12-28 17.28.29.jpg



 2Fの天井下地を組み終えたら

高性能グラスウール厚さ155mmを隙間なく

敷き詰めます☆(ZEH基準クリア仕様)


2017-12-28 16.58.46.jpg



 開口の下地枠を組みます☆


2017-12-28 17.14.26.jpg












 12/27 2Fから天井下地を組んでいきます☆


2017-12-27 09.33.35.jpg



2017-12-27 10.36.40.jpg



2017-12-27 11.10.18.jpg



2017-12-27 14.58.31.jpg



 階段は無垢のタモ材を加工して

一から大工さんが製作していきます☆


2017-12-27 17.31.47.jpg













 12/26 引き続き、柱頭・柱脚の金物を

取付けます☆


2017-12-26 09.52.43.jpg



 2Fから壁断熱材=高性能グラスウール

(=ZEH基準クリア仕様)

を取付けながら天井下地を組んでいきます☆


2017-12-26 17.00.50.jpg











 12/25 耐震等級最高レベル3”を確保するため

耐力壁を建築基準法の1.5倍設けるので

その分、要所に柱頭・柱脚の引き抜きを

抑止する耐震金物を取付けます☆


2017-12-25 11.16.20.jpg



2017-12-25 12.04.17.jpg














 12/23 小屋裏の耐震補強として

雲筋交いを取付けます☆


2017-12-23 13.16.29.jpg












 12/22 間仕切り壁に間柱を取付けていきます☆


2017-12-22 16.11.52.jpg



2017-12-22 16.12.12.jpg



2017-12-22 16.13.20.jpg












 12/13 引き続き、2Fのサッシ枠を

取付けていきます。


2017-12-13 11.13.18.jpg



2017-12-13 14.45.05.jpg



 シロアリ防蟻剤モクボーペネザーブが

乾いたら(黄色)、耐力面材ハイベストウッドを

1Fから張っていきます☆


2017-12-13 11.15.34.jpg



2017-12-13 11.54.37.jpg



2017-12-13 11.55.34.jpg



 他の構造面材よりはるかに高級だけど!耐力壁面材『ハイベストウッド』を使う理由!!


HB1.png



HB2.png



HB3.png



HB4.png



HB5.png



HB6.png



HB7.png



 長持ちしない家は造りません!









 12/12 引き続き、サッシの枠を取付けていきます☆


2017-12-12 12.00.05.jpg



2017-12-12 13.13.43.jpg



2017-12-12 12.00.17.jpg



2017-12-12 13.56.14.jpg



2017-12-12 14.16.29.jpg



 1Fの枠が完了した後、耐震面材を張る前に

土壌・床下木部に続き、処理防蟻・防腐処理として

人体には無害の高級シロアリ防蟻剤!

モクボーペネザーブ”を外周1m部分に

吹付けていきます☆10年保証!(^^)!


2017-12-12 15.33.14.jpg



2017-12-12 15.39.14.jpg



 2Fのサッシ枠も組んでいきます☆


2017-12-12 14.44.25.jpg



2017-12-12 13.56.14.jpg










 




 12/11 引き続き、サッシの枠を取付けていきます☆


2017-12-11 11.11.29.jpg



2017-12-11 13.15.16.jpg













 12/9 サッシの枠を取付けていきます☆


2017-12-09 14.07.58.jpg



 施主様と社長は、コンセントやスイッチ

照明器具などの配置を図面と照らし合わせて

綿密に打ち合わせて最終決定します!(^^)!


2.png



 一般的にコンセントの数や位置は完成後の

失敗例が多いため、後悔のない家づくりを

徹底します☆













 12/5 浴室の外周に予めZEH仕様の

高性能グラスウールをはめ込み、M様が選ばれた

仕様のユニットバスを組み立てていきます☆


2017-12-05 08.28.19.jpg



2017-12-05 16.30.23.jpg











2017年12月06日

わーい(嬉しい顔)仮設工事〜基礎工事〜躯体工事


 12/6 引き続き、筋交いを取付けていきます☆


2017-12-06 08.49.29.jpg










 12/5 内部の耐力壁に筋交い(斜材)を

取付けて、間柱を欠き込みます☆


2017-12-05 08.29.00.jpg



2017-12-05 16.29.08.jpg










 12/4 耐震補強金物を取付けていきます☆


2017-12-04 09.29.37.jpg



2017-12-04 11.05.31.jpg











 11/17 本日の上棟の様子は『社長のブログ』を

ご参照ください(^^)  ↓↓↓


http://werryhouse1.sblo.jp/article/181607754.html











 11/15 鋼製束で床の水平を調整して

固定した後、土壌に続いて床下の木材全てに

人体無害の高級シロアリ防蟻剤モクボーペネザーブを

吹き付けます☆(黄色っぽく変色してます)

=10年保証施工☆


2017-11-15 09.45.15.jpg



 床下断熱材を固定する金具を取り付けます。


2017-11-15 09.44.16.jpg



 ZEH基準・BELS☆☆☆☆☆基準をクリアする

断熱仕様!ポリスチレンフォームV種65mm厚

熱伝導率0.028Wを隙間なくはめ込んでいきます☆


2017-11-15 09.42.30.jpg



2017-11-15 09.16.19.jpg



2017-11-15 09.14.23.jpg



 この仕様は7年前から標準仕様です!(^^)!

その上に、作業場で加工した厚床合板28o厚

(ジョイントがしっかり噛み合う凹凸付き)を

敷いて留めていきます☆


2017-11-15 13.26.49.jpg



2017-11-15 14.10.03.jpg



 その合板がフローリングを張るまでは汚れたり

濡れたりしないよう養生シートを貼っておきます☆

使い捨ての養生シートですが、大切なお家が永く

もつための!重要な工程の一つですよ!(^^)!


2017-11-15 17.00.37.jpg



 上棟に備えて通し柱と胴差を組んでおきます☆


2017-11-15 17.01.52.jpg












 11/14 桧の土台を据えていきます☆

アンカーボルトとホールアンカーボルトの位置を

土台に印してドリルで穴をあけます☆


2017-11-14 08.55.39.jpg



2017-11-14 11.55.01.jpg



 床下通気と土台の腐食を抑える基礎パッキンを

基礎コンクリートとの間に固定し、土台を

組んでいきます☆


2017-11-14 16.54.28.jpg



2017-11-14 16.55.55.jpg



 ウェリーハウス自慢の骨太!構造材(骨組み)

現場へを搬入します!


2017-11-14 13.44.13.jpg












 11/10 立ち上がりコンクリートが硬化したので

型枠を外して、立上りの天端に丁張の基準の墨を

写します☆


2017-11-10 11.02.55.jpg



2017-11-10 13.38.35.jpg



 作業場では剛床工法の要!28o厚の実付き(凸凹)

厚床合板を図面に沿って加工していきます☆


8.png












 10/30 立上りに生コンを打設しながら

地震時の柱の引き抜きを抑える!

長さ700mmのホールアンカーボルトや

基礎コンクリートと土台を緊結する

アンカーボルトを土台の継ぎ手(上となる部材)の

要所に埋め込んでいきます☆☆☆


2017-10-30 13.14.23.jpg



2017-10-30 13.20.19.jpg



2017-10-30 14.39.46.jpg



2017-10-30 14.40.36.jpg



 スラブと同様にコンクリート強度は

24”を採用します☆


7.png











 10/28 スラブに続き、立上りに生コンを

打設するため、丁張りを基準に墨を出して

型枠を組んでいきます☆


2017-10-28 08.36.13.jpg



2017-10-28 08.40.42.jpg



2017-10-28 08.43.10.jpg



2017-10-28 08.43.59.jpg



2017-10-28 08.56.27 HDR.jpg












 10/27 鉄筋を組み終えた時点で必ず!

第三者検査機関の鳥取県住宅検査センターより

配筋検査を受けます☆


2017-10-27 08.26.04.jpg



2017-10-27 08.25.42.jpg



2017-10-27 08.29.43.jpg



 難なく合格です☆


2.png



3.png



4.png



 配筋検査合格後、スラブに生コンを

150mmの厚さで打設していきます☆


2017-10-27 14.17.34.jpg



2017-10-27 14.33.05.jpg



 外周部分には280mmの厚さで生コンを

打設しますよ☆


2017-10-27 14.41.13.jpg



 見た目ではわからない!生コン強度のランクが

何種類もある中で、当社はこの時期最適な!

呼び強度24”を採用します☆


6.png



2017-10-27 14.51.25.jpg



5.png



2017-10-27 15.30.49.jpg















 10/26 鉄筋を組んでいきます☆

耐震上、外周は荷重がかかる重要な部分なので

ダブル配筋として組み、設置していきます☆


2017-10-26 12.01.06.jpg



2017-10-26 12.01.30.jpg



 13oの太さの異形鉄筋を一般的な施工基準に

よると、250mmピッチで良いところを

当社は200mmピッチで組みます☆☆☆

鉄筋の量、コンクリートの呼び強度で基礎の

強さは変わりますよ!!!


2017-10-26 16.05.45.jpg



2017-10-26 17.10.51.jpg



2017-10-26 17.25.37.jpg











 10/23 基礎工事を始めます!

先ずは丁張りを基に、根入れ部分を

鋤取っていきます☆


2017-10-23 09.09.51 HDR.jpg



2017-10-23 09.10.24.jpg



 砕石をエコジオ工法で改良した地中杭の上に

100mm厚で敷いて転圧します☆


2017-10-23 09.55.17.jpg



 建物の中心に、地鎮祭でお預かりしていた

『鎮物』を埋めます☆


2017-10-23 12.48.58.jpg



2017-10-23 12.49.03.jpg



その上に、土壌からの湿気・シロアリが建物内に

侵入しないよう特殊防蟻シートを敷き詰めます☆


2017-10-23 12.47.18.jpg



2017-10-23 12.50.28.jpg



 配管周りも隙間なく敷きます。


2017-10-23 13.17.36.jpg



 シロアリも土壌からシャットアウトするので

効果的で、10年保証が付く仕様ですよ!(^^)!


 外周のダブル配筋部分に捨てコンを打設して

シートを抑えます☆


2017-10-23 13.18.03.jpg



2017-10-23 13.23.03.jpg



2017-10-23 13.24.26.jpg












 10/17 基礎工事を始める前に、外部の

給排水配管を先行して施工します☆


2017-10-17 10.52.31.jpg



 事前に計算した通り、内部の配管が地盤改良杭と

干渉しないよう注意して進めます☆


2017-10-17 17.18.12.jpg












 10/13 丁張りの高さ・位置を基準に

エコジオ工法”で地盤改良工事を施工します☆


2017-10-13 11.53.43.jpg



2017-10-13 13.46.25.jpg



2017-10-13 13.49.30.jpg



2017-10-13 13.35.46.jpg



 地盤調査の結果、比較的浅い軟弱地盤層だったので

砕石を320Φのケーシングに砕石を転圧した杭を

計21本打ち込み、建物重量を支持します☆


2017-10-13 13.51.28.jpg



2017-10-13 13.52.41.jpg



2017-10-13 13.59.43.jpg



2017-10-13 14.02.04.jpg



 見えない部分の構造耐力こそが、住まわれる人の

人命に係わる重要な部分と考えます!!













 10/11 基礎工事着工に備えて

建物の位置・高さ、壁の芯の基準となる

丁張りを組んでいきます☆


2017-10-11 11.13.58.jpg



2017-10-11 12.07.28.jpg



2017-10-11 14.43.51.jpg



 通例ですが、最後は必ず!社長がミリ単位で

直角や水平を厳しくチェックします☆

「基礎工事までの精度が何十年先までも影響する!

構造躯体、特に基礎工事は間違えてやり替えるなんて

ことが出来ん重要な工程だ!」と毎度釘を刺されます。

もちろん合格しました☆










 10/4 新築建物の重量により地盤の不同沈下で

建物が傾くなどの恐れがないか?

建築予定位置の真下5ヶ所を地盤調査していきます!


2017-10-04 09.01.26.jpg



2017-10-04 09.04.47.jpg



2017-10-04 09.49.33.jpg



 軟弱地盤と判定された場合は計画図面を基に

地耐力を計算した上で地盤改良工事に移ります。

いずれにしても『地盤10年保証』は付きます☆


 











 10/2 雨降って地固まる”

と天候をポジティブに受け止め

地鎮祭を執り行います!(^^)!

 早朝、新鮮な本物の”笹竹を切り四隅に立てて縄を張ります☆


2017-10-02 08.44.44.jpg



 縁起事なので施主様にお供え物をご準備頂きました☆


2.png



 この度は縁の深い灘郷神社さんにお願いし

土地を清めて、工事の無事完成をM様ご親族の皆様と

祈願致しました☆


3.png



4.png



 お神酒で乾杯をして、最後に記念撮影(*^^)v


1.png



 御足元の悪い中、ご都合を合わせて下さいまして

誠にありがとうございましたm(__)m

工事の安全、無事完成をしっかり監理して進めていきますので

今後ともよろしくお願いします!









 




 9/29 地鎮祭や地盤調査に備えて

建築予定位置に地縄を張ります。


2017-09-29 09.21.03.jpg









 9/22 工事中の安全を管理するため、仮囲いとバリケードを

設置します。



2017-09-20 16.17.38.jpg



1.png



2017-09-21 17.15.22.jpg