2021年02月15日

車ガレージ工事車


 2/15 天井仕上げに、不燃化粧板を張っていきます☆


IMG_3391.JPG



IMG_3392.JPG



IMG_3393.JPG














 2/13 天井下地を組んでいきます☆


IMG_3376.JPG



IMG_3378.JPG



IMG_3375.JPG



IMG_3379.JPG















 2/9 準防火地域の防火構造として、

外周壁の下地に小屋裏まで不燃石膏ボードを張ります☆


IMG_3298.JPG



IMG_3301.JPG

















 2/4 壁下地を進めます☆


IMG_3215.JPG



IMG_3217.JPG













 2/1 サッシ窓を取り付けて、耐久性の高い!

透湿・防湿シートを貼っていきます☆


IMG_3172.JPG



IMG_3171.JPG















 1/28 耐震補強の筋交い(斜材)や

間柱を取り付けていきます☆


IMG_3129.JPG



IMG_3130.JPG



 石州防災洋瓦を葺いていきます☆


IMG_3122.JPG



IMG_3123.JPG



 瓦のピッチで留めた桟木に瓦の爪を引っ掛けた上に

一枚一枚に対し、耐久性の高い!ステンレス製

スクリュー釘65mmを2本ずつ打って留めるので、

地震や台風に強く安心です☆


IMG_3124.JPG



IMG_3121.JPG



IMG_3125.JPG



IMG_3126.JPG



 棟では、耐震棟金物に桟木を取り付けて

南蛮漆喰を被せます☆


IMG_3131.JPG



IMG_3132.JPG















 1/27 上棟を開始します☆


IMG_3078.JPG



 桧の土台に、桧の柱を差し込みます☆


IMG_3079.JPG



 車庫も骨太構造″が基本です☆


IMG_3080.JPG



IMG_3081.JPG



IMG_3083.JPG



IMG_3086.JPG



IMG_3087.JPG



IMG_3089.JPG



IMG_3091.JPG



 タルキを留めていきます☆


IMG_3093.JPG



IMG_3095.JPG



IMG_3096.JPG



 建物の垂直を正確に合わせて仮筋交いで

固定します☆


IMG_3092.JPG



 破風板や鼻隠しの地板を取り付けます☆


IMG_3098.JPG



 屋根下地合板を張っていきます☆


IMG_3101.JPG



 耐震工事として、筋交いや補強金物を

要所に固定していきます☆


IMG_3105.JPG



IMG_3109.JPG



IMG_3110.JPG



 屋根防水下地には、

耐久性抜群のゴムアスルーフィングを張ります☆


IMG_3104.JPG



IMG_3107.JPG



IMG_3111.JPG



 水抜きテープの上に洋瓦を引っ掛ける桟木を留めて、

棟には予め耐震金物を取り付けておきます☆


IMG_3113.JPG



IMG_3114.JPG




















 1/25 土台を据える準備として

高精度機器トランシットを用いて

基礎の立ち上がり天端に、

正確に基準の墨を写しておきます☆


IMG_3040.JPG



IMG_3041.JPG



 美作桧(みまさかひのき)の土台に、

アンカーボルト位置を写し、

気密基礎パッキンを敷いて固定します☆


IMG_3042.JPG















posted by こまさん at 00:00| 車鳥取市寺町【ガレージ新築工事】

2021年01月19日

車基礎工事車


 1/18 立ち上がりに生コンを流しながら

アンカーボルトを埋め込んでいきます☆


IMG_2978.JPG



IMG_2979.JPG



 養生していきます☆


IMG_2980.JPG



IMG_2981.JPG
















 1/15 スラブに生コンを打設していきます☆


IMG_2932.JPG



IMG_2937.JPG



 見た目は同じ生コンでも、混合割合やセメントにより

強度や価格は異なりますのでご注意ください!


IMG_2938.JPG



 気温の低いこの寒い時期は必ず!

コンクリート強度!27”を採用します☆☆☆


1.png



IMG_2940.JPG



 建物を永年支え続ける基礎の強さは、鉄筋の“”と“”!


加えて生コンの“呼び強度”、そして“職人の腕”が重要です☆


IMG_2941.JPG



 土間を均した後、しっかり固めて☆

金コテで何度も押さえて仕上げます☆


IMG_2943.JPG
















 1/14 砕石を均して転圧した後、土壌からの湿気をシャットアウトする!

防湿シートを敷き、外周に捨てコンを打設します☆

 その上に、200mm間隔で13oΦの異形鉄筋を

スラブに配筋していきます☆


IMG_2919.JPG



IMG_2920.JPG



IMG_2921.JPG



IMG_2933.JPG



IMG_2934.JPG



IMG_2935.jpg



IMG_2936.jpg













 1/12 引き続き、既定の深さまで鋤取って

搬出していきます☆


IMG_2900.JPG



IMG_2901.JPG



IMG_2904.JPG
 














 1/9 年始に降り続いた雪を除雪して

既存の土間コンを解体した後、丁張に合わせて

既定の深さまで鋤取りを開始します☆


IMG_2881.JPG



IMG_2883.JPG



IMG_2884.JPG















 12/8 基礎工事の基準となる丁張を組みます☆


IMG_2499.jpg



IMG_2500.jpg



IMG_2501.JPG

















posted by こまさん at 00:00| 車鳥取市寺町【ガレージ新築工事】