2019年06月15日

車(RV)内部工事車(RV)


 6/15 天井を張る前に、2Fトイレの

給排水配管(防露仕様)をしておきます☆


IMG_3835.JPG



IMG_3834.JPG



IMG_3842.JPG















 6/12 引き続き、電気配線を進めます☆


IMG_3794.JPG















 6/11 引き続き、電気配線を進めます☆


IMG_3766.JPG















 6/10 施主様と現場でお打合せで決定した通りに

電気配線を進めます☆


IMG_3752.JPG
















 6/6 F様が選ばれた仕様のユニットバスを搬入して

現場で組み立てていきます☆


IMG_3619.JPG



 ユニットバスの外壁面には予め、

断熱・気密施工をしてからとなります☆


IMG_3620.JPG



IMG_3622.JPG



IMG_3624.JPG



 ジオパワーシステムの循環用断熱ダクトを

配管しておきます☆


IMG_3623.JPG

















 6/4 ジオパワーシステム仕様では

熱抵抗値が4.0u・K/Wを誇る!!


フォームライトSL−100 160mm厚”を吹付けます☆☆☆


IMG_3576.JPG



IMG_3581.JPG



IMG_3584.JPG



IMG_3596.JPG



IMG_3597.JPG



IMG_3598.JPG

















 5/25 小屋裏には吹付け断熱と屋根瓦の間に、

通気層を確保するため下地シートを貼っておきます☆


IMG_3390.JPG



IMG_3429.JPG



IMG_3431.JPG
















2019年06月13日

車(RV)外部工事車(RV)


 6/13 防火破風板を取り付けていきます☆


IMG_3815.JPG
















 6/3 葺き止め水切りと土台水切りは必ず!

錆に強く!耐久性の高い!ステンレス鋼板を

加工して取り付けていきます☆


IMG_3564.JPG














 5/30 1F屋根と外壁の取り合い部分は

防水上最も重要なので、のし瓦の上に

ステンレス製水切りを取り付ける下地として

葺き止め板を留め付けます☆


IMG_3498.JPG















 5/24 大屋根の棟金物に桟木を固定し

その上に南蛮漆喰を被せて、冠瓦をステンレスビスで

固定します☆


IMG_3424.JPG



 下屋根も同様に葺き進めて、外壁下地の取り合い部分に

南蛮漆喰を被せて防水した後、のし瓦を葺きます☆


IMG_3425.JPG



IMG_3433.JPG



IMG_3434.JPG



IMG_3436.JPG
















 5/22 石州防災洋瓦を上げて葺いていきます☆


IMG_3331.JPG



IMG_3340.JPG



 瓦のピッチで留めた桟木に瓦の爪を引っ掛けた上に

一枚一枚に対し、耐久性の高い!ステンレス製

スクリュー釘65mmを2本ずつ打って留めるので、

地震や台風でずれる心配はほとんどいりません☆



IMG_3330.JPG



IMG_3338.JPG



IMG_3339.JPG














 5/20 瓦の引っ掛け用に桟木を留めていきます☆


IMG_3291.JPG














 5/18 ゴムアスルーフィングの上に

桟木に水が溜まらないよう水抜きテープを貼ります☆


IMG_3275.JPG



2019年05月31日

車(RV)木造躯体工事車(RV)


 5/31 瑕疵担保責任保険に係る

施工基準適合検査を第三者検査機関

鳥取県住宅検査センターより受けます☆


IMG_3523.JPG














 5/24 高断熱!オール樹脂サッシを納めた後、

サッシ廻りに防水両面テープを貼って、

耐久性が高い防水・透湿シートを

貼っていきます☆


IMG_3450.JPG



IMG_3468.JPG



IMG_3471.JPG



 小屋裏の耐震として、雲筋交い(斜材)を取り付けます☆


IMG_3385.JPG



IMG_3384.JPG




















 5/23 引き続き、耐力壁面材の標準仕様!!

地震はもちろん!火災にも強い!!

タイガーEXボードを張り進めながら、

サッシの寸法で、下地枠を組みます☆


IMG_3354.JPG



IMG_3356.JPG



IMG_3357.JPG



IMG_3358.JPG



IMG_3361.JPG



 EXボードを張り終えたところから

高断熱玄関ドア・高断熱オール樹脂サッシAPW330を

納めていきます☆


IMG_3362.JPG



IMG_3363.JPG



IMG_3364.JPG



IMG_3365.JPG



IMG_3367.JPG



IMG_3371.JPG



IMG_3372.JPG

















 5/22 引き続き、耐力壁面材の標準仕様!!

地震はもちろん!火災にも強い!!

タイガーEXボードを張り進めながら、

サッシの寸法で、下地枠を組みます☆


IMG_3352.JPG



IMG_3351.JPG



IMG_3349.JPG



IMG_3347.JPG



IMG_3337.JPG



IMG_3335.JPG



 土壌・床組処理に続いて、柱や間柱など外周の木材

(地盤面+1m部分)にも高級!シロアリ防蟻剤

人体には無害のモクボーペネザーブ”を

吹付けていきます☆


IMG_3336.JPG















 5/21 サッシの寸法で、下地枠を組みながら

耐力壁面材の標準仕様!!

地震はもちろん!火災にも強い!!

タイガーEXボードを張り進めます☆


IMG_3309.JPG



IMG_3310.JPG



IMG_3312.JPG



IMG_3311.JPG



IMG_3315.JPG



IMG_3308.JPG



IMG_3306.JPG



IMG_3307.JPG
















 5/20 耐力壁面材に加えて、建物の強度バランスを

均衡させるために、筋交い(斜材)を要所に納めていきます☆


IMG_3287.JPG



IMG_3280.JPG



IMG_3279.JPG



 同時に高耐震金物や間柱も取付けていきます☆


IMG_3293.JPG



IMG_3297.JPG



IMG_3292.JPG














 5/18 本日は大安で、しかも上棟吉日☆

いよいよF様邸の上棟日を迎えました!(^^)!

今週はずっと夏日のような陽射しでしたが

曇っていることで、やや涼しく作業のしやすい心地よい

好天となりました!(^^)!




 工事の無事完成と安全を祈願して

施主様とご一緒に四隅をお清めします☆


DSC06357.JPG



 朝礼でご挨拶を頂戴して、皆さんで

乾杯します☆


DSC06359.JPG



 作業を開始します!!


DSC06368.JPG



DSC06370.JPG



DSC06376.JPG



DSC06379.JPG



DSC06383.JPG



 美作ひのきの太い120mm角の柱を

土台に差し込んでいきます!


DSC06388.JPG



DSC06392.JPG



 構造材(はりや柱)を一本一本丁寧に

組み上げていきます☆


DSC06396.JPG



 横材の梁(はり)の太さに注目!!


DSC06397.JPG



 大工さんが飛んでも跳ねても当然ビクともしない!!

米松の梁!!これぞウェリーハウスが誇る!!

    骨太構造”



DSC06400.JPG



 もちろん!全棟、耐震最高等級3が標準ですが

耐震等級だけでは計りきれない強さがここにあります☆


DSC06401.JPG



 下屋根も組んでいきます☆


DSC06408.JPG



DSC06414.JPG



DSC06420.JPG



 建物(柱)の垂直を正確に計って筋交いで仮固定します☆


DSC06418.JPG



 2階の床には剛床工法として

厚床合板28mm厚(ジョイント部に実付き)を

敷いてN75mmで留めます☆


DSC06423.JPG



DSC06427.JPG



 2階にも 美作ひのきの太い120mm角の柱を

梁に差し込んでいきます!


DSC06431.JPG



 2Fの小屋組みを組んでいきます☆


DSC06439.JPG



DSC06451.JPG



 束を立てた後、母屋を差し込んでいきます☆


DSC06458.JPG



DSC06462.JPG



 施主様に建物の一番高い頂き”となる棟木を

納めて頂きます☆


DSC06474.JPG



 周囲の景色や、ウェリーハウス標準の建物の

高さに驚いて、感動しておられました!(^^)!


DSC06480.JPG



DSC06482.JPG



 屋根タルキをN125mmの釘で

しっかり打ち留めます☆


DSC06483.JPG



DSC06485.JPG



DSC06486.JPG



DSC06489.JPG



 午前中の作業は完了☆

お昼休みでは施主様のご厚意で、豪華なお弁当と

をご一緒に美味しく頂きましたm(__)m


DSC06491.JPG



DSC06496.JPG



 子供さんの思い出として、休憩時間にクレーン車の

運転席に乗ってもらいました!(^^)!


DSC06503.JPG



 皆さんで記念撮影(*^^)v


DSC06507.JPG



 その後、施主様と社長は内装建具や

床の色を最終決定されました!(^^)!


 午後の作業を開始!

破風板や鼻隠しを納めて、屋根下地に構造用合板を張っていきます☆


DSC06513.JPG



DSC06515.JPG



 1階の屋根に取り掛かる前に、予め耐力壁面材!!

地震はもちろん!!火にも強い!!

EXボード”を張っておきます☆


DSC06517.JPG



DSC06520.JPG



IMG_3263.JPG



 下屋根も母屋を納めて、タルキを留めていきます☆


DSC06522.JPG



IMG_3264.JPG



IMG_3268.JPG



 2階の屋根では防水下地として防水性・耐久性の高い!

ゴムアスファルトルーフィング強力型22sを

張っていきます☆


IMG_3265.JPG



IMG_3275.JPG



 下屋根も同様に屋根下地を進めます☆


IMG_3274.JPG



 外壁の防水下地に完了までは雨風から

構造躯体を守るためにブルーシートで

養生することが☆

ウェリーハウスの鉄則です☆


IMG_3271.JPG



IMG_3276.JPG



 周囲を清掃して無事目標の工程まで進み作業終了!


IMG_3278.JPG



 最後に、施主様から御礼のお言葉と

お祝儀を頂戴いたしました(#^.^#)


DSC06526.JPG



DSC06528.JPG



 本日はお忙しい中、一日お付き合いくださいまして

また、




たくさんのお心遣い誠にありがとうございましたm(__)m

 明日からも一層気を引き締めて

家づくりのお手伝いに専念して参ります!










 5/17 下屋根との取り合い部分の耐力壁面材

“地震はもちろん!火災にも強い!タイガーEXボード”を

予め加工しておきます☆


IMG_3258.JPG



 上棟に備えて、仮設足場を先行して組んでおきます☆


IMG_3253.JPG















 5/16 作業場では、上棟に備えて軒先の瓦桟を

電気カンナで削っておきます☆


IMG_3243.JPG












 5/15  上棟に備えて、予め桧(ひのき)の通し柱と

台輪を組んでおきます☆


IMG_3201.JPG



IMG_3200.JPG



IMG_3208.JPG



IMG_3204.JPG



 ウェリーハウスは基本が骨太構造☆なので

本物の木1本1本の重量もしっかりあります☆


IMG_3202.JPG



IMG_3203.JPG



IMG_3205.JPG



IMG_3206.JPG



IMG_3207.JPG



 上棟日までブルーシートで養生しておきます☆


IMG_3209.JPG



IMG_3210.JPG



IMG_3211.JPG


















 5/14  根太も納めたら床組全てに、

人体には無害の高級!シロアリ防蟻剤!

モクボーペネザーブ”を

吹付けていきます☆


IMG_3149.JPG



IMG_3150.JPG



IMG_3177.JPG



 有機剤が一切含まれてなく、ホウ酸系の防蟻剤なので

経年による化学分解が起きにくい性質があります☆

効果は半永久的ですよ!(^^)!


IMG_3141.JPG



 ジオパワーシステムでは

床下は気密・断熱施工をしているので、

調湿・防腐・防蟻・消臭などの効果が半永久的に持続する!

セラミック炭”を敷き並べておきます☆


IMG_3151.JPG



IMG_3157.JPG



 気密パッキンの内側にもしっかり

基礎断熱しておきます☆


IMG_3155.JPG



 予め加工していた、剛床工法の厚床28mm厚合板を

張っていきます☆


IMG_3152.JPG



IMG_3153.JPG



IMG_3159.JPG



IMG_3167.JPG



IMG_3168.JPG



IMG_3169.JPG



IMG_3170.JPG



 厚床合板が汚れたり、濡れたりしないよう

養生シートを貼っておきます☆


IMG_3171.JPG



IMG_3173.JPG













 5/13 ジオパワーシステム仕様なので、

外周やぐり石層、機械室とそれぞれを気密基礎パッキンで

仕切り、その上にシロアリに強い!!

太さ120mm角の桧の土台を据えて固定していきます☆


IMG_3109.jpg



IMG_3107.JPG



IMG_3111.JPG



IMG_3112.JPG



IMG_3117.JPG



IMG_3127.JPG



IMG_3129.JPG



IMG_3130.JPG



IMG_3131.JPG



IMG_3137.JPG



大引きを納めた後、ぐり石層の上にはプラ束、

その他には鋼製束を用いて、床組みの水平を

正確に調整していきます☆


IMG_3135.JPG



IMG_3136.JPG














 5/2 基礎コンクリートの天端に、土台(桧材)を据えるための

基準の墨を正確に印しておきます☆


2019-05-02 14.50.55.jpg



2019-05-02 15.08.49.jpg



2019-05-02 15.13.40.jpg



2019-05-02 15.38.53.jpg















 5/1 剛床工法+床下地となる、厚さ28mmの

実(凸凹)付き合板を作業場で加工していきます☆


2019-05-01 08.28.47.jpg














2019年04月26日

車(RV)地盤調査〜基礎工事車(RV)


 4/26 ぐり石層”内で空気を通すネトロンパイプを

配管した後、天然ぐり石を高圧洗浄して敷いていきます☆


2019-04-26 09.10.35.jpg



2019-04-26 09.22.13.jpg



2019-04-26 09.22.57.jpg



2019-04-26 09.27.19.jpg



2019-04-26 08.51.26.jpg



2019-04-26 09.07.07.jpg



2019-04-26 09.28.56.jpg



2019-04-26 09.36.06.jpg



2019-04-26 10.40.26.jpg



2019-04-26 10.41.31.jpg



 ジオパワーシステムの蓄熱の役割を果たす!

ぐり石層”の総仕上げ!!

ぐり石の上に防湿シートを敷いてワイヤーメッシュに

生コンを100mm厚で打設して蓋して密閉します☆


2019-04-26 12.53.18.jpg



2019-04-26 12.53.24.jpg



2019-04-26 12.59.28.jpg



2019-04-26 13.01.33.jpg



2019-04-26 13.04.47.jpg



2019-04-26 13.07.09.jpg



2019-04-26 13.16.53.jpg



2019-04-26 14.09.22.jpg



2019-04-26 14.11.09.jpg













 4/24 床下の蓄熱層に使用する、天然ぐり石を

現場へ搬入します☆


IMG_2734.JPG















 4/23 地中に埋め込んだジオパイプ内で熱交換された

空気がぐり石層”内を蓄熱しながら通り抜けやすいよう

網目状のネトロンパイプを配置していきます☆


2019-04-23 09.10.18.jpg



2019-04-23 10.24.11.jpg



 その蓄熱ぐり石層の熱を外部に逃がさないよう

基礎断熱としてポリスチレンフォームV種50mmを

固定していきます☆


2019-04-23 15.54.15.jpg



2019-04-23 16.35.00.jpg



2019-04-23 15.54.20.jpg



 同時に給水・給湯の配管も進めておきます☆


2019-04-23 14.56.10.jpg



2019-04-23 18.01.12.jpg



2019-04-23 18.01.59.jpg














 4/22 養生期間を経過したので型枠を

解体していきます☆


2019-04-22 08.42.55.jpg



2019-04-22 08.44.13.jpg



 外周の真砂土を埋め戻して転圧します☆


2019-04-22 16.22.01.jpg



2019-04-22 16.23.00.jpg
















 4/17 立ち上がりの型枠に生コンを流し込んでいきます☆


2019-04-17 09.26.56.jpg



2019-04-17 09.18.06.jpg



2019-04-17 10.09.03.jpg



 4月の時期のコンクリート強度は“21”で十分OKなのですが、

強度にこだわって24”を採用します☆☆☆


2.png



 土台の接手位置や耐力壁の位置に合わせて、

ホールアンカーボルトやアンカーボルトを

埋め込みます☆

全棟私がしっかり正確に埋め込みますよ!


DSC_2118.JPG



2019-04-17 18.25.11.jpg



2019-04-17 12.08.30.jpg



 しばらくは、硬化養生期間をおきます☆















 4/16 ジオパワーシステム『地中熱の家』では

地中から吸い上げた熱を、一旦ぐり石層内に蓄熱させるので

予め、基礎の立ち上がりに空気を通すためのスリーブを入れておきます☆


20190417132734.jpg



20190417132740.jpg



20190417132746.jpg



 立ち上がりの型枠を組んでいきます☆


20190417132755.jpg



20190417132606.jpg



20190417132615.jpg



20190417132620.jpg



20190417132626.jpg












 4/15 配筋が完了したので、生コンを打設する前に

第三者機関の住宅検査センターより検査を受けます!


2019-04-15 08.46.52.jpg



2019-04-15 08.59.57.jpg



 外周は構造耐力上負荷が最もかかる部分となるので

鉄筋を二重にするダブル配筋を基本としています☆


2019-04-15 14.12.48.jpg



2019-04-15 09.00.09.jpg



 主筋D13mm、ピッチ(間隔)200mmも基本です!


2019-04-15 09.10.06.jpg



 深堀した機械室廻りもしっかり補強!


2019-04-15 09.03.43.jpg



 無事合格しましたので☆

スラブに生コンを打設していきます☆


2019-04-15 14.09.53.jpg



2019-04-15 14.13.58.jpg



2019-04-15 14.16.29.jpg



 見た目は同じ生コンでも、混合割合やセメントにより

強度や価格は異なりますのでご注意ください!

 この3月の時期はコンクリート強度!

24”を採用します☆☆☆


1.png



2019-04-15 14.21.34.jpg



2019-04-15 14.27.09.jpg



 お家を永年支え続ける基礎の強さは、鉄筋の“”と“”!


加えて生コンの“呼び強度”、そして“職人の腕”によって

差が出ます!


2019-04-15 18.49.51.jpg



2019-04-15 18.50.32-2.jpg













 4/11 スラブ配筋は異形鉄筋13oを

200mmピッチで配筋していきます☆

当社は一般の施工基準より多く鉄筋を使用し

強度を高くします☆


2019-04-11 10.59.18.jpg



2019-04-11 10.59.56.jpg



2019-04-11 11.00.00.jpg



2019-04-11 11.00.13.jpg

















 4/10 シロアリ対策として、高耐久!防蟻・防湿シート!

地盤からのシロアリ・湿気の侵入をダブルでシャットアウト!!

ターダミンシート”を敷き詰めます☆


2019-04-11 05.18.46.jpg



2019-04-11 05.20.52.jpg



 シートを抑えて、型枠を組むために

外周に捨てコンを打設し均します☆


2019-04-10 13.14.53.jpg



2019-04-10 13.40.30.jpg



2019-04-10 13.40.40.jpg



 鉄筋を加工して配筋を開始します☆


2019-04-10 15.25.58.jpg



2019-04-10 17.10.03.jpg

 












 4/9 ジオパイプを埋め込んだ場所は機械室として

深堀りします☆


IMG_2445.JPG



 砕石を均して転圧していきます☆


IMG_2453.JPG



IMG_2455.JPG



IMG_2458.JPG



IMG_2459.JPG



IMG_2462.JPG















 4/8 地盤調査の結果により、地耐力に

バラツキが見られ、不安定と判定されたため

柱状改良で支持力を向上させます☆


2019-03-27 13.58.28.jpg



2019-03-27 14.30.24.jpg



2019-03-27 14.34.12.jpg



2019-03-27 14.34.19.jpg



 深さ3.0m、径500mmの柱状が計37本で

建物の自重をしっかり支えます☆


2019-03-27 14.35.07.jpg



2019-03-28 11.09.37.jpg



2019-03-28 11.18.00.jpg



2019-03-28 13.50.28.jpg



2019-03-28 15.18.18.jpg



 『ジオパワーシステム』資材を一式現場へ

搬入して、ジオパイプ2本を埋め込んでいきます☆


2019-04-04 09.01.34.jpg



2019-04-04 09.26.38.jpg



 建柱車で掘削開始!


2019-04-04 09.31.31.jpg



2019-04-04 09.33.45.jpg



2019-04-04 09.44.36.jpg



2019-04-04 09.55.23.jpg



 深さ5mまで掘削した後

いよいよ地中熱を吸い上げる!ジオパイプ”を

埋設します☆


DSC04020.JPG



DSC04022.JPG



DSC04023.JPG



DSC04025.JPG



2019-04-04 10.12.31.jpg



2019-04-04 10.12.57.jpg



2019-04-04 10.40.13.jpg



 周りに砂・セメントを詰めて固めます☆


2019-04-04 10.41.59.jpg



 2本目も同様に!


2019-04-04 10.49.03.jpg



2019-04-04 10.54.02.jpg



2019-04-04 11.00.00.jpg



DSC04044.JPG



DSC04046.JPG



2019-04-04 11.41.11.jpg



2019-04-04 11.41.36.jpg



2019-04-04 11.58.32.jpg



2019-04-04 14.10.42.jpg



地下水の浮力で浮き上がらないよう

パイプ内には水を張り、異物が混入しないよう

養生して塞いでおきます☆

 埋め込み完了です!(^^)!


2019-04-04 14.26.52.jpg



 基礎工事前に予め水廻りの配管を先行します☆


2019-04-05 09.31.45.jpg



2019-04-05 10.45.12.jpg



2019-04-06 09.21.33.jpg



2019-04-06 17.43.34.jpg



2019-04-08 10.47.18.jpg



 丁張を基準に鋤取りを開始します☆


2019-04-08 16.11.58.jpg



2019-04-08 17.41.13.jpg














 3/26 建物の基盤!!

重要な基礎工事の基準となる丁張りを

水平・直角を正確に組んでいきます☆


2019-03-26 09.18.21.jpg



2019-03-26 09.55.26.jpg



 最後は必ず社長がチェックします☆


2019-03-26 11.32.14.jpg



2019-03-26 11.49.09.jpg

















 3/12 本日は天候に恵まれる中、工事の無事

完成をお祈りして、F様の流儀で地鎮祭を

執り行われました!(^^)!


2019-03-12 10.04.18.jpg



2019-03-12 10.06.12.jpg



2019-03-12 10.06.15.jpg















 2/27 工事安全管理のため、仮囲いを組みます☆


2019-02-27 10.33.34.jpg














 2/12 地盤が軟弱かどうか?

建築予定の位置において、真下5ヶ所と

『ジオパワーシステム』の要となる!

ジオパイプ埋め込み位置2ヶ所の計7ヶ所を

地盤調査していきます☆


2019-02-12 13.22.30.jpg



2019-02-12 13.24.53.jpg



2019-02-12 13.59.59.jpg














 2/6 地盤調査の準備として、建築位置に

地縄を張っておきます☆


2019-02-06 11.28.34.jpg



2019-02-06 13.56.57.jpg